オデッセイハイブリッドの2列目 オデッセイの2列目キャプテンシートの設定について教えてくださいオデッセイ

786955

オデッセイハイブリッドの2列目。肉厚感&座り心地に感動。後席が快適すぎる。

オデッセイの2列目キャプテンシートの設定について教えてください。オデッセイで2列目がキャプテンシートの設定がある型を探しています。

RA型 RB型 RC型 それぞれ2列目がキャプテンシートの設定がある型はどれになりますか。オデッセイに詳しい方、よろしくお願いいたします。

これは一回り小さいサイズのミニバン”ステップワゴンSTEP WGNには無い座り心地だと思いました。そして、オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridのサイドの部分を見ると、このようにスライドやオットマン中折れ機能を操作するスイッチ/レバーを装備。また、オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridの2列目プレミアムクレードルシートのリクライニング幅が大きいのも好印象。2列目シートのスライド位置にもよりますが、一番後ろまでリクライニングするとこのようになります。快適性だけで言ったら、飛行機のエコノミーシートよりもこのクルマの2列目シートの方が圧倒的に上だと思いました。

ただし2列目キャプテンシートを採用しているグレードは、基本的に乗車定員が7人乗りになるため、2列目ベンチシートの8人乗りに比べると、ひとり乗車定員が少なくなってしまう。オデッセイハイブリッドの2列目。この背もたれをリクライニングすると、座面が上昇するなど人間工学に基づいてデザインされており、座り心地もバツグン。ハイブリッド車のプレミアムクレードルシートでは、後部座席の背もたれをリクライニングさせると、その角度に応じて座面が上昇します。このような状態にするとほぼ横になったような感じでリラックスする事が可能です。ここまでリクライニングできれば、十分ですよね。

このクルマの3列目シート用のアームレスト部分は、このように合成レザーを採用。身長175cmの私の場合では、ヘッドレストの角度が上の方が快適に運転をする事ができました。クルマの後部座席をリクライニングしても角度がしっくりとこなくてあまり快適じゃ無い事ってありますよね。基本的にこのシートのサイド部分にあるレバーを使用して、プレミアムクレードルシートのシートアレンジをしていきます。慣れれば問題ないと思いますが最初はレバーの数が多いので、少し戸惑ってしまいましたが???。なぜか中折れ機能のレバーだけはハンドルの右側にありますし???。オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridでもガソリン車と同様に7人乗り&8人乗りが用意されていますが、圧倒的に人気が高いのはシートアレンジが豊富な7人乗りのようです。

この肉厚感たっぷりで座り心地がよさそうなオデッセイ ハイブリッドのシートを徹底的にレビューします。また、オデッセイ ハイブリッドのフロントシートを見て面白いと思ったのは、ヘッドレスト。やはり肉厚感のある運転席や助手席などのフロントシート、オットマン?中折れ機能が装備されているセカンドシートと比べるとシートは比較的シンプルになっています。この大型のアームレストは角度も調整でき使い勝手も良かったです。普段乗せる人の数が多い場合は、シートの仕様よりも乗員数に注意して選ぶ必要もあるだろう。このように思えるくらいオデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridの2列目シートの座り心地?快適性は良かったです。

思ったよりもひざの角度がラクで座り心地が良かったです。また、オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridのサードシート3列目シートはこのようなデザインになっています。また、オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridの7人乗り独立キャプテンシートには、3段階調整できるオットマンも装備。実際にこのクルマに座ってみると分かると思うのですが、シートのクッション性は若干固め。この見た目のゴージャス感も十分なオデッセイ ハイブリッドのプレミアムクレードルシートを実際に操作して、リクライニングやオットマン?中折れなど様々な機能を確かめてみました。ヘッドレストの横の部分に装備されているスイッチで角度を調整する事がかのうです。

このモデルのプレミアムクレードルシートに採用されている素材は、フロントシートと同様に中央部分はファブリック、そして、サイドの部分にレザーのような高級感のあるプライムスムースのコンビシートを採用。シートに関してはガソリン車との違いは無いようですが、座り心地の良い2列目のプレミアムクレードルシートなど高級ミニバンの名前に負けないシートを装備していました。3列目シートに3人乗る機会はそれ程多くないと思いますが、この機能はとても良いと思いました。そして、このクルマのヘッドレストを上にするとこのような感じ。改めてこのクルマの2列目シートは特等席だなと思いました。

この2列目プレミアムクレードルシートはこのクルマの特徴?メリットの一つなので、試乗に行く際は中折れ機能やオットマン?リクライニング機能までしっかりと確かめてみてくださいね。オデッセイ ハイブリッドの2列目プレミアムクレードルシートの特徴の一つが、リクライニングした時の座面の角度。ちなみに、クツを履いたままオットマンを使用すると、フロントシートの後ろに足が当たり、シートバックを汚してしまう事も???。私も先日このハイブリッド車の7人乗りの2列目に採用されているプレミアムグレードルシートを実際に確認したのですが、シートアレンジの豊富さやスライド幅などどれをとっても大満足。

オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridは内装?外装ともにガソリン車と大きな違いはありませんでしが、室内の高級感?上質感はサスガ!競合車となっている新型アルファードやヴェルファイアとはまた異なる良い部分が多数ありました。私も実際にこのオデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridの中折れ機能を確かめてみたのですが、自分の好きな角度に調整できるので、本当にラク。リクライニングに応じて座面があがってしまうため、一見するとデコボコした感じで、快適そうに見えませんよねしかし、実際に座ってみると意外なことに思ったよりも良い感じ。なので、長時間運転していても疲れにくいのかなと感じました。

実際にこのクルマに装備されているオットマンの各段階はこのようになっています。■中折れ機能を不使用■中折れ機能を使用私の妻も先日このオデッセイ ハイブリッドのプレミアムクレードルシートの中折れ機能を試したのですが、「自分の好きなリクライニングの角度に調節できるから、めっちゃ快適?」と大絶賛。見た目の高級感のあるオデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridのシートですが、座り心地も良くとても快適。ちなみに、オデッセイ ハイブリッドの2列目シートを一番後ろまでリクライニングすると、このような感じ。ファブリックは素材によっては安っぽくなりがちなのですが、今回このクルマに使用されているファブリック部分の素材は織物で使用されるようなシッカリとした素材で作られているので、高級感も十分。

一方、オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridは左右?中央のシートを独立してリクライニングする事が可能です。また、このオデッセイ ハイブリッドのセカンドシートは前後左右にスライドする事ができ、ウォークスルー性に優れているのも好印象でした。2列目シートがフラットにならないのでこのまま車中泊をするのは厳しいですが、高速道路でのパーキングエリアやサービスエリアでちょっと仮眠を取るのにはとても良いのかなと思いました。しかも、この座面の高さ?角度も座り心地が良いように人間工学に基づいてデザインされているようなので、座面が上昇しても実際に座ってみるとかなり快適。

ちなみにSUVにおいても、3列シートを用意するマツダ?CX-8の6人乗りは2列目がキャプテンシートとなっている。また、ヴェルファイアやアルファードなど他のクルマには無いオデッセイ ハイブリッドのみの機能?特徴なのが、背もたれの真ん中から角度を変える事ができる中折れ機能。シートがその場でしっかりとカラダをサポートしてくれるような座り心地。一見するとシートがデコボコとしていて快適性はイマイチに思えてしまいますが、このシートの凹凸がカラダの曲線にジャストフィットするのでとってもラク。なので、カラダがシートに沈み込むというよりも。ほぼ90度までリクライニングできるのは、個人的には好印象でした。

座面の厚みなど競合車のアルファードやヴェルファイアと比べて劣る部分がある一方、オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridのサードシートを見て、良いと思った部分が???。また、オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridで良いと思ったのはサードシートまわりの装備。また、競合車?ライバル車となっているトヨタの高級ミニバンアルファードや新型ヴェルファイアのようにサードシートを前後にスライドする事ができないのも少し残念でした。また、今回私が見せてもらったオデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridは7人乗りだったのですが、2列目シートは、このようなデザイン。このようにレザー調のアームレストを採用しているのは、珍しいですよね。

実際にオデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridの後部座席をリクライニングさせる前と後では座面の角度がこのように違っています。そんなオデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridの内装?インテリアの中でも特に良いと思ったのが、座り心地の良さそうなシート。中でも2列目シートには3人座れるベンチシートのほかに、キャプテンシートと呼ばれる独立型のシートを設定するグレードがあり、満員でもリビングのリラックスチェアのようにゆったり快適座れて、「キャプテン」という船の船長が座る上等な椅子の居心地を実現。オットマンを使用する際は2列目のスライド位置などにも注意が必要かなと思いました。

ちなみに、背もたれの中折れ機能を使うのと使わないのでは、これ程角度に違いができます。なので、座面も背もたれも薄く、セカンドシートやフロントシートと比べると座り心地?快適感若干劣ります。見た目も高級感があって良いと思いました。SPECIFICATIONアルファード&ヴェルファイア7人乗り 375万7320円?750万2760円問:トヨタ自動車お客様相談センター 0800-700-7700http://toyota.jpSPECIFICATIONオデッセイ7人乗り306万6400円?415万円問:Hondaお客様相談センター 0120-112010http://www.honda.co.jpSPECIFICATIONデリカD:57人乗り394万2000円?421万6320円問:三菱自動車お客様相談センター 0120-324-860http://www.mitsubishi-motors.co.jpSPECIFICATIONセレナe-POWER全車7人乗り296万8920円?382万1040円問:日産自動車お客さま相談室 0120-315-232http://www.nissan.co.jpSPECIFICATIONフリード6人乗り188万円?313万920円問:Hondaお客様相談センター 0120-112010http://www.honda.co.jp[Text by スタイルワゴン?ドレスアップナビ編集部]。

これは仕方ないですよね。?今回オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridの2列目に採用されているプレミアムクレードルシートは、このようなデザインになっています。このように座面とフラットにする事も可能になっています。ちょっとカラダを伸ばしてリラックスしたい時には良いと思いました。しかし、このオデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridの2列目プシートは、この中折れ機能が装備されているおかげで、リクライニングの角度の調整幅が無限大。そして、このシートに採用されている素材はサイドの部分が合成レザーのような肌触りと高級感のあるプライムスムースと高級感のあるファブリックを使用したコンビシート。

肉厚感もあり、座り心地の良さそうなシートになっていますよね。後席が快適すぎる。オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridの2列目プレミアムクレードルシートは、このようなデザインになっていました。荷室?ラゲッジスペースに格納する事を前提として作られているので???。さらに、2列目シート間に隙間がある仕様の場合はウォークスルーで、3列目のアクセスもスムーズになるのがうれしいポイント。オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridのフロントシートは、このようなデザインになっています。このオデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridのヘッドレストの角度を下にした時は、このような感じ。

オットマンと背もたれを自分の好きな角度に調整すれば、移動中もとても快適に過ごせるなと思いました。また、オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridの2列目シートには、3段階に調整ができるオットマンが装備されています。モデルのヘッドレストは、角度調整機能付き。これだけオットマンの調整段階があれば、十分ですよね。肉厚感&座り心地に感動。「でもキャプテンシートって大きいクラスのミニバンしかないんじゃない?」なんて思うかもしれないけど、コンパクトなSSクラスでも設定車種はあり、もちろんハイエンドなLLクラスまで用意されている。アルファードやヴェルファイアのエグゼクティブ ラウンジの方が見た目の高級感はあるが、座り心地?カラダのフィット感は、このクルマの方が圧倒的に良いとまで言っていました。

このクルマのシートの3列目横には左右にはドリンクホルダーなどが装備されているのですが、注目なのはこのアームレスト。私が特に快適だと思ったのは、オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridの2列目プレミアムクレードルシートを一番後ろまでリクライニングして、オットマンを使用した時。リクライニングやオットマンの調整が電動式でないのはちょっと残念でしたが、実際の座り心地などはとても良かったです。ガソリン車と同様にオデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridの7人乗りに採用されているシートは、高級感?座り心地の良いプレミアムクレードルシート。自然な体勢になるように工夫がされているので、他のクルマのリクライニングシートよりも圧倒的に座り心地は良いと思いました。

ちなみにオデッセイ ハイブリッドでは独立キャプテンシートを採用した7人乗りと、ソファーシートを装備した8人乗りの用意がありますが、7人乗りの方が圧倒的に人気が高いようですよ。自分の一番好きな角度を見つける事ができちゃいます。ここでは、そんな2列目キャプテンシートの魅力と採用車種を少しだけ紹介するので、購入時の参考にして欲しい。2列目シートの座り心地だけなら、個人的には高級ミニンバの中で一番のお気に入り。また、シートに包み込まれているような座り心地もかなり良いと思いました。オデッセイ ハイブリッドの7人乗りに採用されているプレミアムクレードルシートの機能や装備を画像を使って徹底的にレビューをしていきたいと思います。

また、シートの縁の部分に採用されているホワイトのステッチも目立っていてとても良いと思いました。また、私が見たオデッセイ ハイブリッドのアブソルートEXパッケージには、このような大型のアームレストが標準装備。競合車のアルファードやヴェルファイアの場合、このように中央分割方式のサードシートを採用。また、クルマでは珍しい背もたれの中折れ機能も装備されており、自分の好きな角度に調節する事が可能です。また、実際に座ってみるとカラダがシートにス~~っと収まる感じがする座り心地はとても快適でした。■リクライニング前■リクライニング後このように見比べると、座面の位置が変わっているのがわかりますよね。

私が今回見ることができたモデルの内装色はブラックになっており、シートもブラック。それは各シートごとにリクライニング機能が装備されている事。オデッセイ ハイブリッドOdyssey Hybridのシートは、このようなデザインになっていました。この3列目シートに座った人への心遣いもなかなか良いと思いました。

Tags:

コメントを残す