LINEで友達自動追加を間違えてオンにしてしまった 私のラインは今まで友達自動追加オンにしていました

786955

LINEで友達自動追加を間違えてオンにしてしまった。LINEで友達を「自動追加」できないときの原因と対処法。LINE友だちの自動追加の仕組み。

私のラインは今まで友達自動追加オンにしていました。

けど、最近知らない人からメールが来たりすることが重なり気持ち悪くなったのでオフにしました。
たびたび送られてくる内容に、誠まことから紹介してもらいました!ってきます。
その誠という人物私は全く知りませんし、どうやら私アカウントを色んな人に勝手に教えてるみたいなんです。
こちらは多分ブロックして消去したんだと思います。だからよくその誠という人物がよくわかりません。
アカウントにむやみやたらに顔写真載せるのも怖くなりました。
誰に相談したらいいかわからず、やむ終えずここにでさせていただきました。
私どうしたらよいでしょう?

疎遠になっていた友だちや元恋人などと再びコミュニケーションを取りたい場合などに活用する人もいるかもしれません。それは一度LINEの友達自動追加の設定をオフにしていたのに、うっかり間違えて友達自動追加の設定をオンにしてしまった場合です。友だち自動追加はアドレス帳に電話番号が登録されている知人を自動的にLINE友だちに追加する機能です。ちなみにLINEのアカウントを削除すると、友達として登録していた相手には名前がただのアルファベットの羅列として表示され、誰なのかわからないようになっています。いかがでしたか?ここまでLINEの友達自動追加について色々と解説してきました。

ここまで、LINEの友だちの自動追加機能についての仕組みについて解説してきましたが、最後に友だち追加に関するパターンごとの具体例を掲載しておきます。以上のように、全64パターンの組み合わせの内、「お互いが自動追加される」のが1パターン、「自分だけに相手が自動追加される」パターンが7パターン、「相手だけに自分が自動追加される」パターンが7パターンあり、その他のパターンは双方ともに自動追加されない。①の「友だち自動追加」を有効ONにすると、自分のアドレス帳に登録されているLINEユーザーが自動で友だちに追加されるようになります。「メッセージ受信拒否」は双方が友達追加することで初めてトークメッセージのやり取りができるようになるものなので、知らない相手からのトークメッセージを受け取りたくない場合は設定をオンにしておきましょう。

続いて設定が開くので画面を下にスクロールすると「友だち」と書かれた項目があるのでそちらをタップします。LINEの「知り合いかも」に表示されているLINEユーザーを削除するにはブロックが一番手っ取り早い方法です。LINEでうっかり間違えて友達自動追加の設定を「オン」にしてしまった場合の対処法としては、まずはお使いのスマホ端末の電話帳をバックアップを取って削除することです。電話帳の登録状況は、その状況により以下のような4つのパターンが想像できます。先ほど紹介したようにLINEの友達自動追加を「オン」することで電話帳と同期したデータがLINEに反映され、友達として追加された相手には「知り合いかも」の項目に表示されるようになっています。

」と通知されます。
ただし、自分がその相手を友だちに追加してしまうと、相手の「知り合いかも」欄には自分の名前が表示されます。友達自動追加の設定を「オフ」にするにはLINEの友達一覧の画面で右上にある歯車マークをタップします。この場合は、相手に連絡をとり、電話番号の登録またはLINE IDやQRコードを送信してもらう、共通の友人?知人による協力でグループトーク等を作成し、そこから相手と友だちになる等の方法が有効です。検証したLINEのバージョン:iOS版9.12.0、Android版9.14.1LINE友だちの自動追加の仕組み。全16パターン自分は相手の電話番号をアドレス帳に登録しているけれども、相手は登録していない場合のケースです。

LINEで友達を「自動追加」できないときの原因と対処法。③更に、相手が電話帳から自動追加する許可をしていないと、相手の電話帳に自分が登録をされていても自動で友だちに追加される事はないので、相手の友だち設定の「友だち自動追加」が有効ONになっている事が必要な条件になってきます。」?「友達に追加される人と”知り合いかも”に表示される人の違いはいったい何なんだろう?」などなど…この自動追加機能に、多少なりとも頭を悩ませている人は意外と多いようです。非表示にしたい相手を削除する場合は「非表示リスト」を、ブロックした相手を「ブロックリスト」をタップします。

あとは削除されて空っぽになった電話帳と同期すればLINEの友達はすべて自動で削除されます。先ほども言いましたが、LINEでブロックした相手を削除するとブロックの効果はそのまま継続されます。ちなみに非表示の相手を削除する場合もブロックと同様で、「再表示」にするか「削除」するかを選べるようになっています。以上3つの条件がクリアされると、相手のLINEに自分が自動追加されます。そこから「友達への追加を許可」と書かれた項目をタップしてチェックを外せばOKです。相手が電話番号を使ってLINEに登録していても「友だちへの追加を許可」をオフにしていれば「知り合いかも?」に相手のアカウントは表示されません。

「友達への追加を許可」をオフにしておけば、あなたの電話番号を登録している相手がLINEと電話帳を同期した場合に友達にされるのを回避することができます。友達自動追加の許可を「オフ」にしたあとは「友達への追加を許可」の設定を「オフ」にしましょう。この2つの判断基準について詳しく見ていきましょう。それでは、実際にどういう条件が揃うと、「友だちに自動追加」されるのかを見ていきましょう。このようにLINEで「知り合いかも」に表示されているLINEユーザーは友達に追加することもできますが、削除することもできます。そのため、削除した以降も相手からトークメッセージなどが届いたり、通知されたりすることもありません。

ただし、相手の友達リストにはあなたの登録は残ったままです。ただし、何度も言いますが、電話帳を削除する場合は必ずバックアップを取っていることを確認してからにしましょう。チェックが外れていると友達でない相手からのトークメッセージが届いてしまいます。わかりやすく言うと、自分はLINEに友達として追加していない相手が自分を友達として追加した場合に「知り合いかも」の項目に表示されるということです。友達の自動追加機能は、その端末スマホの電話帳に登録されている電話番号と、LINEに登録されているLINEユーザーの電話番号を自動で照合し、その番号が一致したときに自動追加機能が働くようになっています。

LINEには電話番号のほか、メールアドレスやFacebookのログイン情報でも登録できます。削除したいLINEユーザーの名前の横に「編集」と書かれた項目があるのでそちらをタップします。※「知り合いかも」表示に関する詳しい説明は、以下のページをご覧ください。LINE IDやQRコード交換なしで多くの知人とつながれる便利な機能です。そうすれば勝手に友達追加してきた全然知らない相手からのトークメッセージを受け取ることも無くなります。「友達への追加を許可」をオンにしているとうっかり間違えてLINEの友達自動追加をオンにした場合に友達として追加されますが、「友達への追加を許可」をオフにしているとうっかり間違えて友達自動追加をオンにしても友達として追加されることはありません。

このときお使いの端末の電話帳データは専用アプリかSDカードにバックアップを取っていればあとで復元することができます。削除したいLINEユーザーをタップすると以下のような画面に切り替わるので「ブロック」と書かれた項目を選んでタップすればOKです。では、ブロックした相手を削除する方法ですが、まずは友達一覧から画面の右上にある歯車マークをタップします。ただし、ここにチェックが付いていない場合はそのままで大丈夫です。アカウントを削除しますか?」と表示されるので「次へ」と書かれた項目をタップします。相手や共通の友人などに連絡をとって番号を確認してみてください。

相手に連絡をとって状況を確認して設定がオフならオンにしてもらうのも手ですが、迷惑メッセージ対策などであえてオフにしていることも考えられます。こうした場合に「なんとか元の状態に戻したい」、「LINEの友達をもう一度自分で登録したい」という方もいると思います。全64パターンの内、相手だけに自分が自動追加されるパターンを集めてみました。勝手に友達追加をしてくる人の中には電話番号だけでなく、LINEIDを使って友達追加をした相手にトークメッセージを送ってくることもあります。「自分のLINEに相手が自動追加」されるための条件3つと、「相手のLINEに自分が自動追加」されるための条件3つの、合計6つの条件すべてがクリアされると「自分と相手の両方に自動追加」されます。

「うっかり間違えて友達自動追加の設定をオンにしてしまった」というだけでもお使いのLINEの友達に自動で追加してまうので非常に厄介です。それでも解消しない場合、アドレス帳に登録した電話番号が間違っていることも考えられます。LINEは「友達の自動追加機能」によって、LINEをしている知人を自動的に友達に追加することができます。うっかり間違えてLINEの友達自動追加の設定を「オン」にしても中には友達に追加されていない相手も出てきます。また、ブロックしておくと相手からのトークメッセージなどは許可されないので、通知されることも届くこともありません。ブロックされた相手にはブロックの通知などが届くこともないので、LINEでつながりたく相手には安心してブロックするようにしましょう。

②次に、自分が「私の電話番号を登録している人は、自動で友だちに追加してもいいですよ」という許可をしておく必要があるので、友だち設定の「友だちへの追加を許可」設定を有効ONにしておくことが必要条件です。LINEの友達自動追加を「オン」にして同期させたあとは、再びLINEの友達自動追加を「オフ」にします。このような場合、非常に不愉快だったり、気味の悪さを覚えることも少なくありません。ブロックをしてしまえば「知り合いかも」に表示されることはないので、友達自動追加などで「知り合いかも」にLINEでつながりたくない人がいればブロックしておきましょう。お互いに相手の電話番号をアドレス帳に登録している場合のケースです。

全64パターンの内、お互いに自動追加されるのは、以下のようにそれぞれが相手の電話帳に登録されていて、なおかつ「友だち設定」の2項目とも、お互いに有効ONになっている場合のみになります。ちなみにLINEアカウントを再度作り直しても最初は友達自動追加の設定が「オン」になっているので、そのあたりは気を付けてアカウントを作り直しましょう。続いてブロックリストから削除したい相手を選びます。「知り合いかも」に表示されている全然知らない相手からのトークメッセージを受信したくない場合は必ずここにチェックを入れておきましょう。最後に「友達自動追加」と書かれた項目をタップしてチェックを外せばOKです。

この方法ならLINEに自動追加された友達もすべて削除することができるので非常に手軽です。」という通知が届くようになっています。続いてプロフィールの中の下にある「IDによる友達追加を許可」と書かれた項目をタップしてチェックを外せばOKです。うっかり間違えてLINEの友達自動追加を「オン」にしてしまっても相手にはうっかり間違えたことなどは伝わりません。LINEの「友だち自動追加機能」をオンにすると、アドレス帳に電話番号が登録されている知人と瞬時に「友だち」になれます。他にもAndroidならグーグルアカウントと同期すればバックアップを取ることができ、iPhoneならiCloudを使えばバックアップを取ることが可能です。

続いてLINEでブロックや非表示した相手を削除する方法をご紹介したいと思います。また、LINEの友達自動追加の設定は通常LINEをインストールした時点では「オン」の状態なので、自分で「オフ」に切り替えない限りLINEの友達自動追加の設定は「オン」のままです。このLINEIDを使って友達登録をされる場合もあるので、こちらの設定もオフにしていおいたほうが無難です。つまりその端末スマホの電話帳に、対象となる相手の電話番号が登録されていないと、その相手が友達に自動追加されることは無いということになります。追加したいユーザーを選んで[追加]アイコンをタップすると、相手にメッセージを送れるようになります。

LINEでうっかり間違えて友達自動追加の設定を「オン」にしてしまった場合、お使いのスマホ端末の電話帳とLINEが同期してしまうので、電話帳に登録している人をLINEに自動で友達に追加してしまいます。そのため、自分と同じように相手も「友達追加されちゃったよ」と疑問に感じたり、少し嫌に感じてしまうこともあるでしょう。「うっかり間違えて友達自動追加の設定をオンにしてしまった」という場合、お使いのLINEに電話帳に登録されているすべてのLINEユーザーが友達として自動で追加されてしまいますが、友達追加された相手にも「友達追加された」という内容が通知されるようになっています。

もちろんすでに友達として追加されている人の名前に「?」を付けても友達として登録された状態は保たれます。iPhoneの場合、端末の「設定」から[プライバシー]→[連絡先]と進み、[LINE]の項目をオン緑にします。友達に追加されてしまうのは何も電話番号だけではありません。「自分のLINEに相手が自動追加」されるための条件は、以下の3つになります。また、削除したことも相手には通知されません。また、「知り合いかも」の一覧に知らない人が表示されるのも防ぐことができるので、ここの設定も見直しておいたほうがいいでしょう。「友達への追加を許可」をオフにするにはまずは先ほどと同じように友達一覧の画面の右上にある歯車マークをタップして、設定の中にある「友だち」をタップします。

LINEの友達の自動追加機能は、自分のスマホと相手のスマホの「電話帳の登録状況」と「友だち設定」がどうなっているかによって、それぞれの端末スマホで自動追加されるのかどうかが判断されています。そのため、LINEの友達自動追加の設定がオンになっている場合は便利な反面、そういった相手までLINEの友達として自動で追加してしまうというデメリットがあります。LINEの友達の自動追加機能は、対象となる双方の端末状況を判断し、それぞれのLINEに友達の自動追加をするかどうかを決めているのですが、これは一体何を基準にその判断をしているのでしょうか…?参考相手に友達追加されていて、自分はその相手を友達追加していないときには、自分の「知り合いかも」欄にその相手が表示されます。

そうしないと一度削除してしまうとブロックが継続してしまうので、その相手とはLINE上でのやり取りができなくなってしまいます。少し時間が経つと、相手のスマホに「??があなたを電話番号で友だちに追加しました。LINEの友達の自動追加機能は、自分のスマホと相手のスマホの「電話帳の登録状況」と「友だち設定」がどうなっているかによって判断されていることは既に説明しましたが、それぞれ具体的にはどのようなパターンがあるのかを見てみましょう。チェックを入れればあなたの電話番号を電話帳に登録している人がLINEと同期させれば、相手のLINEに自動で友達として追加されてしまいます。

②次に、自分の電話帳から自動追加する許可がないと、せっかく登録をしていても自動で友だち追加されないので、友だち設定の「友だち自動追加」を有効ONにしておく必要があります。一度ブロックした相手をLINEから削除する場合は「もうこの人とはこの先LINEをすることはない」という時だけにしましょう。更に、自分と相手がどのケースを選択しているかによって、以下のような16通りのパターンができます。LINEの「友達への追加を許可」の設定を「オフ」にしている人は一定数いるので、お使いのスマホ端末の電話帳に登録されているすべての人がLINEの友達として自動で追加されることは少ないでしょう。

この方法を使えば特定の人だけ友達追加をすることができるので非常に便利です。まずはLINEの設定を開いて「プライバシー管理」と書かれた項目をタップします。友だち自動追加の設定はいたって簡単。しかし、なぜか友だちを自動追加できないという場合があります。Androidの場合、端末の「設定」から[アプリ]→[LINE]→[権限]または「許可」と進み、[連絡先]の項目をオン緑にします。以上3つの条件がクリアされていると、自分のLINEに相手が自動追加されます。続いてアカウント内の一番下にある「アカウント削除」と書かれた項目をタップします。「知り合いかも」の一覧には基本的に相手から友達追加された場合に表示される人たちで、こちらはLINEに友達として登録していない相手です。

友達自動追加をそのままにしておくとまた電話帳に登録された相手がLINEの友達として追加されてしまいます。「メッセージ受信拒否」がオフになっていると勝手に友達追加された場合に相手からのトークメッセージが届いてしまいます。電話帳に登録されている人がすべてLINEでやり取りしたい相手だとは限りません。そのため、「知り合いかも」に表示されているLINEユーザーは電話帳を同期させたりしてあなたを友達に追加した人たちです。「うっかり間違えて友達自動追加の設定をオンにしてしまった」というだけで、お使いのスマホ端末の電話帳とLINEアプリが同期してしまうので、意図せずお使いのLINEに電話帳に登録されているLINEユーザーが登録されてしまいます。

電話帳の中身をLINEと同期させられるのは非常に役立つ機能ではありますが、その反面LINEでつながりたくない人まで友達として追加してしまいます。電話帳と同期する許可を与えてしまうと再び電話帳に登録されているLINEユーザーが友達として自動で追加されてしまうので注意しましょう。その場合は、次の原因が考えられますので確認してみてください。LINE IDやQRコードを送ってもらうのが無難かもしれません。LINEで友達自動追加をすると相手の「知り合いかも」の一覧に「電話番号で友達に追加されました。LINEで友達自動追加を間違えてオンにしてしまった。相手がLINEに電話番号を登録、かつ「友だちへの追加を許可」をオンにしているにもかかわらず「知り合いかも?」に表示されない原因の一つとして、あなたのアドレス帳にLINEがアクセスする許可がされていないことも考えられます。

LINEには個別に「ID」というものが存在します。ですが、誰でも電話帳に登録されているすべての相手とLINEでやり取りがしたいわけではありません。LINEの友達自動追加の設定がオンになっていると、わざわざ自分で友達追加をする手間が省けるので非常に便利です。こうした設定をLINEに許可したままだと意図しないところでドンドン友達が自動で追加されてしまいます。」と表示されるようになっています。知り合いかもに表示されているこのようなアカウントがあれば、それはすべてLINEアカウントを削除した残りものということになります。全16パターン※この場合は全16パターンとも、当然お互いに表示されることはありませんが一応掲載しておきます。

全16パターン自分は相手の電話番号をアドレス帳に登録していないけれども、相手は登録している場合のケースです。その方法は非常にシンプルでお使いのスマホ端末の電話帳に登録するときに名前の一番最初に「?」を付けるだけです。①まず「相手のLINEに自分が自動追加」されるには、自分の電話番号がその相手の電話帳に登録されている必要があります。③更に、その相手からの「電話番号を登録している人は、自動で友だちに追加してもいいですよ」という許可が必要になるので、相手の友だち設定の「友だちへの追加を許可」設定が有効ONになっていることが必要な条件になってきます。

ということになります。ただし、LINEの友達自動追加の設定がオンになっている場合、メリットだけではなくデメリットも存在します。全然知らない人から勝手に友達追加をされてトークメッセージが届く場合がありますが、そうした相手も無視しておけば気が付くとこのようにLINEアカウントが削除されていたりします。ここでLINEの「知り合いかも」に表示されているLINEユーザーを削除する方法を以下にまとめてみました。あとは画面に表示される手順に従ってアカウント削除の手続きを進めていきます。プライバシー管理を開いたら「メッセージ受信拒否」と書かれた項目があるのでそちらをタップしてチェックを入れます。

友だち追加機能をオンにしたのに「知り合いかも?」や「新しい友だち」に相手のアカウントがリストアップされないケースもあります。うっかり間違えて友達自動追加を「オン」してしまった場合、相手には「〇〇があなたを電話番号で友達に追加しました。LINEの「知り合いかも」に表示されるのは以下のような場合です。ですが、そうした悩みも設定方法をちょっと見直すだけで解決されるので、ぜひこの記事を参考にしていただければと思います。本記事では自動で友だち追加ができない原因とその対処法を詳しく紹介します。LINEで間違えて友達自動追加の設定を「オン」にしてしまった場合、どうしても嫌なら一度LINEのアカウントを削除してもいいでしょう。

また、うっかり間違えてLINEで友達自動追加の設定を「オン」にしてしまうと、相手のLINEにはあなたが「知り合いかも」の項目に表示されるようになります。じつはLINEには友達自動追加の設定を「オン」にしていても特定の連絡先だけ同期させる方法があります。また、友達自動追加以外にも見直したほうがいいポイントもあると思うので、そういったことも踏まえて一度設定を見直してみましょう。LINEの設定ボタン[]から[友だち]と進み、[友だち自動追加]の項目をオン緑Androidの場合はチェックマークにすれば完了です。ですが、「メッセージ受信拒否」がオンになっていると、相手に友達追加されただけではトークメッセージなどのやり取りをすることができなくなります。

以下にその「全64パターン」の組み合わせの場合、それぞれがどういう結果になるのかをまとめてみました。逆に言えば、この6つの条件すべて揃った場合しか、双方ともに自動で友だち追加される事はありません。続いて友達追加の項目が開くので「知り合いかも」に表示されているLINEユーザーの中から削除したい相手を選んでタップします。そのため、相手にとってもあなたがLINEの友達に追加してしまったことは意図せぬ友達追加の可能性があるため、嫌悪感を持たれることもあるかもしれません。自分を「太郎」、相手を「花子」という名前を例にして、それぞれの端末スマホごとにどのような結果になるかをまとめて掲載しています。

また、LINEに友達登録しておきたい相手だけ電話帳に残したまま同期させれば手軽にLINEの友達を元に戻すことが可能です。まずはLINEの友達自動追加の設定をもう一度「オフ」にしてLINEに自動追加の許可をしないようにします。それと先ほどと同様にチェック外れていた場合はそのままにしておきましょう。自分のLINEで相手が友達に追加されたからといって、相手のLINEに自分が友達追加されているとは限りません。ですがこの機能、どういう基準で友達に追加されているのか疑問に思ったことはありませんか??「自動追加機能をONにして親しい仲間と友達になりたいけど、知られたくない人もいるからONにするのが怖い…」?「プライベートの仲間はいいけど、仕事の上司や取引先の人とかもいつの間にか友達になっていて困惑した…。

タップしてしまうと再びチェックが付いてLINEに電話帳と同期する許可を与えてしまいます。追加された友だちは「友だち追加」画面の「知り合いかも?」または「新しい友だち」欄に表示されます。LINEの友達自動追加の機能にはこのように特定の相手を追加しない方法があるので、新しくお使いのスマホ端末の電話帳に登録をする場合、LINEの友達に追加したくない相手には「?」を付けて登録すれば大丈夫です。②の「友だちへの追加を許可」を有効ONにすると、自分の電話番号を登録しているLINEユーザーの友だちに、自分が自動で追加されます。こうした全然知らない人で「知り合いかも」に表示されているLINEユーザーの中にはトークメッセージを送ってきて、外部サイトなどに誘導しようとしてくる相手もいます。

先ほど友達自動追加などで知り合いかもに表示された相手をブロックする方法を紹介しましたが、ブロックしたLINEユーザーを削除すると基本的にそのままブロックした状態が継続されます。間違えないようにもう一度言いますが、「メッセージ受信拒否」をタップしてチェックを入れます。タップしてしまうとチェックが付いてしまうので、LINEIDを使って検索することが可能になってしまいます。歯車マークをタップしたら設定が開くの上から二番目にある「アカウント」と書かれた項目をタップします。すると、画面中央に「LINEアカウントを削除すると、そのアカウントにログインできなくなります。

続いて「メッセージ受信拒否」の設定を見直しましょう。一度お使いの端末から電話帳を削除することでLINEと同期しても友達に自動追加される人がいない状態を作ることができます。全64パターンの内、自分だけに相手が自動追加されるパターンを集めてみました。LINEを安全安心で快適に使っていきましょう。そのため、友達自動追加の設定が「オン」になっていると電話帳に登録されているLINEユーザーは基本的にすべて友達として自動追加されることになります。相手が電話番号を登録していない場合は、機能をオンにしても「知り合いかも?」や「新しい友だち」に相手のアカウントはリストアップされません。

このケースになるのは全64パターンの内、7パターンが該当します。中にはLINEでやり取りしたくない相手も含まれるかもしれません。「知り合いかも」に表示されているLINEユーザーを削除するにはまずLINEの友達一覧から「知り合いかも」をタップします。LINEの友達自動追加という機能はお使いのスマホ端末の電話帳とLINEを同期させることで、電話帳に登録されている相手をLINEの友達として自動で追加するものです。①まず「自分のLINEに相手が自動追加」されるには、その相手の電話番号が自分の電話帳に登録されている必要があります。そうした場合は相手が「友達への追加を許可」をオフにしている可能性があります。

そのため、新しくお使いのスマホ端末の電話帳に登録した相手がLINEユーザーならLINEに友達として自動追加されます。自分とあまり仲が良いわけではない相手や仕事関係の相手など、LINEを使っていれば友達自動追加の通知が友達登録された相手に届いてしまいます。LINEで友達の自動追加を間違えて「オン」にしてしまった場合は、一度設定の見直しをしてみましょう。そのため、相手が「友達への追加を許可」の設定を「オフ」にしていれば、うっかり間違えてLINEの友達自動追加の設定を「オン」にしても友達として登録されることはありません。もちろん中にはうっかり間違えてLINEの友達自動追加を許可してしまった人もいると思いますが、中には全然知らない人も含まれている場合もあります。

歯車マークをタップするとLINEの設定が開くの続いて画面を少し下にスクロールさせて「友だち」と書かれた項目をタップします。ですが、このようにうっかり間違えて友達自動追加の設定をオンにしてしまったということは誰にでも起こりえることです。LINEはコミュニケーションツールとして非常に役立つアプリですが、とくに仲が良いわけではない相手とはLINEでやり取りすることはほとんどないと思います。すると、画面中央に「ブロック解除」、「削除」と表示されるので「削除」をタップすればブロックした相手を削除することができます。LINEアカウントを削除するにはまず友達一覧から画面右上の歯車マークをタップします。

「IDによる友達追加を許可」をオフにするにはLINEの友達一覧から歯車マークをタップして設定を開きます。LINEアカウントを削除すると自動追加された友達なども一旦すべてリセットすることができます。ただし、LINEアカウントを削除すると自動追加された友達以外の友達やこれまでのトーク履歴などもすべて削除されてしまいます。友だち設定は「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」という2つの項目の組み合わせで、以下のように4つのケースから友だち設定を任意に選択することができます。自動追加の判断結果には、以下の4つのケースがあります。LINEには「知り合いかも」という項目があります。

CopyrightC 初心者のためのスマホの使い方「ENJOY SMAPHO」All Rights Reserved.。?ちなみに名前の下に何も表示されていないLINEユーザーはグループ内のメンバーリストなどから友達登録した人たちです。全16パターンお互いに相手の電話番号をアドレス帳に登録していない場合のケースです。「電話帳の登録状況」とは、自分と相手のスマホのアドレス帳に、それぞれの電話番号が登録されているかどうかということです。電話帳のバックアップが終わって一旦すべての電話帳データを削除できたら続いて空の電話帳の状態でLINEの友達自動追加の設定を「オン」にします。逆にこれを無効OFFにしておけば、仮に自分の電話番号を知っている登録している相手でも、友だちに追加されることはありません。

設定を開いたら「プロフィール」と書かれた項目をタップします。「相手のLINEに自分が自動追加」されるための条件は、以下の3つになります。こうしたことを防ぐためにも「IDによる友達追加を許可」の設定をオフにしておきましょう。友達自動追加を「オフ」にすることで一度削除した友達を手動で登録し直すことができます。これはLINEに備わっている機能のひとつで、特定の相手を友達に自動追加しないようにするためのものです。そんなうっかり間違えて友達自動追加の設定「オン」にしてしまった人のためにその対処法についてまとめてみました。自動友だち追加の具体的なパターンは、「電話帳の登録状況4パターン」と「友だち設定の設定状況16パターン」で、4×16の全64パターンが存在します。

そのため、ブロックしたままならブロック解除をすればまたLINE上でやり取りをすることができますが、ブロックしたまま相手を削除するとブロックが継続されたままになるので、削除したあともずっとブロックしてもらえます。このように非常にシンプルで簡単な方法で友達自動追加をオンにしていてもLINEの友達に追加させないことができます。次に「友だち設定」ですが、この設定は「自動友だち追加機能」を抑制するための設定で、LINE画面の「…」その他→「設定」→「友だち」で表示される、以下のような画面から設定することができます。「電話帳の登録」や「友達追加の設定」が関係あることは知っていても、具体的にそれらがどういうふうに反映されているかを本当に理解している人は意外に少ないのではないでしょうか?ここでは、そんな友達の自動追加に関する疑問を一気にスカッと解決する法則を、わかりやすくまとめて掲載していきます?まず抑えておきたいのは、LINEの友達の自動追加機能は”それぞれの端末スマホ”で自動追加されるのかどうかが判断されているという点です。

また、以前は友達が使っていた電話番号が解約され、その後全然知らない誰かが新規契約でその電話番号を使っている場合も電話帳に登録されていれば、友達自動追加の設定が「オン」の場合はLINEの友達として登録されてしまうので、全然知らない相手がLINEの友達として登録されたりします。そのため、「知り合いかも」の一覧には実際の友達もいればそうでない人や全然知らない人なども含まれていることがあります。LINEの友達自動追加は電話帳と同期することで追加される機能なので、空っぽの電話帳と同期させれば当然そのデータが上書きされてLINEの友達は誰もいなくなります。実際は相手がどのような設定になっているのかは解らないケースが多いので、自分の目的に合わせて自分の電話帳や友だち設定を変更することで自動追加をうまく活用していきましょう?LINE関連の掲載メニューです。

これは裏技的な方法ではないのですがご存知でない方も多いかもしれません。ただし、すでにチェックが外れている場合はそのままで大丈夫です。このケースになるのは、全64パターンの内、7パターンが該当します。LINEには便利な機能のひとつに「友達自動追加」という機能があります。

Tags:

コメントを残す