アメフトのルール?その2 アメフトのキックオフで残り8秒とかのときにリターンで時間使わせようとわざと転

786955

アメフトのルール?その2。相手に「時間」を使わせない心づかい。

アメフトのキックオフで残り8秒とかのときにリターンで時間使わせようとわざと転がすキック蹴りますけどあれってオンサイドキックと同じだと思うので10y超えたらキック側も触って大丈夫なんですよね?

?アイ?フォーメーション:QBクォーターバックと2人のRBランニングバックが「I」縦の形に、一列に並んで位置する攻撃体型のこと。カレッジのゴール前オフェンスで見ることがたまにあります。そのためレッド?ゾーン専用のプレーを用意しているチームも少なくない。全てのポジションに共通している動作は、脚を動かし続けること。?フォー?アーム?リフト:チャージの一種。守備側はパスとわかっているけど止められず、悔しい思いをすることになる。?ツー?ミニッツ?ウォーニング:NFLのみで採用されているタイム?アウトです。短いパスを主体とした、攻撃ラン?プレー同様の感覚でパスを多投するが特徴。

パスを投げようとするQBクォーターバックをタックルすることがサックであり、QBキュービーキープ等の場合にタックルすることはサックとは言わない。QBクォーターバックはハドルの時にパス?コースを指示しているため、レシーバーがどこに走ってくるかを知っているのです。ファンブルしたボールが誰の確保もされていない状態などを指す。?アテンプト:パスを投げた回数のこと。当たりも強く、ボール?キャリアに負けないほど足が速くといったスキルを持っている人が理想です。私は久しぶりに、関西大学の「?かんさーいだいがく…」というような校歌を聴いて、思わず、泣きそうになりました。

自分の最初に位置した所から前に進んだり、2人以上の選手が動くと、この反則がコールされる。スナップが開始されるよりも前に攻撃側選手が動くとこの反則となります。HBハーフバックがOTオフェンスタックル外側の肩の後方にセットしています。?デット?ボール?ファウル:プレー中以外の時の反則。?クォーター:60分の4分の1、ということで15分を表します。先頭に0が着いたものは、アメリカンフットボールの世界では不可です。?キャッチ:空中にあるライブ?ボールを確保すること。その人らしい教養や品格が文面から自然に滲み出るようになるのが理想です。基本的には40秒計が使用されますが、攻守交替の場合などには25秒計が使用されます。

?オフ?シーズン:公式戦が行われていない期間のこと。ゴール?ポストというのが一般的名称。同義語としてシリーズがあります。これを一般的にPRO体型といいます。?ガード 1?OGオフェンスガードはCセンターとOTオフェンスタックルの間に位置する攻撃ラインのポジションです。?スポット:次にプレーが開始される地点を指す。すなわちボールを確保したチームのボールになる。スクリーン?プレーやセィフティー?バルブ安全弁に投げる場合のレシーバーになる。ボール?キャリアがアウト?オブ?バウンズに出たり、タックルされて倒れたとき、ニー?ダウンしたとき、フォーワード?パスが失敗したときに、デッドとなる。

一般的にテーピング用のスプレーのりを貼り、その上にテーピングを行います。日本のプロ野球とは違い、ウェーバー制といい前年の順位が低かったチームから選択権が与えられます。OLオフェンスライン、DLディフェンスラインはぶつかることが多いため、金具が太く?顔面を多く覆う=重たいものを使います。ドロップバック、スプリントアウト、ロールアウトの順にパスのタイミングが遅いプレーになる。ショットガン?フォーメーションから蹴られることが多く、これはショートパント?フォーメーションで、スナッパーはキッキング?シチュエーションでの保護対象外となります。

オフェンス側はLOSライン?オブ?スクリメージから10ヤード程後方に下がったところでハドルを行います。当時は前パスを行うことがなかったそうで、おのずとぶつかり合う回数が多かったのでしょう。?シリーズ:4回の攻撃権のこと。無資格レシーバーとは攻撃側のバックス以外の人インテリア?ラインマン等を指す。?キック:ボールを蹴ること。チームやポジションによりやり方は様々ですが、ウォーミングアップの次に行われることが多いです。一方ピストル?フォーメーションではQBクォーターバックがCセンターから4ヤード程度離れた位置にセットして、更にその後ろ側にRBランニングバックをセットさせてゲームを展開します。

?ゴール?ライン:フィールド?オブ?プレーとエンド?ゾーンを区別する垂直の面のこと。レシーバーをマークしながら、QBクォーターバックがパスを投げる瞬間の2つを同時に見るために使うテクニックです。短い時間で攻撃するにはパスを多投するしかなくなり、ディフェンス側はパスを重視した戦術を立てれば良い、ということになるのです。強いDLディフェンスラインとなんでもこなすLBラインバッカーが豊富なチームでないと成立しないフォーメーションともいえます。またはショットガン?フォーメーションの場合やパントの場合にバックワード?パスロング?スナップすること。

一般的な傾向として、オプションを使うチームのQBクォーターバックは、パスが下手だそうです。 バスター?キートンとチャーリー?チャップリンは、映画「ライムライト」で、共演しているそうですhttp://qmamovie.blog.shinobi.jp/Entry/173/。フットボール?フィールドにもプレー?クロック25秒計という、25秒をカウント?ダウンする時計が用意されていることが多いです。通常 4th ダウンでパントを選択することがセオリーですが、それ以前にパントを蹴ってしまうこと。?マウス?ピース/マウス?ガード:上下の歯で噛んでいる必需防具のこと。カット?バックしながら走ることをカット?バック走法と呼びます。

ゴール?ラインから反対側のゴール?ラインまで5ヤード毎に線ラインが引いてあります。?ブラスト:RBランニングバックが行うラン?プレーの一つでパワー?プレーのこと。オフェンスのブロッキング?アサインメント。DLディフェンスラインの膝から下に対してブロックします。フレアー?エリアアウト?サイドの浅い位置のパス?カバーも要求される大変なポジションとなります。ファンブルやパスが空中にある状態などがフリー?ボールになります。また、スナップからボール?デットまでの期間をスクリメージということもあります。?パス?インターフェアランス:パス?キャッチを不正に邪魔した場合の反則のこと。

マン?ツー?マン?ディフェンスと対をなす言葉であるが、現在では両者を複合したパス?カバレッジを行うことが主流である。?ノーズ?ガード:DLディフェンスラインのうち、Cセンターの目の前に位置する守備選手を指す。現在最もポピュラーな守備体型です。?スタント/スタンツ: 1?LBラインバッカーとDLディフェンスラインもしくはLBラインバッカー同士が守る場所?役割を交換して守る方法。例えば「G、C、G、T、T」と並んだりする。パスが投げられる前にダウン?フィールドに侵入した場合はイネリジブル?パス?レシーバー?ダウン?フィールドという反則になります。

?サーチ/サーチャー:パントの時に、パンターの前でパンターの邪魔をするために侵入してくる選手を探し、ブロックする選手のこと。また、TEタイトエンドのいるサイドにセットした場合、ストロング?サイドがさらに強くなる体型となる。パント、FGフィールドゴール、PATポイントアフタータッチダウン、キックオフなど活躍の場は広い。?スクランブル:緊急発進の意空母等から戦闘機が緊急発進するところから付けられたようです。いずれにしてもパスを成功させるためには、OLオフェンス?ラインのパス?プロテクションがしっかりしていないとパスを投げることはできない。

リターナーはキックを確保するまでに、キッキング?チームにタックル、ブロックされた場合、キッキング?チームの反則となります。パスが空中にある場合にはフリーボールであるため、ディフェンス選手もパスをキャッチすることが可能です。要はリターンする権利を捨てることで、タックルされない権利を得るということです。すなわちDLディフェンス?ラインの選手がOLオフェンス?ラインの選手を割り込んでQBクォーターバックにラッシュをすること。?アウト: 1?レシーバーの走るパス?パターンの一つで、まっすぐに走った後、サイド?ラインに向かって直角に曲がるパス?パターンです。

?ウィシュボーン?フォーメーション:ティー?フォーメーションの変形体型。ラインは足が遅いという思い込みがあるが、近年のDLディフェンスラインはゾーン?ブリッツ等を多様することもあり、足も速くないと勤まりません。?アンダーニース:LOSライン?オブ?スクリメージから5ヤード以内の中央のショート?ゾーンのこと。?スタティクス:記録?統計の意。?フラッグ?フットボール:タックルが禁止された安全なフットボール。アメフトのルール?その2。試合の終盤で負けている側のチームが選択することが多いプレー。一般的によく見られるのは上記のようにRBランニングバックやレシーバーが位置を移動するパターンですが、PATポイント?アフター?タッチダウンのキックの場合に、ロンリー?センターの体型から通常のキック?フォーメーションに変化する場合にも、シフトを見ることができます。

時にはフェイク?プレーでボール?キャリアとして走ることもあります。?ストリーク:レシーバーのパス?パターンの一つ。感謝の気持ちを、それによって得られた具体的な事実を語ることで形容するのです。?サイド?ライン:フィールド?オブ?プレーの横のラインのこと。?チア?リーダー:試合を盛り上げ、選手を盛り上げる応援する人達。決められた守備選手をブロックするのではなく、攻撃ライン各自の周りに仮想的な線を引き、その線の中エリアに守備側選手が入り込んだ場合に、状況に合わせてブロックするという方法です。ショート?パスやラン?プレーを組み合わせて 1st ダウンを取り続け時間をコントロール消費することに主眼があります。

ボール?キャリアをオープン?サイド外側に走らせないために囲い込んでおくことを指す。?アサインメント:各プレーヤーにそれぞれ決められた与えられた個々の選手の動きのこと。このセットによりSEスプリットエンドとTEタイトエンドとFLフランカーの3人がレシーバーとなることができるのです。ディフェンスにとって最も重要なことで、オフェンスの動きに対して素早く反応して、ボール?キャリアーにタックルすることが大切です。選手が作戦会議や休息を取りにフィールドを空けている間に、ハーフ?タイム?ショーなどが行われます。一般的にはラインの選手をはずし、攻撃側はランやパスの動きを確認する。

ランニングバックにとって1対1で相手を抜くのは当然で、守備側は全員で攻撃を止めようとして守っているため、孤立させられると攻撃を止めることが困難になります。通常デジタル表示でクォーター単位15分で示されます。後ろ向きに走る方法のことをいいます。?フィールド?ゴール?ポジション:FGフィールド?ゴールを狙うことのできるボール?ポジションでオフェンスをしていることを表しています。マン?ツー?マンで守っているディフェンスが非常に守りにくく、マークがはずされやすいパターン。?ファンブル?フォース:守備選手がボール?キャリアーに対して、ファンブルを誘うように行う行為。

フレア?パスとも言われる。一般的にはパス?レセプションという。。分類上パス?インコンプリートパス失敗とみなされ時計が止まります。プリビアス?スポットは今プレーを開始した地点を指す。つまり個々の選手の特徴やシチュエーション毎のプレーの傾向を分析することで、自チームが対戦するときに優位に試合を進めるために行われます。「scrimmage」は「乱闘」の意味です。?審判/審判員:オフィシャル、ゼブラともいう。?ブラインド?サイド:目の見えないサイド背中のある方向のことを指します。因みにアイ?フォーメーション体型のときのFBフルバックはUBアップバックと呼ばれることが多いです。

?トリック?プレー:フェイクなどを使って相手をだますこと。ボールが前方に投げられるまで無資格レシーバーは、ダウンフィールドに侵入してはならないというルールがあるのです。2本のゴール?ポストの間で、クロス?バーを越えればキック成功となる。また、この選択権自体をトレードすることもでき、前年度下位チームの一番目の選択権と、前年度上位チームの選手を交換することもあります。やはり相手に長文を読ませて無駄な時間を取らせることは礼儀に反します。アメリカン?フットボールではロング?パスのことをいいます。FLフランカー、SEスプリット?エンド、SLスロット?バックなどと細分化されて呼ばれることもあります。

?イネリジブル?パス?レシーバー?ダウン?フィールド:無資格レシーバー要はバックス以外がLOSライン?オブ?スクリメージを越えた状態で、フォワードパスが投げられた場合にコールされる反則。つまり、カウンター?プレーを決めるためには基本となるプレーを決めていなければ、ほとんど効果は見込めない。因みにアウト?オブ?バウンズに出たバックス選手もパスの無資格補給者となります。この攻撃体型を使う場合はショットガン?フォーメーションかワン?バック?フォーメーションが選択されることが多い。グラッピング?ザ?フェイスマスクという反則名が正式な言い方。

15ヤードの罰退とオートマチック?ファースト?ダウンが科されます。また、ボールデッドになった状態のことを指すこともあります。NCAAルールではスナップ時にはプレーの邪魔をすることは反則となります。プレーが終わった際に、選手に近づくことで余計な事態が発生しないようにする効果、及び審判同士が近づくことでよいコミュニケーションを取る目的のために行う。例えばインテンショナル?グラウンディングなどの反則などに付加される。昔のフットボール?フィールドは鉄格子のように線が引かれていたそうで、その時に鉄格子のように見えたことから名付けられました。オフェンスのバックスはすべてボール?キャリアになることができるが、一般的にボール?キャリアといえばRBランニングバックのことを指すことが多い。

つまり前パスを捕球する権利がない選手を指し、主にインテリア?ラインマンオフェンスラインの面々を指しています。通常インテリアラインマン主にOLオフェンスラインが該当し、パスプレーの場合はスクリメージラインを超えたダウンフィールドに侵入することはできません。?フリーキック:キック?オフのこと。QBクォーターバックはレースに指をかけることで、スパイラルをかけたボールを投げることができます。略称はNG。1st ダウンのボールを置いた位置からサイド?ライン側に延長したところに開始位置に表示機オレンジ色のポールを立て、10ヤード分の鎖で結ばれたもう一方の表示器が次の 1st ダウンの位置を示します。

基本的にはカンファレンス内のチームと戦うことが多いのですが、異なったカンファレンスのチームと戦うこともあります。興味深い攻撃体型である。このFGフィールド?ゴールを蹴るための専門の選手をキッカー略称はKといい、出る場面は少ないが責任は重大というスリルとドラマのあるポジションです。?ライド:オプション?プレーの時、QBクォータバックがFBフルバックのポケット両腕の間の空間のことをいうにボールを入れたまま、FBフルバックの動きにあわせてスライドさせること。インコンプリートとはつまりプレーが不完全であるということを表しています。

別名ファイア、ドックなどともいうそうです。この場面はファンブルの発生しやすい状況であり目が離せません。色は白か黄色でないとならない。ショート?パスを確実に決めてRBランニングバックの走力で前進しようとするプレーで使われるパス?パターンです。?ヘルメット?トゥ?ヘルメット:選手の頭部を保護するための防具を攻撃の武器として使用する行為に対する反則。?ショットガン/ショットガン?フォーメーション:QBクォーターバックがCセンターの真後ろにセットしないフォーメーションで、Cセンターから5~7ヤード程離れた位置にQBクォーターバックが立っており、ロング?スナップを受けてパスを投げるための攻撃体型です。

つまりブリッツしたポジションにいた選手の守るゾーンが空いてしまうというリスクがある、ということです。反対に時計を進めたいときに行う行為をニー?ダウン=膝をつくまたはイート?ザ?ボールボールを食べるといいます。ちなみに審判にもカバーという概念があり、それぞれの審判毎にカバーする範囲担当する範囲が決まっています。オフェンス側もディフェンス側もプレーが混乱し、フィールド上は選手がばらばらになり、アサインメントなどあったものではなくなってしまいます。攻撃側はゲインを重ね 1st ダウンを重ねやすいが、ロング?パスは決まらないもどかしい時間が続くことになる。

プロ?スポーツ業界特有の言葉ではなく、一般的な職業でも良く使われる用語です。俗にいうメジャー?カレッジとはNCAAのディビジョン1Aに所属する大学106校のことを指しています。つまり守備側の足を止める目的で使用されます。怪我の程度により、4つの分類に分けて表示されている。ここにボールを持って入る、もしくはパスをキャッチするとTDタッチ?ダウンとなり得点6点が入ります。守備の中心者。?リード?ブロッカー:ボール?キャリアの前に立ち、ディフェンス選手からボール?キャリアを守る役割を持つ選手を指す。?フリー?ボール:ボールの所属がどちらのチームのものでもない状態。

?マルチプル?オフェンス:オフェンスが様々なオフェンス?フォーメーションを使いこなすことを指す。「platoon」は軍隊用語で「小隊」を表す言葉です。オフサイドはディフェンス側が犯す反則でライブ?ボール?ファウルプレー中の反則になります。?コーナー?フラッグ:元々はエンド?ゾーンを明確に示すために立てられていた旗のこと。まさに攻守の力と力のぶつかり合いが見られるシチュエーションです。NBAバスケットボールやMLB野球や日本のプロ野球やJリーグサッカー等のスポーツでも使用される用語ですね。そのためツー?ポイント?コンバージョン専用の攻撃を用意しているチームも多いそうです。

リターナーのキャッチを邪魔するとキック?キャッチ?インターフェアランスという反則になります。?バランスド?ライン?フォーメーション:アンバランス?フォーメーション通常はPro体型「SE、T、G、C、G、T、TE」が使用されることが多いの対になる言葉です。または、オフェンス選手がボール?キャリアをゲインさせるためにボール?キャリアーを押したり、掴んだりして前に進めようとすること。?シチュエーション:場面のこと。大体ミドル?ラインバッカーの後方近辺に位置します。ゴール前などで見かける体型です。このことをQBキュービーサックという。名前の由来は禁酒時代に密造酒をブーツに隠し持ち運んだことにちなんで呼ばれるようになったそうです。

7人制の審判の場合は25秒計を管理することもある。Cセンターを中心として左右を比べた場合、人数の多い方は力マン?パワーが強くなるのでストロング?サイド、少ない方は力が弱くなるのでウィーク?サイドと考えればわかりやすいと思います。?ラインズマン:記者席と反対側のサイド?ラインにあるダウン?インジケータ表示器などの道具を管理する審判。?クロス?バー:クロス?バーは地上から10フィート約3.05mのところに設置された2本のゴール?ポストを連結するものである。一般的にはOGオフェンスガードがプル?アウトを行うことが多いが、Cセンターが行うこともある。

全盛期の49ersのジョー?モンタナとジェリー?ライスみたいな選手がいるチームでは有効だと思います。チーム運営を全て統括する責任者である。?サブマリン:守備側のテクニックで潜水艦のように下から行うチャージ。通常のアメリカン?フットボールのフィールドよりも狭いフィールドで試合を行い、攻撃側?守備側共に8人ずつで戦うといったルールが定められているそうです。一般的にTEタイトエンドがいる方がストロング?サイドといい、TEタイトエンドがいない側をウィーク?サイドといいます。ショットガン?フォーメーションではQBクォーターバックがCセンターから7ヤード程度離れた位置にセットして、パス?プレーを主体にしてゲームを展開します。

レシーバーがパスをキャッチしてから走り始めるためOLオフェンスラインのブロッキングが大変重要になる。?イリーガル?フォーメーション:LOSライン?オブ?スクリメージ上に攻撃側選手が6人以下しかいない場合インテリア?ラインマンは7人必要ですや、守備側に12人以上の選手がいる場合の反則のこと。また、エクスパンション?チームはドラフトの際に優遇策があり、優先的に選手を指名することが可能になっています。スナップによりスクリメージ?ダウン、つまりプレーが開始される。フットボールでは勝敗の50%を戦術が握るとまで言われており、理論的に理解を深めることが非常に重要になってくるのです。

一般的にはパス?プロテクションを失敗したように見せかけ、QBクォーターバックにディフェンス選手を集め、フリーになったRBランニングバックにショート?パスを投げる。もしかすると、日本のスポーツ新聞などでは、反則っぽく、書かれる可能性もある情報伝達を、どんどん、公的なルールとして、採用していったら…、というような、ことだと思います。?ダウン:1回1回のプレーを指します。?フットボール:北米大陸でフットボールといえばアメリカン?フットボールのことになります。インサイドへのラン?プレーをしっかりと止めることが非常に重要な役割となります。

?イリーガル?フォワード?パス:パサーが前パスをLOSライン?オブ?スクリメージを超えて投げたパスに対する反則です。ターン?オーバー?レーシオといえば、ターンオーバーした数とされた数の差を指す。?ブリッツ:スナップと同時に攻撃側のバック?フィールドに突っ込んでパスを投げる前のQBクォーターバックをタックルする不意打ち攻撃。体の正面前面で肩及び肩より下の部分で腰より上の部分がフレームの範囲内です。専門とまではいかなくとも、ラン?プレーに対応する事が上手い選手のことを指すこともある。RBランニングバックはOLオフェンスラインが作ってくれた壁に守られてゲインする。

?スーパー:レシーバーが片側に3人セットする体型。エンド?ゾーンの周りをわかりやすく示しています。OTオフェンス?タックルから離れたところに立っているとSEスプリット?エンドといいます。?パワー?アイ?フォーメーション:アイ?フォーメーションのUBアップバックの横にもう1人RBランニングバックがいる攻撃体型。その趣旨は攻撃側のアサインメントの混乱を誘うことにあります。 3?QBクォーターバックがパスを投げるフリパンプ、ポンプなどというをすることを指す。このタイプのパサーには素晴らしいOLオフェンスラインとフリーになってくれるレシーバーがチームにいることが必須です。

5-2ファイブ?ツー体型でディフェンスする場合には、OLBアウトサイド?ラインバッカーと同等のスキルが要求されます。ボクサーがつけているものと同様のものです。?マンデー?ナイト?フットボール:NFLでシーズン中の試合で注目度の高い1試合を月曜日の夜に行うこと原則的に、試合は日曜日に開催されます。アメフトでは後方へのパスはラグビー同様1プレー中に何度でも行ってよいことになっています。?イリーガル?シフト:攻撃側の選手がシフト二人以上の攻撃側選手がセットした位置から移動することした後からスナップまでに1秒以上静止していなかった場合の反則のこと。

陸上や水泳でいうフライングのことで反則になります。?シュアー:確実な、確かな、確信するなどの意。プレー?アクションやフリーズ?オプションを行ったときのLBラインバッカーを見ると凍るのが分かる。ディフェンス?バックの後ろを守ってくれる人は誰もいないので、彼らがミスをしてしまえば、即、TDタッチダウンが奪われてしまいます。?甲子園ボウル:関東?関西の学生チャンピオン同士が大学日本一をかけ戦う伝統あるボウルゲーム。?バーチカル?アングル:オフェンス?フォーメーションの背後を指す。?エヌ?エフ?エルNFL:ナショナル?フットボール?リーグの略語でプロのフットボール?リーグのことです。

その後ろに位置するのががTBテールバック。3人のRBランニングバックが直線的に並ぶ体型。アメリカではプロをやめた後にも大学に通える長い停学とみなされますため、実力者はプロ入りすることがある。リーグ戦といっても異なった地区のチームとも戦いますし、異なったカンファレンスのチームとも戦います。?レフリー:審判のポジションの一つで、攻撃フォーメーション、QBやキッカーに対する反則などを担当している審判。?リターン:キック?オフやパントの時に、レシーブ側のリターナーが陣地を回復するために前進すること。何がフランクなのかということですが、ニュートラル?ゾーンを挟んだ二人の審判オフィシャルが、常に同じように動くということを指しています。

アメリカン?フットボールではQBクォーターバックのパスを投げるまねのことを指します。例えばLTレフトタックルの右足とLGレフトガードの左足が重なっている場合は反則となる。当然レシーブ側もボールを取ることができるので成功率は低い。このタックルを喰らうと身も心も痛い。現在は反則。以前はラグビー?ボールのように少し丸い形に似ていたそうです。?モメンタム:試合の弾み、勢い、流れ等主導権を表す言葉。パーソナル?ファウルであるため余りにひどい行為であった場合は、退場処分になることもあります。?スパイク:タイムアウトが残っていない場合等のシチュエーションで、時間を止めるためにQBクォーターバックがスナップ直後にボールを自分より前の地面にたたきつけること投げ捨てる。

プロなら軽く50ヤードのパスを投げるQBクォータバックがいるため、レシーバーはひたすら、ただひたすらに真っ直ぐゴール?ライン方向へ突っ走るパス?パターン。?リミット?ライン:サイド/エンドラインの外側の線のこと。パスを投げようとしたQBクォーターバックが、レシーバーを探すものの、ディフェンダーに全てのレシーバーをカバーされていたため、パスを投げるところがない場面で、QBサックを避けるために緊急対策として自らボールを持って走ること。キックが成功すれば1点、ランやパスでタッチ?ダウンすれば2点が追加されます。Goal to Goエンド?ゾーンを目前にしたシチュエーションの時には、本当に、飛び込みます。

ゾーン?ディフェンスを選択していると、カバーできないパス?パターンの1つ。?チーム?エリア:サイドラインの中央部にあるリミットラインの外側で、両25ヤードライン間のゾーン。通常罰則は5、10、15ヤードの罰退というプレー開始位置の変更により行われる。同じくディフェンス選手がパスをインターセプトしてボールを持って走れば、ボール?キャリアと呼ばれます。?アウト?サイド?ラインバッカー:略称はOLB。通常1Q、2Q、3Q、4Qと記述します。ギャップ?ディフェンスやギャップ?コントロール?ディフェンスで使用される用語で、CセンターとOGオフェンスガードの間をA-Gapエー?ギャップといい通常NGノーズ?ガードがアラインします。

パワープレーの一種だが、ランプレーの中でも最も展開が遅いプレー。?ガンナー:キックオフ時やパント時に、誰よりも早くリターナーの動きを止める、リターンを防ぐ役割を持つキッキングチームの俗称です。スタッツにはPATと書いてあります。前者を使ったプレーが有効であればあるほど、カウンターの罠にかかりやすい。また、キックオフの時のリターンを簡単にさせないように動く、キッキング?チームの動きを表すこともあります。「Smile」は、「モダン?タイムス」の中の名曲だったそうです。ボールが置かれる位置でプレーが大きく左右されるため、戦術の重要なファクターの1つでもあります。

カンファレンスの中では更に4つの地区に分かれてリーグ戦を戦っています。?ボウル?ゲーム:ローズ?ボウル、オレンジ?ボウル、コットン?ボール、甲子園ボウル、クリスマス?ボウル、ライス?ボウル等があります。ももが太く見えるのはこれを装着しているからでもある。因みに真っ直ぐに走った後で内側に走り込めばポストというパス?パターンになる。バンプでレシーバーがダウン?フィールドに出るのを妨害し、その後レシーバーにぴったりマークするというテクニックです。?クラック?バック:クラック?ブロックする選手のこと。リーグの下位チームが上位チームに勝利した場合などにアップセットと言います。

攻撃側はプレーの前にハドルで次のプレーを決めますが、ディフェンスは攻撃のプレーを予想して、その部分だけを守るといったことができないため、全てのリスクをヘッジした状態で、且つ確率的に重点的に守る、もしくはブリッツするといった戦術を選択して実行します。つまり自陣9ヤードライン上からの攻撃の場合に、ホールディングの反則をした場合、通常10ヤードの罰退になるが、ゴール?ラインを超えてしまうため、9ヤードの半分の距離、つまり4.5ヤード上からの攻撃となる。?ボックス?イン:ゲーム中に審判オフィシャル全員で、フィールド内の全選手を囲い込み、影をつくらずに試合を運営する、審判オフィシャルの基本メカニックのこと。

シューストリングとは靴紐のことです。遠くに蹴るだけでなく、パントやキックのカバー?チームがリターナーに追いつくまでの時間を稼がなければならないため、少しでも長く空中に長く滞在するパントが理想とされています。R&Sラン?アンド?シュートなどのワンバック体型やショットガン?フォーメーションでよく見かける攻撃体型。?ハリー?アップ?オフェンス:ノーハドルでオフェンスを展開するために時間をかけずにTDタッチダウンを狙う攻撃方法。プレーを設計、とはどのような体型で誰がどのようなシチュエーションになったら、どの相手をブロックして、どのタイミングでボールをハンド?オフしてなどといったことを設計することです。

チャップリンの作品にメッセージ性を感じるのに対し、バスター?キートンの映画には、そういった類のものは、何も無く、「無表情で、身体を張ってただ面白い」、というのが、素晴らしかったように、記憶していますhttp://omp2006.blog85.fc2.com/blog-entry-26.html。通常ボール?キャリアーと呼ばれます。?シューストリング?タックル:ボール?キャリアーの足首をつかむようなタックルのこと。?スプリット?エンド:TEタイトエンドがOLオフェンスラインから離れてセットすると、こう呼ばれる。もう一つの戦術はラン?プレー。パーソナル?ファウルのため、余りにひどい暴力行為だった場合は、即退場処分になります。

フィールドの真ん中を表している線。TDタッチ?ダウンした後にボーナスとして1回の攻撃権が攻撃側に与えられることを指しています。このリスクを回避するため、近年ではゾーン?ブリッツLBラインバッカーにブリッツさせ、そのゾーンにDLディフェンスラインが下がってパスをケアする守り方も多用されるそうです。通常攻撃側が相手陣10ヤード以内に入ると、このようなスーパー字幕が出ます。?サード?ダウン?バック:3rd ダウンのシチュエーションで登場し、確実に 1st ダウンを獲得する目的で用いられるバックスのこと。?サークル:RBランニングバックのパス?パターンの1つ。

?スパイ:ディフェンス選手が特定のオフェンス選手をぴったりとマークすること/テクニック。大体QBクォーターバック、RBランニングバック、WRワイドレシーバーのトリオのことを指すことが多いそうです。表示された時間が0秒になった場合は、ディレイ?オブ?ゲームの反則となります。やはり後ろに転けるよりも、選手としては前に倒れたいものです。試合開始前に発表される負傷者リストのことである。プロや上位チームではスリー?プラトン?システムを採用しています。意表をついてパントをすることでリターンされることなく、よいフィールド?ポジションから守備を行いたい場合に使われます。

俗称はUB。?スナップ:Cセンターが後方に位置するQBクォーターバックにボールを手渡すことエクスチェンジ。攻撃権は4回与えられ、4回以内に10ヤード以上前進すると、1st Downファースト?ダウンとなり、新たに4回分の攻撃権を得ることができます。縦にストレッチした後、横にストレッチするプレーを行うと成功しやすい。ただ個性といってもそれをアピールすることを目的にすべきではありません。略称はDB。NCAAルールではこのシグナルの後25秒以内にプレーを開始しなければならない。オプション?プレーのときには、RBランニングバックにボールを渡すギブするかQBクォーターバックが自分で持つキープするかの選択を行っています。

例えば浅いゾーンを5人で守り、深いゾーンを2人で守ったりカバー?ツー、また浅いゾーンを4人で守り、深いゾーンを3人で守るということをする。主にインサイドへのラン?プレーのときにRBランニングバックにボールを渡す場合に使われるテクニックです。通常のシーズン中の試合はリーグ戦で行われますが、プレー?オフはトーナメント戦で行われます。このためOLオフェンスラインによるパス?プロテクションの崩壊したチームでは、パス?プレーが成功することはありません。ディフェンスの選手であれば、バックペダル正面を向いたまま後方に下がるを行いながらコーチの指示で前後左右に移動する動作を行ないます。

?リード?ディフェンス:プレーの状況に応じて、攻撃側の意図を読みながらディフェンスを行うこと。15ヤードの罰退。NFCとAFCという2つのカンファレンスから構成されています。Cセンターの腕と頭はニュートラル?ゾーンに侵入していても反則ではありません。?ハードリング:倒れていないプレーヤーを足、または、膝を前に出して飛び越えること。相手に対して愚弄するような言葉?態度を取ったり、ボールを相手に投げつけたりするとこの反則を取られます。3人のDLディフェンスラインと、4人のLBラインバッカーで守るアラインメントであり、パス?ディフェンスを重視したフォーメーションです。

略称はHB。?クリーツ:スパイク裏にあるすべり止めのことで靴の裏の突起物のことを指します。RBランニングバックが装着していることが多い。?スターター:先発メンバーのことであり、一般的に、レギュラー控え選手ではないということ。?セル?ユア?コール:審判が選手、チーム関係者、マスコミ及び観客に向かってコールを売ること。一般的にはゾーン?カバレッジを指すことが多い。例えば、レシーバーが右から左へリバース?プレーを展開しているところで、左側に位置していたバックスに更にボールを渡し、今度は左から右側へリバース?プレーを展開する。現在のスペシャリスト化されたポジションの役割に反して、ゼネラリスト的な役割を担っている。

?アンプルーブド?ルール:想定した状況に対する公式な決定のこと。アメリカではNFLよりも人気がある場合もある。RBランニングバックがダウンフィールドに出やすい攻撃体型の為、パスのターゲットにしやすいというメリットがありますが、速いタイミングのラン?プレーしかできないというデメリットも、持ちます。左右どちらにも同じ攻撃が展開できるバランスのよい体型。キック?オフ?リターンとかパント?リターンといいます。1st ダウン10ヤードから始まり、5ヤードのロスであれば、次のプレーは2nd ダウン15ヤードとなる。これはキッキング?チームのギャンブルです。TEタイトエンドのいる方を指すことが多い。

マン?イン?モーションということが多いです。10ヤードの幅を示す2本の棒、進んだ距離を示す棒の3本で構成されます。しかし最もパワーを生む大腿筋によって膨らんでいることは言うまでもない。ビデオ?カメラのズームと同じような意味で、レシーバーが移動することにより、フォーメーションが全体的に伸びたり?縮んだり見えることを表しています。RBランニングバックのため穴をこじ開け、走路を確保し、QBクォーターバックのためパスを投げる時間を稼ぐという、重要な仕事を受け持っています。?クイック?リリース:QBクォーターバックが素早くパスを投げるリリースすること。

線の上はアウト?オブ?バウンズです。?メジャー/メジャリング:1st ダウンが獲得できたか微妙な場合に、審判の判断によりサイド?ライン上にいるチェーン?クルーが持っていたダウン?インジケータ10ヤードを示すサイドライン上の2本の棒を審判がボール?デッドの位置に持ち込み、1st ダウンが獲得できているかを測ること。?ファンブル:ボール?キャリアーがボールの確保を失うこと。ボールが少しでもゴール?ライン垂直の面を通過すれば6点加算される。?バッティング:手か腕で、故意にボールを打ったりすること。ディフェンス側の最大の見せ場となります。

レシーバーがボールを獲ろうとして手を伸ばすが、それが指先に当たってしまうことも、チップという。特にQBクォーターバックの成績を数値として表したものを指す。?キッキング?チーム:いわゆるスペシャル?チームのこと。?インサイド?アウト:内側から外側にボールキャリアーを追い込むという、守備側の守り方の基本的な行動を指す。また、ディフェンスを広げる攻撃フォーメーションのこともスプレッドといいます。これはDEディフェンスエンドの動きを見てQBクォーターバックが自分でボールを持つキープするかRBランニングバックにギブorピッチするかを選択するための選択材料とするという意味です。

フォルススタート、エンクローチメントやオフサイド等の反則を見ています。?レシーバー:パスを取る資格を持つものを指す。フィールドの中ほどにサイド?ラインと平行に2本破線が書かれていますよね?このラインのことです。チームに90個貰えるそうです。反則を取らなければ、プレーがそのまま成立したことになります。ディフェンス側の反則により罰則の施行により、ファースト?ダウンを超えた場合にはオートマチック?ファースト?ダウンとなり罰則施行後の位置から1st ダウン10となる。チームはAFCとNFCに別れて戦います。試合の前に敗戦が予想されているチームを指す。キックを選択した場合と比較して、通常のプレーは、成功率は低いです。

その際キックを蹴らずに、通常の攻撃を行い2点を取ろうとすること。「ワイド?タックル?シックス6-2」と、同じ意味だそうです。現代のフットボールではサイド?ラインから攻撃の指示が出るので、それをQBクォータバックが他の選手に伝えます。反対語はロス「-マイナス」後退すること。オプション?プレーでのキーはDEです。勝敗を左右する重大な局面で行われることが多く、Kキッカーには多大なプレッシャーが圧し掛かります。あまりにひどい言葉を発した場合はNCAAルールでは、アン?スポーツマン?ライク?コンダクトスポーツマンらしくない行為に対する反則を適用されます。

?ステーショナリー?ブロック:待ち受けるという意味であり、前方にチャージしないブロックのことを指す。または、プレー中であること。一般的には、オフェンス?キャプテン、ディフェンス?キャプテン。下から上に向かって腕を振り上げ、相手の上半身を起こすテクニックである。守備側から見ると赤信号の危険なゾーンということになる。?フランカー:LOSライン?オブ?スクリメージより一歩下がったところにセットするWRワイドレシーバーを指す。ランプレーの場合アウト?オフ?バウンズになったところ地点までが有効なプレーとなります。?ペナルティ:反則に対して施行される罰則のこと。

もしくはボール?キャリアをグランドに挟み込むようにして叩きつぶすようにタックルすること。ティーもしくはヴィアフォーメーションのHBハーフバックがOTオフェンスタックルの後方付近にいる体型をスプレッドTフォーメーションといいます。?ドロップ?キック:グラウンドに触れた直後のボールを蹴ること。?マーカー:イエローフラッグのこと。つまりTDタッチ?ダウンした後にオフェンスに与えられる攻撃権のことを表しています。QBクォーターバックがRBランニングバックにボールをハンド?オフボールの手渡しするふりをした後、WRワイドレシーバー等のレシーバーにパスを行うプレーのことを指します。

NFLはAFCとNFCの2つのカンファレンスに分かれ、更にそこから地区を表すディビジョンに分かれた構成となっています。アメリカでは前者の意味で用いられることが多く、日本では後者の意味で用いられることが多いようです。?オフェンス?ライン:OLと表されます。?ロング?スナップ:パントやフィールド?ゴールを蹴るためにセンターから離れている選手にスナップを投げること。ボールは拳銃の弾と同じようにらせん状の回転をしながら飛んでいくことで軌道が安定します。?ジャイアント?キリング:あまり良い言葉ではありませんが番狂わせのことを指す。守備側がボールを確保した場合にはターン?オーバーとなります。

キッカーはボールを蹴った後、無防備になるのでキック直後にタックルなどをするとラフィン?ザ?キッカーという重い反則を取られます。略称はDL。チーム関係者が入ることが許されている場所です。2本のゴール?ポストは地上20フィート約6.1m以上のもので、クロス?バーは地上から10フィート約3.05mの高さで設置されているもの。?ランナー:ボールを持って走る人を指す。反対にプレー中のボールはライブ?ボール。QBクォーターバック、WRワイドレシーバー、CBコーナーバック、リターナーはボールが見やすいように目の部分が大きく開いた?金具が細く?顔面を余り覆っていない=軽いものを使います。

簡略にまとめられた薄い本を使用するチームもあれば、辞書のように分厚い本を使用するチームもあります。能力としては足が速く、ディフェンスを振り切り、ワイド?オープンな状況を作れる能力を持つタイプ。例えばパス?プレーを連続した後、ドロー?プレーを行うと守備側はレシーバーに吊られてしまうという現象が発生します。略称はM。ストレートやフェードパターンのパスは縦にストレッチするプレー。?オフセット?アイ:アイ?フォーメーションの変形。?バッファー?エリア/バッファー?ゾーン:キック?キャッチを行おうとしているリターナーを保護する目的で、設けられていた範囲。

スラント内側に切れ込む系のパス?コースを取ることが多いです。「ボールを叩きつぶす」の意。?リード?ボール:パスプレーの際、WRワイドレシーバーの走路の少し前方にボールを投げること。ボールデッドから次のスナップまでの間に起こった反則はすべてこれに当てはまる。QBクォーターバックにしてみれば突然見えないところからタックルされることになるので怪我をしやすい最も注意を要するサイドといえるそうです。罰則が規程されていないものはバイオレーションといいます。?アングル?ブロック:攻撃側の選手が守備側の選手に対して行うブロック。?ロス?タックル:ボール?キャリアをプリビアス?スポット攻撃開始地点よりも後方で止めるタックルのこと。

パス?カバーをすることが多いため、必然的にインターセプトのチャンスが巡ってくることも多いポジションで、ディオン?サンダースなどが有名な選手です。?スポット?オブ?ファウル:反則の発生した地点。?ヒット 1?ディフェンスではタックルをすること。?オーバー?セレブレイション:近年厳しく取り締まられるようになった反則。スポッターやスカウティング?チームが高いところから試合を分析するために上る。?ゴール?ポスト:エンド?ゾーンの中央部の奥の方に設置されている2本の垂直のバー。実際にはボールの幅に架空のラインを想定し、サイドラインまで延長した線を指す。

チームや選手の様々な成績を数値として提供する公式記録。?スローバック:ゆっくりとダウンフィールドに出ていくバックスを指す。バックスの体系がYの形をしています。守備側は当然パスの比重が高いためパスを警戒せずにはいられないが、パスばかり注目すると裏をかかれてラン?プレーを展開され、思いもかけずロング?ゲインを許してしまうことが多い。?プル?アウト:OLオフェンスラインが行うブロックの一種で、スナップと同時にOLオフェンスラインの外側へ走り、リードブロッカーとしてボール?キャリアを守るブロック方法である。?コンボ:DLディフェンスラインとOLオフェンスラインの力関係を比べた場合、守備側の片側サイドが弱いことがある。

?レセプション:パスをキャッチすること。?インカム:サイドラインに立っているコーチが試合会場の上段にいるチーム関係者スポッターと連絡を取り合うために使用する通信道具。パントのとき以外は足を交差させた状態でプレーを行うとこの反則となります。ダウンした選手は体の緊張を解くので、そのときにタックルされると、非常に怪我をしやすいため反則となる。ディフェンスのラインバッカーから、ディフェンスの選手に合図が行われることもあります。?ピッチ:QBクォーターバックからRBランニングバックへのバックワード?パス後ろ向きに投げるパスのこと。

時間がかかる割に前に進むことが少ない。?ラン?アフター?キャッチ:パスを確保してからランでゲインした距離のこと。?アタッキング?ディフェンス:攻撃型の作戦を多用するタイプのディフェンスのこと。?ターン?オーバー?オン?ダウン:4th ダウンギャンブルの失敗やインターセプトにより攻守交代すること。つまりコーナーフィールドの角っこに向かって走るパターン。通常リバース?プレーでもトリック?プレーとかスペシャル?プレーといいますが、そのプレーが2度行われるダブル?リバースは超スペシャル?プレーといえます。陸上や水泳競技の号砲が鳴った瞬間のようなものです。

?クロック?マネジメント:攻撃チームが試合時間を管理しながらプレーすること。大学時代の私は、ギャングスターズの大活躍にも、殆ど、関心がなく、アメフトのルールも、当然、よく分かっていなかったのですが今でも、よく、分かっていない…、私も、今週末あたり、また何処かの球場に足を運んでみよう別に「ギャング」ではなくとも、構わない。つまり誰がどの相手をどのようにブロックするといったことや、どのタイミングでQBクォーターバックからRBランニングバックへハンド?オフするといったことや、レシーバーがどのルートで走り、パスを受けるといったことが決められています。

また、忘れてはならないのが、NFLの頂点を決めるスーパー?ボウル。?オフェンス:攻撃のこと、または攻撃を行うチームのこと。 2?NFLでQBクォーターバックがタックルされるのをさけるため、足から滑り込む行為のこと。ある程度、相手との信頼関係が深まれば、「あまりにもおいしいお菓子でしたので、ダイエット中にもかかわらず、3つもいただいてしまいました」「家内に自慢したところ、今度その店に連れていくようにと約束させられました」など、相手を和ませるようなエピソードを添えてもいいでしょう。女性や小さい子供でも楽しむことができます。バックワード?パスと同意。

?イリーガル:「不正な」という意。正式にはファウルマーカーという。パンツの中にニー?パッドを入れるための袋があり、その中に入れます。スイープ?プレーではOGオフェンスガードがプル?アウトしてリード?ブロッカーとなる。当然ディフェンスの選手はエリジブル?レシーバーとなります。?イリーガル?プロシージャー:イリーガル?シフトやイリーガル?フォーメーション、フォルス?スタートの反則のことを総称する言葉。反対語はイン?サイド?ラインバッカー。?ギャング?タックル:ボール?キャリアに対して複数の守備選手で激しく、まさにギャングが敵を襲うかのように激しく?複数で群れとなってタックルをすること。

ボール?デッドから次のスナップまでの間の状態を指す。守備側のキャプテンでリーダーであることが多い。フォルススタートはスナップ前の反則なので、デッドボールファウルになります。?フォワード?パス:オフェンスが行う前方へのパスのことで、1つのダウンで1回のみ前パスを投げることができます。「売る」とは解りやすくアピールする、という意味です。正しい知識を持ったトレーナーがテーピングする必要があり、シロウトによるテーピングはあまり効果がありません。この行為は審判の試合の運営を邪魔した不正に試合時間を遅らせたとみなし、ディレイ?オブ?ゲームの反則となる。

選手、コーチ、スタッフなどアメフトに係わっているものは、全てこれを持っている。フィールド?キャプテン以外が反則の選択をしたり、指示したりすることはできません。?フィフティ?ヤード?ライン:フィールドのちょうど真ん中で、「50」と書いてある、サイド?ラインとサイド?ラインとを結んだところが、それにあたる。?チップ:ボールに手がかすること。モーションできるのは1プレーに1人だけ。?モチベーション:意欲ややる気というメンタル面を表現する。?インパクト?プレーヤー:試合結果に重大な影響を及ぼす選手。右のサイド?ラインの外に出てボール?デッドになった場合は、次の攻撃は右のハッシュ?マークから次のプレーが始まります。

プレー?アクションの目的はLBラインバッカーの動きを止めることです。?ドロップ?バック:QBクォーターバックがパスを投げるためにLOSライン?オブ?スクリメージから後方に下がること。8メン?フロントの守備アラインメント配置。?インターセプト/インターセプション:パスをレシーバーが取る前に守備側の選手が確保した状態のこと。この守り方をすることでサイド?ラインをもう一人の守備側選手として使用することができるのです。プラスティックのものを噛むだけのものなのですが、実は、非常に重要なものです。?ゴール:2本の垂直のバーゴール?ポストと1本の水平のバークロス?バーからなる構造物。

そういった場合、弱い方のサイドにDLディフェンスラインを寄せ、力関係で均衡を保とうとするアラインメント配置。?スキル:個人の運動技術のこと。スポーツの世界ではリーグを指す。スタートプレー開始時の反則に対して使われていた。スウィープやスクリーンなどのプレーは横にストレッチするプレー。つまり攻撃側と守備側の両方にエンドがそれぞれ2人ずつ存在します。レシーバーが一箇所に密集してセットすることで、マンツーマンディフェンスのマークを外し易くすることを目的にしてます。?ノン?コンタクト?ファウル:相手に接触することなく、スポーツマンらしくないことをするとこの反則になる。

?デッド?ボール:死んだボール。レディ?フォー?プレーからスナップが開始されるまでにニュートラル?ゾーンに進入した場合は、エンクローチメントという反則になります。つまりスクリメージ?ダウンでプレース?キックドロップ?キックでも良いでキックしたボールが2本のゴール?ポストの間でクロス?バーの上を越えることで得点となります。?フルハウス?フォーメーション:ティー?フォーメーションの変形体型。残りのラインは離れたところにセットしている。?ポリスマン?メカニック:サイドライン際でプレーが終わった際、プレーに参加した選手たちが無事にフィールド内に戻れるように見守る審判の動きのこと。

?パント:4th ダウンで陣地挽回のために行うキックのこと。ディフェンスのフォーメーションは、4-3フォー?スリー、4-4フォー?フォー、6-2シックス?ツー=ワイド?タックル?シックス、5-2ファイブ?ツー、3-4スリー?フォーといったものがあります。レシーバーとしての役割を与えられたときには、第3ターゲットとして使われることが多い。?ダブル?チーム:二人がかりで一人の選手をカバーすること。レギュラーから控えの選手順に記述されています。?オーバー?ザ?トップ:ブロッカーの上を飛び越えていくテクニックのこと。タックルの代わりにボール?キャリアにタッチすることでプレーがとまります。

ここが楕円形のボールの面白いところでもあります。アンダーニースは基本的にLBラインバッカーが守るエリアです。?ヘッド?コーチ:監督。すなわち攻撃側がストロングサイドを左右に変えても影響を受けずに常に同じ守り方のできることが特徴です。オフサイドはライブボール?ファウルプレー中に起こった反則のため、プレーが終わった後に攻撃側が反則をとるか/とらないかの選択を行う。後はフィールドが小さいくらいで、基本的なルールはアメフトと代わりがありません。?エリジブル?レシーバー:前パスを取る権利を持っている選手を指す言葉で正確には有資格捕球者のことです。

?ディフェンシブ?ホールディング:ディフェンスのプレーヤーが手などを使って不正に相手をつかんでしまう反則。オフェンス側はアイ?フォーメーションI-Formation、ティ?フォーメーションT-Formation、ワンバック?フォーメーション、ショットガン?フォーメーションShortgun Formationなどがあります。シームゾーン?ディフェンスの隙間に入り込むのが上手いタイプの2種類に分類されます。NFLではDLディフェンスラインも足が速い選手が多いため、LBラインバッカーの代わりをするということができる。紐を取られたらタックルをされてダウンしたことになります。

現代フットボールではパス?プロテクションやパス?キャッチもできなければならない。近代フットボールの7セブンメン?フロントの基本を造ったフォーメーションです。つまりはWRワイド?レシーバーのことです。QBクォーターバックのすぐ後ろに位置するのがFBフルバック。必ず装着しなければならない必需品です。このことを「スクリメージを組む」といいます。反対語はアンダー?シフト。?トリプレッツ:とても素晴らしい3人組のことを表しています。?アンネセサリー?ラフネス:不必要な乱暴行為デット?ボール後のタックル=レイト?ヒットを含むのことで、当然、反則です。

つまり右利きのQBクォーターバックが右のハッシュ?マークからプレーを開始する場合には、右サイドへのパス?パターンが少なくなってしまうということなのです。QBクォーターバックがネイキッド状態のとき、反対サイドに走っているOLオフェンスラインはインフルエンスを使っているといえます。守備側のブリッツなどで攻撃側のプレーが崩れ、QBクォーターバックがスクランブル緊急発進し、その後、前パスを投げたといった場合によく起こる反則です。負けているときには短い距離10ヤードぎりぎりを狙って、自らキャッチして攻撃権を得ようとします。やはりチーム?スポーツなのでチームの一員として守るべきルールが、それぞれのチームで決められており、それを破ると罰金や試合に出られないなどの罰が決められています。

パスが取りにくいためインコンプリートパス失敗になりやすい。?ドロー/ドロー?プレー:QBクォーターバックがパスと見せかけてドロップバックしながらRBランニングバックにハンド?オフし、RBランニングバックがラン?プレーをすること。レースの部分を蹴ってしまうとボールがどこに飛んでいくかわからなくなるからです。更に「罰退+ダウンの更新ロス?オブ?ダウン」という重い罰則や退場といったものもある。アメフトの場面では、Ball Onプレー開始位置、ダウン数、1st ダウン獲得までの残り距離、ハッシュの位置がシチュエーションの構成要素です。

ロスをさけ、最低でもLOSライン?オブ?スクリメージにボールを戻そうという目的で、パスが投げられる。試合会場ではサイドラインに 1st ダウンを示すダウン?ボックスがあるため、バーチャルな線は不要なのです。相手に時間を使わせないよう自分の時間を使って文章を練る気配りが大切です。?ゾーン:地帯?区域の意。?ボール?デッド:ボールが死ぬこと。?スウィング?パス:サイド?ラインオープン?サイドに向かって走るバックス主にランニングバックに投げる短いパスのこと。2つのハッシュ?マークの間でプレーが終わった場合は、その位置から次のプレーが開始されます。

つまりラン?プレー中心の攻撃をいう。「Hail」は「呼びかける」の意味で、「Mary」はVirgin Mary、キリストの母を現します。この時OLオフェンスラインはパス?プロテクションを行います。?ボム:直訳では爆弾の意。-マイナスならばされた数の方が多いということである。?コマーシャル?タイムアウト:プロの試合でスポンサーのコマーシャルのために取るタイムアウトのこと。複数のQBクォーターバックや元QBクォータバックのWRワイドレシーバーがいるチームで、時々、見かけるプレーです私は、このルールが、長い間、良く、分かりませんでしたアメフト、って、2回投げても良いの?。

例えばフィールドに12以上の選手がいる状態でプレーを開始してしまった場合、まだプレーが行われている状態でサイドラインから交代選手がフィールドに入ってしまった場合など。反則をされた側は、反則を取る/取らないの選択を行う権利が与えられます。クラック?ブロックが行われているサイドへのオープン?サイドへのラン?プレーが行われることが多い。選手は与えられた役割を全力で遂行することにより、この責任が果たされる。しかしながらロング?パスを投げることができず、ディフェンス側もロング?パスをケアする必要の無いため、なかなか攻めづらいゾーンともいえます。

パス成功率、パス平均獲得ヤード、TDタッチ?ダウン率、や被インターセプト率などを定式に入れて計算します。?タイム?アウト:前後半各チーム3回取ることが可能で、1回1分30秒である。モーションは攻撃チームのバランスを変更することで守備側のアラインメントを読んだりする目的で使用します。当然フェイクに使ったRBランニングバックへのラン?プレーが決まっているからこそ使うことのできるオフェンスということができます。この5や10というのはまっすぐに走る距離を表しています。ゴルフのティーショットの時に使うティーと同じ役割です。?イーブン/イーブン?ディフェンス:Cセンターの真正面にDLディフェンスライン:この場合NGノーズガードともいいますを配置しない守備体型のこと。

?オフサイド:スナップ時にディフェンスの選手がニュートラル?ゾーンに進入していた場合の守備側の反則。?クラック?ブロック:サイド?ライン際にいたWRワイドレシーバーがDEディフェンスエンドやOLBアウトサイド?ラインバッカーを内側に留めておかせるために使用するブロック?テクニック。「ポパイ」はギャングだけの独占物では、なかったのですねhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm21222416。フェイスガードの下に装着します。サイド?ラインとエンド?ラインで囲まれたエリアを指しています。?インサイド:OLオフェンスラインの端から端までの間のゾーンを表す。

つまりディフェンス側に考える余地を与えないことで、すばやくモメンタムをつかむというところに特徴があると思います。学生日本一になったチームはライスボウルの出場権を得る。?アメリカン?フットボール:アメリカで最も人気のあるスポーツです。因みにデフェンシブ?ホールディングというものもありますが、これはレシーバーをパス?コースに出さないためにつかんでいる行為に対する反則です。しかしながら、何度もリプレーの権利を行使することが多くなり、試合時間が長時間化し審判の権威が低下するなどの問題が発生したため廃止されました。このOLオフェンスラインが作るプロテクション壁のことをカップもしくはポケットと呼びます。

俗称はMLB。反則をされたチームは罰則を施行する/しないを選択することもできる。通常LOSLine of Scrimmageと表示されている。?スキル?プラクティス:選手達に戦略?戦術?プレーの理解を深めさせる目的で行われる講義のこと。?エー?ギャップ:CセンターとOGオフェンスガードの間のゾーンを指す。?ダイブ/ダイブ?プレー:LOSライン?オブ?スクリメージに対して、素早く直線的に走り込んで行くラン?プレー。また、レシーバー同士のクロス?パターンに弱いという特徴を持つ。パスを投げるエリアが少ないため、パス?カバーはマン?ツー?マンで守り、DLディフェンスラインを増やすアラインメントを取ることが多い。

ぶつかり合うばかりがアメフトの練習ではありません。?アイ?シールド:目を保護するために、ヘルメットの中に装着する、プラスチック製のシート状下敷きみたいなのカバーのこと。?アイシング:怪我した部位を氷などで冷やし、血管を収縮させる血が流れにくくすることにより、怪我の早期回復を図るもの。?インテンショナル?グラウディング:QBクォーターバックがパスを投げるため、ドロップバックしたが、レシーバーが見つからなかったり、カバーされていたりして、パスが投げることができない状態で、QBサックによるロスを避けるため故意にレシーバーのいないところにボールを投げた捨てた場合の反則。

?ラン?エンド:ボール?デットした地点。?ショート?タイムアウト:NCAAで2002年より新しく導入された、通常の1分30秒ではなく、30秒で終了するタイムアウト。つまりバックスの選手を指します。?ヒッチ:QBクォーターバックからWRワイドレシーバーへ投げるLOSライン?オブ?スクリメージと平行に投げるパスのこと。?バック?アップ:フットボールでは控え選手のことを指す。?レディ?フォー?プレイ:プレーを開始する準備ができたことを告げる合図。?ジェネラル?マネージャー:略称はGM。?ライブ?ボール:プレー中にあるボールのこと。アメリカでは円形球技場のことを指す。

白色のテープは固定力が強く、肌色のテープキネシオテープは伸縮力があります。4th ダウン?インチのときにもギャンブルとして行われることもある。無資格レシーバーを指すと考えてもよい。審判は頭の上に手をかざし、手首を前後に振ることにより、アンキャッチャブルなパスであるというシグナルを出します。パス?プレーだけでなく、リードオプションを織り交ぜたラン?プレーを選択できることが利点となっているようです。?スウィープ:複数のブロッカーを使ってRBランニングバックがオープンサイドを抜けるランニングプレー。これは作戦内容がディフェンス側に漏れないためです。

ベースボールのピッチャーのように時間をかけてしっかりと構えてパスを投げていれば、即タックルを受けてしまいノック?アウトされてしまうことでしょう。昔は3人のRBランニングバックがおり、Tの字に見えたことから名づけられた。ディフェンスのパス?ラッシュを逆手に取って行われるプレーである。主にRBランニングバックが担当することが多い。試合に勝っている状態の場合は、時計が止まらないプレーや展開の遅いプレーを上手に使い、時間の進み具合を早くし、相手の攻撃機会を奪い試合に勝つ可能性を広げる。レディ?フォー?プレーからスナップが開始されるまで存在するニュートラル?ゾーンは、相撲でいう仕切り線のようなもので、進入することができません。

オフィシャルはレフリー、アンパイヤ、ラインズマン、ライン?ジャッジ、サイド?ジャッジ、フィールド?ジャッジ、バック?ジャッジそれぞれに役割が分担されています。一般的にブーツレッグの場合にはQBクォータバックを守る選手がついていることが多く、QBクォーターバックが単独で同様のプレーを行った場合にはネイキッド裸ということが多いです。近年では日本語で反則名を表すようになってきました。?フラッグ:反則が発生したことを示す審判が投げる黄色い布。略称はFL。守備側はリターナーが用意できないのでリターンすることが難しい。アメリカ西海岸から広まったことから名が付いた。

昔は現在のラグビーのように防具をつけずにぶつかり合っていたそうです。スロット体型などは、これに当たる。余りにも激しく相手に失礼になる程セレブレートした場合には、オーバー?セレブレートということでアンスポーツマン?ライク?コンダクト、トーンティングの反則になります。?エクスチェンジ:CセンターからQBクォーターバックへのボールの受け渡しスナップのこと。ドロップ?キックやニー?ドロップのような技を使わないとこの反則にならないかもしれませんが、反則です。?パス?プレー:攻撃の戦術の一つ。 2?パス?プレーのときにレシーバーがフリー誰にもマークされていないの場合に、オープンワイド?オープンといいます。

Cセンターを中心として左右のサイド?ライン方向に5ヤードずつ、及びゴール?ラインの方向、前後に3ヤードずつの長方形がクリッピング?ゾーンという仮想のゾーンとなり、クリッピングをしても反則とならないところです。?オーバー?タイム:延長戦のことで4Qまでに勝者が決まらなかった場合に行われることがある。日本ではなぜか監督とヘッド?コーチが同じチームに居たりします。必ず1から99番までの番号を付けています。この吊られてしまう行為がインフルエンスということです。?アラインメント:オフェンスのフォーメーションに対する、ディフェンス側の選手の配置?位置のこと。

記者席の反対側にあるチェーンが正式で、記者席側のチェーンはシャドー影といわれます。選手の動きやプレーを書き込み、説明する。要するに深いところを守る人。キッカーがキックした直後は体勢が崩れ、タックルやブロックに対応できないため、キッカーを保護する意味合いでこの反則がある。例えば腕でボールを掻き出したり、ボールを弾いたり?叩くなどの行為でボールをファンブルさせること。?アップ?バック:アイ?フォーメーションでQBクォーターバックのすぐ真後ろに位置するRBランニングバックのこと。***?アーク?ブロック:TEタイト?エンドがDEディフェンス?エンドの外側を弧を描くようにスタートして、ダウン?フィールド攻撃方向で行うブロックのこと。

?キッカー:キッキング?ゲームキック?オフ、フィールド?ゴール、トライ?フォー?ポイントにおいてボールを蹴る役割を持つ選手を指します。?アンキャッチャブル:誰が見ても明らかに例えパス?インターフェアの反則がなかったとしてもパスを取ることができない場所に投げられた状態を指す。ラン?パス?オプションなどともいう。 いずれも相手を騙し、ディフェンスの混乱を発生させ、リアクションを遅らせることで少しでもゲインしようとする。?プレゲーム?ミーティング:アメリカンフットボールのゲームの前に、審判オフィシャルがミーティングを行うこと。

?ヤード?チェーン:サイド?ラインで 1st ダウンを獲得できる10ヤードの距離を明示するチェーン。パスのシチュエーションで解説者がよく使います。正確にはパスを試みた回数という意。?アウト?オブ?バウンズ:サイド?ラインとエンド?ラインを含む周囲のこと。RBランニングバックであれば、紐を膝を高く上げ連続的に紐を越える動作を行ないます。このコースがおかしいとボール?キャリアに隙をつかれて、ロング?ゲインを許してしまうことにつながってしまいます。?オプション?プレー:キー鍵となる守備側選手をフリーにし、その守備選手の反応キーの動きを見てQBクォーターバックがボール?キャリアーを選択するプレーを指す。

滅多に見かけないプレーです。?ゲーム:試合のこと。?フォー?スリー:4人のDLディフェンスラインと3人のLBラインバッカーのという配置の守備フォーメーション。見えないところからの接触されると怪我をしやすく、選手生命を脅かすほど大変危険なので反則も重く課せられる。?ショベル?パス:シャベル?パス。当然自チームには応援が送られるし、フィールドの状態も慣れているからアドバンテージを得ることができるのだと思います。?ネイキッド:訳通り「裸」という意味です。例えばDLディフェンス?ラインがウィーク?サイドに1対1に並んだりします。

?フリップ?フロック:守備選手を左右に固定するのではなく、オフェンス?フォーメーションの強弱に応じて固定させるシステムのこと。?フィールド?ゴール:3点を狙うために蹴るキックのこと。CBコーナーバック、FSフリーセーフティ、SSストロングセイフティを指す。WRワイドレシーバー等のレシーバーがボールを持って走っていれば、ボール?キャリアになります。俗称はC。因みにB-Backというのもあります。プレーが始まるスナップされるまで、ニュートラル?ゾーンに進入してはならない。NFLではシーズン中は53人までリストに入れることができます。?エンド?ライン:エンド?ゾーンの最後を表す線のことフィールドの一番両端の線です。

ラン?プレーが止まった地点のこと。インターセプトの瞬間から攻撃権が入れ替わりターン?オーバーします。?グラウンド?アタック:ラン?プレーによって攻撃を組み立てること。命を失った選手も多かったそうです。5人目はニッケル?バックという。スクリメージ?ラインは攻撃側、守備側に1本ずつ存在する仮想的な線であり、この2本の線に挟まれた空間をニュートラル?ゾーンといいます。?コンプリート:パスまたはFGフィールド?ゴールを成功させること。?ファンブル?ロスト:ファンブルしたボールを相手チームの選手に確保されること。?スプリット?ティ:OLオフェンスラインが通常よりも広い間隔で位置したT-Formationのこと。

この地区のことをディビジョンといいます。プロではパスの方が攻撃の効率が良いため、この攻撃体型は基本的に使用されません。?ティー:キックオフやFGフィールドゴール、PATポイントアフタータッチダウンでボールを蹴る際、ボールを乗せる台のことを指す。弓のような曲線を動き、LBライン?バッカーをインサイドフィールドの真ん中辺りにとどまらせておく目的で使用されます。攻撃?守備?キックと3つにユニットを分けている場合は、スリー?プラトン制などといいます。?フィールド?ポジション:攻撃側がどのゾーンで攻撃しているかを表しています。縦にスペースが少ないため、ロング?パスが投げられない。

反対語はキル?ザ?クロックスパイクすることです。?ペネトレイト/ペネトレーション:貫く、染み込むという意。ウエスト?コースト?オフェンスの特徴ですね。これはパスが失敗しても時計を止めることができるし、パスが成功してもサイド?ラインの外へ出ることで時計を止めることができるためです。またスモークといい、濃い灰色の付いたものは目線を読まれないようにするために、使用されることが多いようです。 2?DLディフェンスラインがOLオフェンスライン間のギャップに突入することを指す。略称はFG。ウエッジを作る際に腕を組むことは反則となります。

特に攻撃側のブロックにより、守備側選手が仰向けにひっくり返されることは、最大の屈辱とされている。一般的に攻撃側はフィールドを3つに分けて攻撃のパターンを組み立てています。いずれにしてもフットボール?ポジションを取ることが重要である。アメリカン?フットボールではディフェンスは言葉から想像されるような「受身」的なものではなく、積極的攻撃的な守備を展開します。?ロンリー?センター:スクリメージを組んだときにCセンターが1人でぽつんとセットすること。FGフィールド?ゴールで3点を取るため、またPATポイント?アフター?タッチダウンで1点を取るためにボールがキックされるときに使われる。

?ロス:プリビアス?スポット今プレーを開始した地点よりも後退すること。すなわち力の強いOLオフェンスラインに対抗するDLディフェンスライン側の対抗手段。OLオフェンスライン自らが障害物になってDLディフェンスラインのパシュートを妨害することが目的です。?ポイント?アフター?タッチ?ダウン:TDタッチダウンの後に与えられる攻撃権のこと。 1?RBランニングバックの場合、LOSライン?オブ?スクリメージを斜めに突破するプレーのこと。?キック?キャッチ?インターフェアランス:リターナーのキック?キャッチする機会を邪魔した場合にコールされる反則。

デッドボール?ファウルで5ヤードの罰退になります。?リターン?キック:蹴られたボールを蹴り返すことで反則ですサッカーじゃあるまいし。?エヌ?エフ?エル?ヨーロッパNFL Europe:NFLの全世界への普及と若手選手の育成のために設立されたリーグです。RBランニングバックのタイプは様々でカット?バックタイプやパワータイプなどがあり、様々な種類のRBランニングバックを揃えているチームは、様々なラン?プレーを展開できることとなる。また、地域がオーナーのチームも存在します。ミドル?パスを投げるシチュエーションで用いることが多い。?ペネトレイト?ディフェンス:スタンディング?ディフェンスのことです。

通常のフォーメーションではTEタイトエンドを除くインテリア?ラインマンが「T、G、C、G、Tタックル、ガード、センター、ガード、タックル」と左右バランス良く並ばない体型アラインメントのこと。?スナッパー:スナップする人、通常Cセンターのことですが、パントやFGフィールドゴールのときだけスナップする選手がいるチームもあります。?ドライブ:攻撃権を得てから、失うまでの一連のプレーのことをいいます。?イリーガル?モーション:不正なモーションのことで反則。 このチケット代の値段は、私の大学時代の、関西の大学の合唱団のさまざまな演奏会のチケット代とほぼ同じレベルに、あります1200円、くらい?。

イリーガル?サブスティチューションと審判がコールすることが多い。更に外部に硬いプロテクターのような部品がついているグローブも装具の不備違反です。1秒間の静止は攻撃側のみに必要なものなので、攻撃側にしか発生しない反則です。ステップ?バックともいう。守備側の指示もラインバッカーから出ることが多い。プレーを開始するときにはQBクォーターバックが「ハット、ハット、ハット」と声を出すのですが、その何回目のハットでボールをスナップするかという時の、何回目というのがスナップ?カウントです。?ダイブ?バック:I-フォーメーションでのFBフルバック、UB:アップバックのことを指す。

スラント、スクエア?イン、ポスト、コーナー、スイングなどたくさんの種類があります。?ワイド?タックル?シックス:日本では4-4フォー?フォーといわれている守備側のアラインメント配置のこと。チーム?プレーヤーそれぞれに特徴があります。?バイオレーション:罰則規定されていない規則違反のこと。?ゾーン?カバー/ゾーン?カバレッジ:LBラインバッカーとDBディフェンスバックがゾーン地域を分けあって守る、パス?カバレッジパス?プレーに対する守り方のこと。?ダブル?カバー:二人のディフェンス選手が一人のレシーバーをカバーする守り方を指す。

守備側がTDタッチダウンとロング?ゲインのみを許さない目的でDBディフェンスバックを増やして守る守り方。ディフェンスだけの反則ではありません。?レーシオ:比、比率、歩合の意。?サラリー?キャップ:NFLでのルールで各チームに所属する選手のサラリー給料の総額に上限を設けた制度。?ハンド?オフ:QBクォータバックに向かって走ってくる、味方バックスにボールを手渡すこと。?ボール?コントロール?オフェンス:上記の攻撃をシステムとして確立し、攻撃すること。パスがキャッチされるまで、接触することはできません。自陣ゴール前でのギブ?アウエイは即相手チームへ得点を与えることにつながりかねない。

そのための方法論は人それぞれでしょうが、古典を読むことが一つの道になると思います。俗称はSS。しかしながらリターナーはフェア?キャッチ?シグナルにより安全を確保されています。ちなみに白いものを審判が地面に落としているところをみたことがあるかも知れませんが、それはビーンズバッグといい、目印にするために使用するものです。?パス?ラッシュ:ディフェンス選手がパスを投げようとしているQBクォーターバックにプレッシャーをかけ、QBサックキュービー?サックやパス?ミスを狙ってチャージ突進すること。次のゲームに移るときにあっ、居なくならないで…、と、思います。

相撲でいう物言いと同じようなものです。QBクォーターバックがボールを投げる時点のWRワイドレシーバーのいた位置にパスしてもパスは成功しない。通常のフォーメーションでは2人のRBランニングバックの、スプレッドT、ヴィアー、などのフォーメーションで、見ることができます。?ディフェンス?ライン/ディフェンシブ?ライン:ランニングプレーに対する対応とパスラッシュが2大役割です。?ディープ?バック:CBコーナーバック、SFセイフティSSストロングセイフティ、FSフリーセイフティ、NBニッケルバック、DBダイムバックのこと。

QBクォータバックにはボールを隠す敵にボールの位置をわからなくするテクニックがないと、簡単に見破られてしまいます。 3?ディフェンスの場合は、ギャップに斜めに飛び込み、チャージすること。?ロス?オブ?ダウン:罰則に付加されるもので、ダウンを繰り返す権利を失う。つまりCセンター、OGオフェンスガード、OTオフェンスタックルの5人を指す。反対語はホーム。?クリッピング:相手に対する最初の接触が背後で、且つ腰または腰から下に行うブロックのこと。コイン?トスの敗者はコイン?トスの勝者が選択しなかった方を、選択します。?レイト?ヒット:ボール?キャリアがタックル等でデットした後、もしくはボール?キャリアがサイド?ラインに出た後、つまりダウンプレー終了した後、1秒以上遅れてタックルすることで反則。

1秒以上の静止がなかった場合、イリーガル?シフト不正なシフトという反則になります。パスを正確に確保できるかどうか?、は、レシーバー全般特にTEタイトエンドに求められる能力です。WRワイドレシーバーとCBコーナーバックやSFセーフティがせめぎあう地域です。反対はデッド?ボール。?スプリント?アウト:パスを投げるために斜めに弧を描きながら下がる、QBクォーターバックの動き。つまりラン?プレーに素早く反応した瞬間に目ではパスとわかるが、身体が急にはパスに備えられないという状態が、悔しい思いになるのだそうです。不正に時間を進ませたという反則です。

例えば、通常は 4th ダウンでは陣地を回復するためパントを蹴ったり、得点するためにFGフィールド?ゴールを狙います。攻撃側でのみ発生する反則。対義語はスターター。通常はヤードといわれる。ギブ、キープ、ピッチの3つのプレーを選択します。?エンド?ラン:エンドの外側へ展開するラン?プレーのこと。?スケルトン:プレーの動きを確認する目的等で行う練習のこと。?ステロイド:筋肉増強剤のこと。?プロ:アマチュアとの対義語であり、プロフェッショナルお金を貰ってプレーをする選手のことを指す。砲撃手を表す言葉からイメージされるように、リターナーを狙い打つ役目ということでしょうね。

トリプル?オプションやフリーズ?オプションなど様々な種類がある。これは通常のオフ?タックル?プレーよりもブロッカーを多くし、パワーで進んでいこうとするプレーである。現在でも3人のRBランニングバックはゴールライン付近や 3rd ダウンショートのシチュエーションでノーマルTフォーメーションとして見ることができます。?ニッケル/ニッケル ディフェンス:パス?シチュエーションで使われる、5人のDBディフェンスバックがいる、パスカバーを重視する守備フォーメーション。例えば3ヤードのパスをキャッチ後、1ヤードランできれば4ヤード獲得したことになります。

あくまでもDLディフェンスラインのアラインメントに対して表現されます。?プレー?コール:ハドルで攻撃パターンやスナップ?カウントをQBクォータバックがコールすること。?ツイン:片側にレシーバーが2人セットする体型。?ハーフバック:ティT?フォーメーションの時のRBランニングバックのこと。一般的に前半終了間際や後半終了間際で、負けている側のチームが使用することが多い。FBフルバックがボール?キャリアになる場合にはダイブ?プレー、TBテールバックがボール?キャリアになる場合には、ブラスト?プレーかオープンへのピッチ?プレーやスイープ?プレーのラン?プレーが基本となります。

NFLでのイン?バウンズ?ラインは上記のものよりも2本の幅が狭い。?コイン?トス:試合開始前にセレモニーにて両チームのキャプテン各チーム最大4名までを中央に集め、審判大きなボウル?ゲームではゲストが投げることもあるがコインを投げ、ビジティング?チームアウエーが表裏を選択します。OBオービーのことです。攻守交替の場合などに25秒計が使用されますが、基本的には40秒計が使用されます。?タッチ:ボールにさわるすべての行為を指す。インテリア?ラインマン以外の人がパス?レシーバーになれます。現在試合に使用するボールには様々な規定があり、新品もしくは新品同様のボールを使うことになっています。

?エクスパンション:フットボール等のプロ?スポーツの世界では球団増設の意味で使われます。正確にはペナルティー?フラッグといいます。?ピンク?スリップ:プロの世界での話ですが、選手のロッカーに貼ってある解約通知のことです。主にブリッツ、スタント、スラントを多用して守備をする守り方です。略称はWR。つまり11人から先の数字を足したものを引いた人数がDBディフェンスバックの人数を表していることになります。?キュー?ビー?キープ:QBクォーターバックがボールを保持しラン?プレーを行うこと。?ロンバルディ?トロフィー:NFLのスーパーボウル優勝チームに贈られるトロフィーのこと。

ダブルTEタイトエンドの状態から1人がスプリット離れるすると、PRO体型と呼ばれる。?ヤード?ライン:エンド?ラインと平行な全てのライン。?ディフレクト:パスされたボールをディフェンスの選手が、レシーバーがキャッチする前に手を使って、ボールを弾いて触れて、ボールの方向を変化させることです。インテリア?ラインマンの5人以外の選手のことを指しています。?フェア?キャッチ:キック?オフやパントでニュートラル?ゾーンを越えたボールを、リターナーがリターンすることが難しいと感じたときチーム?オーダーのときもありますに片手を頭の上で左右に振り、ボールを安全に確保しようとする行為のこと。

ひどいと、退場になる。?トリッピング:膝から下の足を使って、ボール?キャリア以外の相手の膝から下に足を引っ掛けて妨害したことに対する反則のこと、です。現在ではアメリカの国技の一つに数えられています。反対語である不成功はインコンプリート。パス?インコンプリート=パス失敗。全部通読するのは大変でしょうから、好きな歌や作者のものから紐解いてみるといいでしょう。4th ダウンでパントを蹴る役割を持つ選手はパンターといいます。スーパーやグレートと呼ばれている選手は、このセカンド?エフォートを大切に考えている。?プッシング:開いた手で相手をブロックする押すこと。

近年ではQBクォーターバックがボール?キャリアとして走りたいという機動力の高い選手が多いようで、ポケット?パサーは少なくなっているそうです。アメリカンフットボールでは、フェアーキャッチを行いたい場合に、リターナーが安全にキャッチするために使う合図として、片手を上に挙げて、左右に腕を振り、フェアーキャッチしますよという合図で使われます。OLオフェンスラインが広くセットすることで、RBランニングバックが走る穴が開きやすいといった利点と、ギャップに位置したDLディフェンスラインをアングル?ブロックしやすいといった利点がある攻撃体型。

2人のRBが「Iの形」から「Tの形」に変化するには、2人とも移動しなければなりませんので、この場合の移動をシフトと呼びます。?フォワード?プログレス:ランナーボール?キャリアによる前進終了地点のこと。RBランニングバック、LBラインバッカー、SFセイフティは両者の中間的なものを使います。?エンド?ゾーン:エンド?ライン、ゴール?ラインとサイド?ラインの3本のラインに囲まれたゾーンのこと。?ターン?オーバー?レシオ:ターン?オーバーすることによる攻撃権獲得回数からターン?オーバーされることによる攻撃権喪失回数を引いて求められる値のこと。

?ホース?カラー?タックル:ボールキャリアの首元付近を掴んで、直ちに引き倒した場合にコールされる反則。時計を止めるためのスパイクである場合、OTオフェンスタックルの外側から投げるパスを除いて、パスはレシーバーにいるところに投げなければなりません。誰にボールを渡すのかといったことをプレー状況に応じて判断を行い守備を行います。?イリーガル?コンタクト:腰から下にクリッピングしたり、ボールキャリアー以外の選手に背後からタックルした場合にコールされる反則のこと。ラインのすぐ横にいるエンドだからタイトエンド。3rd ダウン?コンバージョンなどと使われる。

?オープン?フィールド:攻撃側から見て守備の手薄なところを指します。その場合も冗長になりすぎてはいけません。昔はダブルTEタイトエンド体型が普通でしたが、現在はTEタイトエンドとSEスプリットエンドがいる体型が普通になったそうです。俗に言う2段モーション。?プレー?クロック:プレーが開始できる状態になってから40秒以内にプレーを開始しなければなりませんが、その残り時間を示す時計のこと。守備の要となるところに位置し守備の中心である。キャッチした後はセカンド?エフォートボールをキャッチした後、少しでも前進しようとするレシーバーの努力することが勝利を近づけることになります。

このように不利に見られているチームが勝利するとアップ?セットになります。?リカバリー:ファンブルしたボールを再確保取り戻すすること。反対語はストロング?サイド。?フェイス?ガード:顔面を保護する目的で装着することが義務付けられている防具の一つです。?インターフェアランス/インターフェア:相手のプレーを不正に邪魔することで、反則。それに対して後ろ向きでぴったりマークし、また、このままでは抜かれると感じた瞬間には、体勢を反転させ、前を向いて走ります。?ターン?ボール:レシーバーの走っている方向とは逆に飛んでくるボールのこと。

攻撃ラインが位置する最も外側からサイド?ラインまでのエリアがアウト?サイドといい、このエリアを守る役割を持つラインバッカーのこと。日本のプロ野球で言う名球界みたいなもの。つまり、これを越えたらTDタッチ?ダウンであることを示す線面のことである。カット?バックの際にはフェイントを併用することが多く、つまりディフェンスの選手からのタックルを避け、ディフェンスの選手をかわす目的でカット?バックを行います。つまり 3rd ダウンまでに10ヤードを進むことができなかった場合には、FGフィールド?ゴールで3点を得点するチャンスがあるというフィールド?ポジションといえます。

一般的には強いDLディフェンスラインに対して二人のOLオフェンスラインがブロックを行うこと。?ホールディング:ボール?キャリア以外のオフェンスのプレーヤーが手をディフェンス選手の後ろに回したり抱っこするような形、ジャージを掴んだり、ジャージを引っ張ったりした行為に対する反則のこと。?パンプ/パンプ?フェイク:QBクォーターバックがパス?ディフェンスを混乱させるため、パスを投げるフリをすること。2本の垂直のバーは18フィート6インチ約5.64mでなければならない。従って、ボールが空中にあっても得点になる。それ以外で選手交代が発生すると交代違反となる。

しかし、4Qで負けていたりする場合、勝つ可能性に賭けて、通常通り、オフェンスの攻撃を行うことが多くなります。システムによって名前が異なる。一般的にはスイープ?プレーのようにブロッカーがプル?アウトしたりする遅いタイミングのラン?プレーのことではなく、素早く展開されるラン?プレーのことを指しています。フェイス?ガード顔を守っている金属の部品はディフェンス側から見ればつかみやすいが、掴み易いからといって、この部分を捕まえて倒すと、首?脊椎に重大な怪我を与えかねないため反則となる。これは、攻撃チーム、守備チーム、スペシャルチームの3つにわかれて戦うシステムです。

?ゲーム?クロック:試合時間を示す計時装置のこと。フットボールがはじまった頃は動物の腸を使っていたそうで、腸の形から現在のボールの形になったそうです。アメリカンフットボールのシーズンは、秋から冬にかけてです。反対語はゲイン。?デイライト:夜明けに日光が射すという意味です。?無資格レシーバーのダウンフィールドへの侵入:無資格レシーバーがLOSライン?オブ?スクリメージを越えたダウンフィールドに侵入した状態で、フォワードパスが投げられた場合にコールされる反則です。守備側の理想の守り方とされています。キック1点、パスやランで2点。

?パス?ツリー:パス?コースと同義。?フリー?セイフティ:DBディフェンスバックの一員でディフェンスの最後の要となるポジション。?スラント:斜めに移動すること。?カップ:パス?プレーのときQBクォーターバックはパスを投げるため、ドロップ?バックしながら後ろに下がります。要は反則があったということです。一般的にはボール?キャリアーといわれる。反対語はコンプリート=成功。ディフェンス側はサイド?ライン際をケアするのですが、ロング?パスも警戒しておかないと、一発?タッチ?ダウンを奪われることになりかねません。?インフルエンス:力ではなく影響力を利用して行うプレーのこと。

ダイムにしてもニッケルにしても、パスを重点的に守るやり方です。オフェンスはQBクォーターバックがサイド?ラインからの伝達を理解し、その他の全員に次の攻撃体型、プレーの種類とスナップ?カウント=スタート?タイミングを伝えます。以下は、http://homepage3.nifty.com/jambouの「アメリカンフットボール用語辞典」で勉強させていただいたものです。前者はオープン?サイドへのラン?プレーのときに使用されることが多く、後者はオプション?プレーのときに使用されることが多いです。日本人の選手も数名在籍しています。?ラフィング?ザ?キッカー:キックした直後にキッカーに対してタックルやブロックをすること、で反則。

シグナル手を振るを出せば、キッキング?チーム側はタックルをすることを禁止され、レシーバーこの場合はリターナーは安全にボールをキャッチできます。?イリーガル?ブロック?イン?ザ?バック:背後からの不正なブロックのことで反則。?ヤード?マーカー:サイド?ライン近くにおいておき、ダウンインジケータを補完するもの。パーソナルファウルはオフセッティング相殺されません。つまりLGレフトガードがLTレフトタックルの外側へ向け走ればプル?アウトであり、RTライトタックルの外側方面へ走れば、プル?インである。つまり攻撃側はインサイドのラン?プレーを見せることでアウト?サイドへのラン?プレーやパス?プレーを効果的に選択することができるのですが、インサイドのラン?プレーをしっかりと止めることができれば、その他のディフェンス選手は集中してインサイド以外の場所を守ることができ、自チームの勝利を近づけることができるのです。

?フロット?パターン:2人以上のレシーバーが守備の1つのゾーンの所に入ってくるパス?パターンのこと。?オープン/オープン?プレー 1?守備側から見た場合、OLオフェンスラインの外を走ってくるラン?プレーのことを指します。?ニー?ダウン:ボール?キャリアーが膝をついてプレーをデッド?ボール終了すること。オフェンス?ラインの動作を調査する。3rd ダウン?インチの時に用いられることが多い。TEタイトエンドへのパスが多く投げられる場所である。 近年ではほとんど見かけない攻撃体型です。キックが決まれば1点、プレーランかパスが決まれば2点が追加されるこの2点を狙った場合を、ツーポイント?コンバージョンといいます。

つまりSEスプリットエンド用、TEタイトエンド用、FLフランカー用、RBランニングバック用のそれぞれパス?コースがあり、実際のプレーではそれらが組み合わせて使用されます。なぜならばボールはライブ?ボールのままであるためフリー?ボールになり、ディフェンスの選手に取られてしまったら、そのままTDタッチ?ダウンされてしまう可能性があるからである。ストレートやフライパターンともいう。俗称はSE。FGフィールド?ゴールやPATポイント?アフター?タッチダウンで使われる。目的はディフェンスからのプレッシャーやタックルを避けつつ、レシーバーが遠くまでを走る時間を稼ぐためである。

従ってDLディフェンスライン3人とLBラインバッカー1人で残りはDBディフェンスバックという極端なアラインメント選手配置になる。?マン?カバー/マン?カバレッジ:ディフェンス選手が一対一でオフェンス選手をカバーすること。トーナメント戦といっても1試合で勝利チームが決まるのではなく、数試合を経て勝者が決まります。PRO-I体型で考えた場合、ストロング?サイドはTEタイトエンドのいる方になるが、UBアップ?バックがTEタイトエンドと反対側にずれた場合、非常にバランスのよい体型になる。モーションはLOSライン?オブ?スクリメージに対して平行もしくは後方でなければなりません。

これら2つのデータを使ってパス成功率を出すことができます。?テンデンシー:傾向のこと。QBクォーターバックにとって重要な意味を持つ言葉です。?プレース?キック:地面かキックング?ティーボールを置く台にボールを立てて蹴るキックのこと。8メンフロントなので攻撃側にプレッシャーを与えやすいという利点を持ちますが、反面プレッシャーをかけられないと簡単にパスを決められてしまいます。あまり良い意味ではありません。?インジュリー?レポート/インジュリー?リスト/インジュリー?リザーブ?リスト:NFLの選手が怪我で試合に出られない場合に、チームが外部にレポートとして表示するもの。

?ダイム?バック:6人目のDBディフェンスバックを指す。?フレア/フレア?パス:サイド?ラインに向かって走っているRBランニングバックへ投げられるパス?パターンのこと。その他の審判が見た反則の内容を判断し、観客や記者に向かって反則の内容を通知します。?カバレッジ:カバーと同義。このことからレシーバーであってもラン?ブロックの重要性は高いといえる。この時間が多いということは、相手の攻撃時間を減少させた消費したということになる重要な指標です。強豪と呼ばれているチームほど、セカンド?エフォートの大切さを知っている。サイド?ライン上はアウト?オブ?バウンズです。

キック?オフやFGフィールド?ゴール、PATポイント?アフター?タッチダウンの時に登場するユニットグループのこと。?パス?プロテクション:パス?プレーの時に主にOLオフェンスラインが、QBクォーターバックがパスを投げるための時間を作るために下がりながらポケット壁をつくり保護することを指す。アメフトはラン?プレーとパス?プレーで通常の攻撃が構成される。腰に2本の紐をつけます。ボール?キャリアーにタックラーを近づかせないことがウエッジの仕事です。?ピストル?フォーメーション:ショットガン?フォーメーションと比較してピストル、なのだそうです。

つまり、審判がボールを次のプレーのために準備したら=レディ?フォー?プレー、その都度新しくこのラインが設定される。略称はQBキュービーと呼ばれます。一度に複数の場所を攻撃目標にするため、守備側は守りにくいという特徴を持つ。てるてる坊主のような形になっており、頭の部分には砂がおもりとして入っています。ゾーン?ディフェンスに対抗するセオリー。一般的に敵陣30ヤード以内に侵入していれば、フィールド?ゴール?ポジションと呼ばれます。これによりシングル?ウイング体型の利点とティー?フォーメーションの利点のいいとこ取りを狙った攻撃体型といえます。

一方敵チームにとってはブーイングクラウド?ノイズや慣れていないフィールド地面の硬さ、芝生の長さ等に、アドバンテージを失うことになるのだと思います。つまりゾーン?ディフェンスを行っている場合のゾーンとゾーンの切れ間の意味。 2?QBクォーターバックがRBランニングバックにピッチするフリをすること。?スプレッド:広げるという意味。10ヤードを越えたボールはフリー?ボールであるため、キックをした側でもボールを確保することができる。よく見かけるのはロング?パスを成功させるためにショート?ゾーンにいるレシーバーにポンプ投げるまねし、守備側がそれに反応したところで、ロング?パスを投げるというプレーです。

スペシャルチームが活躍するシチュエーションで、キックオフリターンやパントリターンの前進を食い止めるのが役割です。チームの関係者選手、コーチ、トレーナー、チームドクター等しか入れない場所。?スライディング: 1?オプションプレーでQBクォーターバックがFBフルバックのつくるポケットからボールを抜いて、LOSライン?オブ?スクリメージに平行に動くこと。?ツー?ポイント?コンバージョン:TDタッチ?ダウンの後、PATポイント?アフター?タッチ?ダウンの機会が与えられます。俗称はSFで、ランプレーではLBラインバッカーのフォローを行い、パスプレーではコーナーバックのフォローを行う。

類似語にプレー?コーラーがある。ボールを持って走った人をキャリアーという。例えば、ロング?パスが成功したが、その前にWRワイドレシーバーに対してパス?インターフェアーの反則があった場合、反則を取ると15ヤード前に進んで 1st ダウンのやり直しになりますが、反則を取らなければパスの成功地点からの攻撃になります。?スピアリング:ヘルメットのてっぺんで相手に突き当たる行為で、反則。因みに守備側はRDEライト?ディフェンスエンドにベスト?ラッシャーを入れることが多いです。?リターン?タッチダウン:キック?オフされたボールをリターナーがTDタッチダウンすること。

守備側はランやパスに対するカバーの動きを確認する。略称はR。?リプレイ?オフシャル:微妙な判定の場合、VTRなどを見てプレーの判断を下すオフィシャル審判のこと。社会人と学生のそれぞれのチャンピオンが対戦します。?スクリメージ:レディー?フォー?プレーの後、両チームの選手が、ボールをはさんで相対する行為。?ビロー?ザ?ウエスト:ブロッカーの体の一部を、相手の腰から下に最初に接触させることで、見えないところからブロックされることになり、ブロックを回避するのが難しく危険なので反則となります。トライ?フォー?ポイントTFP、エクストラ?ポイントと同義です。

?サック:ディフェンスのプレーヤーが、パスを投げようとするQBクォーターバックをタックルすること。また、ハーフバックはパス?ルートに出やすい為、パス?ターゲットとなることも多い。ただ、そのときに心がけたいのは、主観的な感情を述べるのではなく、客観的な状況を述べるようにすることです。?シュアー?ハンド:確実な手の意、で、パスを受ける能力が高い選手に対して、「いい手シュアーハンド」、を持っている、といいますジェリー?ライスは、God Hand神の手を持っているそうです。?パート?リーダー:各ポジションのリーダーのこと。反対語はインエリジブル?レシーバーです。

そこでリターナーを保護するためにこのルールがあります。たとえばオフタックルへのランプレーをすると見せといてフェイク、その反対側へQBクォーターバックが走るなど。横に広い?広がったフォーメーションをいいます。例えばロング?パスを投げたときに、WRワイドレシーバーとCBコーナーバックの間の争いでCBコーナーバックがボールを取らせたくないためWRワイドレシーバーのジャージをつかんだり、腕をつかんだりして、この反則がよく起こります。つまり15ヤードを越えるパスが成功していたならば、ディクライン反則をとらない=プレーを有効とするした方が特になる、ということです。

俗称はTBや、エースのA。チェーン?クルーと呼ばれる人が管理します?ダウン?フィールド:攻撃側から見てLOSライン?オブ?スクリメージより前方の場所、つまり守備陣がいる方を指します。ちなみにスカウティングを行うのはあくまでも試合会場であり、相手の練習会場に行ってプレー等を盗むことではありません。?スロート?スラッシュ:TDタッチダウンやQBサックやインターセプトの際に、相手を挑発する目的で行う首切りのジェスチャーのこと。アウト?オブ?バウンズにボール?キャリアが自ら出ると時計が止まります。?アイソレーション:攻撃選手が守備選手を孤立させ、その影響でできた穴を走り抜けるプレーを指します。

?ミス?ディレクション:オフェンスがディフェンスをだますために使う手段?行為を指す。試合終了間際に時間を消費したい攻撃側が行うことがある。?パンケーキ:複数のディフェンス選手がボール?キャリアを挟み込むようにタックルすること。フィールドで見ることができるのは4人~7人の縦縞のジャージを着ている人です。スクランブル?エッグの意味、つまりかき混ぜること=混乱させるという意味も、含まれているようです。アップ?セットの方がメジャーだそうです。?ホール?オブ?フェイム:名誉の殿堂のこと。つまり、3rd ダウンまでに10ヤード進むことができなかったため、4th ダウンで攻撃を失敗してその位置から攻撃権が変わるよりは、自陣のエンド?ゾーンから遠いところから攻撃してもらった方がいいので、4th ダウンはパントを蹴ることが多いのです。

?コーナー?バック:WRワイドレシーバーにピタリと張り付く、最もアスリートが担当するディフェンス側ポジションと言われます。「風上にエンドを取る」「太陽を背にエンドを選択した」という風に使う。アウト?オブ?バウンズでパスを取ってもパス失敗パス?インコンプリートになります。守備側から見ればタックル?ミスが即TDタッチ?ダウンにつながるデンジャー?ゾーンといえる。?アンダー?レビュー:オフィシャル審判がビデオを見てプレーの確認を行っていることを表します。パスにもランにも対応することのできるバランスの取れた守備体型とされています。

?スプレッド?ティー:TフォーメーションのHBハーフバックが左右に広く開いた体型。その目的はQBクォーターバックがパスを投げる場所?時間を確保するためです。ヘルメットを不正に使うとスピアリングヘルメット?トゥ?ヘルメットの反則になります。ニー?ダウンの目的の1つはボール?キャリアがタックルを受けないためにニー?ダウンすることであり、もう1つは時間を消費するために行う試合終了間際に勝っているチームがする行為。?テイク?アウェイ:インターセプトやファンブルにより攻撃権を奪取すること。その他のセブンメン?フロント体型は4-3、3-4といった守備体型があります。

パーソナル?ファウルです。69年総理府入省。一発のロング?パスでモメンタムが変わってしまうこともしばしばあります。分類上フォワードパス=パスを落とした場合はパス失敗とみなされます。略称はNT。役割は相手に対するアジャスティング対応である。プル?アウトは自分のセットした側の外側に走るが、反対に内側に走ることをプル?インという。安いものはお湯で軟らかくしてから自分で噛んで歯形をつけます。通常、特定の攻撃選手をキーにして判断を行います。?ミドル?ラインバッカー:4-3ディフェンスフォー?スリー?ディフェンスで3人のLBラインバッカーの真ん中に位置する人を指す。

どんなに身体能力が優れていても一人で勝つことができないのが団体競技です。ディフェンス側からみたフィールド?ポジションはレッド?ゾーンといい、ゴール前専用のゴール?ライン?ディフェンスを選択するチームが多いです。?リバース/リバース?プレー:いわゆるスペシャル?プレーです。?ヘイル?メリー:負けているチームがインターセプト覚悟でエンド?ゾーンに投げ込むパスをいう。?アリーナ?フットボール:室内で行われているアメリカン?フットボールのことで、アリーナ?フットボール?リーグという組織もあります。?交代違反:プレーが終了している状態であれば何人でも自由に交代することができるが、12人でハドルを行った場合、11人を超える選手がフィールド?オブ?プレー上に存在する状態でプレーを開始した場合は、交代違反の反則となります。

?ゾーン?ブロック:割り当てられたエリアの中の敵をブロックする。2ポイント?スタンス2本の足で立った状態、3ポイント?スタンス2本の足と1本の腕でセットした状態、4ポイント?スタンス両手両足を地面につけた状態等がある。?プロ体型:Pro-IやPro-Tといった攻撃フォーメーションを聞いたことはありませんか?このProはプログレッシブのことで、TEタイトエンドとSEスプリットエンドがいる攻撃体型を指します。すなわち一連の攻撃のことです。?インテリア?ライン/インテリア?ラインマン:OLオフェンスラインのこと。ピンチの時にも確実にパスをキャッチしてくれるレシーバーがいるチームはチームもQBクォーターバックも大変心強い。

行動範囲が広く、その役割も大きい。?バック?ペダル:CBコーナーバックがWRワイドレシーバーをマークするために使うテクニック。?ホール:ボール?キャリアが走るための道のことです。RBランニングバックが3人いる体型のため、短い距離を確実に獲得したい場合に使用される。一般の関係者は上ることはできません。?トライアウト:オフシーズンに行われる選手の選考テストのこと。ショートヤードが欲しいときに使われる。?プリビアス?スポット:最後にボールがプレーに移されたボールが置いてあった地点のこと。?イリーガル?パス:前パスを2回以上投げた場合にコールされる反則のこと。

手を開いたまま相手のフェイス?ガードに触れた場合は5ヤードの反則となり、指が曲がっていれば15ヤードの反則となります。?スポッター:スタンドの高いところから、情報をベンチに指示する役割を持つチーム関係者。別名スーパー、トリプルともいう。いずれにしても素早い反応をするディフェンス特にLBラインバッカーに対して効果的に攻撃することのできる方法といえます。攻撃選手対守備選手の個人対個人の戦い、チーム対チームの戦いのいずれにも用います。成功した回数をコンプリートCompと言います。?モンスター:DBディフェンスバックのことを指し、役割はローバーRとほとんど一緒です。

分類上パス?インコンプリートパス失敗となり時計が止まる。?櫓:大学グラウンドで試合がある場合などに準備される構造物。元々はQBクォーターバックをガードする目的で設定されたポジションのようです。?ハーフ?ボーン:ウィッシュボーンYフォーメーションのHBハーフバックの片側サイドの1人がいない攻撃体型。反面、シグナルを出すとリターンするために移動3歩以内はOKすることができません。1946年、富山県生まれ。反対に試合時間を止める目的で行う行為はキル?ザ?クロックスパイクすること:QBクォーターバックがスナップ直後に足元にボールを投げ捨てるといい、スパイクはパス失敗とみなされ試合時間が止まります。

?インコンプリート:失敗のこと。?ハドル:ダウンとダウンの間に、フィールド内の選手間で作戦を伝達しあうこと。?ターン?オーバー:インターセプトやファンブルでオフェンス側が攻撃権を失い、ディフェンス側に攻撃権が移ること。OLオフェンスラインとDLディフェンスラインが争っているときに隙間を見つけ走るRBランニングバックに対して、「目がいい=デイライトを見つける能力がある」と表現することがあります。?キュー?ビー?サック:QBクォーターバックを捕まえること。従って「T、G、C、G、T」と「TE、T、G、C、G、T、TEダブルTE体型」という2通りがあります。

?口パン:スクリメージを組んだとき、つまりOLオフェンスラインとDLディフェンスラインが向かい合った相手と「お話?」をすること。急激にスピードを落としたり、急激にスピードを早くすることで、ディフェンダーを振り切ることがこのテクニックを使う目的。またラン?プレーに対しては、とどめを刺す=最後の要役割があります。野球の打席、みたいなものです。?バンプ:守備側の選手主にCBコーナーバックが使うテクニック。罰則の施行後はプレーのリピート1st ダウン10で5ヤードの罰退となった場合には1st ダウン15となる。?サム:ストロング?サイドに位置するLBラインバッカーのことで、SLBストロング?サイド?ラインバッカーのことである。

パスが得意なところや、ディフェンスからプレーを組み立てていくところなど、十人十色の個性があるからおもしろい!その傾向を探るためにスカウティングを行います。因みにダイブといっても、常に、ジャンプしたり飛び込んだりするわけではないそうです。?反則:罰則が規定されている規則違反のこと。サラリー?キャップのおかげで、一つのチームが長年に渡って、強豪としてスター選手を多数囲っておくことができず、選手の流通が活発化します。相撲で言うところの「ものいい」に当ります。タイムアウトの無い攻撃チームが選択する戦法。SEスプリットエンドは俗に言うWRワイドレシーバーでパス?レシーブが専門の選手。

?セイフティ?バルブ:安全弁の意。?アンスポーツマン?ライク?コンダクト:口汚い言葉を発言することやスポーツマンらしくない行為オーバー?セレブレーションを含むを行うことに対する反則のこと。日本のプロ野球のように企業がチームを所有するのではなく、NFLでは個人がオーナーのチームが多数存在します。?アップセット:大番狂わせが発生したことを指す。?エージェント:プロの選手個人に変わってチームと契約を結ぶ人を指します。勝利をほぼ手中にした守備チームが相手攻撃陣に時間を消費させるために行う守備側の手段で、ある意味ディフェンスが行うイート?ザ?ボールといえるかもしれない。

?ジャージ:ショルダー上半身を保護する防具の上に着ている、ユニフォームのこと。?ホーム?フィールド?アドバンテージ:自チームの本拠地で開催するゲーム試合が有利になるということを表します。審判は360度全てから選手を観察することでパス?キャッチの正当性は反則の有無を判断します。ボールが前方に投げられるまで攻撃側ラインマンはLOSライン?オブ?スクリメージを越えてはいけません。?グリッド?アイアン:鉄格子の意味。?キュー?ビー?スニーク:QBクォーターバックがボールを保持し、こっそりと守備側に飛び込むこと。?ブレイク?バック:ボールをたたきつけるようにパス?カットすること。

ブロックを受ける側の見えないところ背後からブロックされると、対応することができないため怪我をしやすいので反則となります。いずれにしてもアジリティとダッシュはフットボール選手にとって基本的なトレーニングとなります。?ツー?ミニッツ:2Qと4Qの残り時間2分前後半の終了間際のこと。?ヤーデージ:プレーヤーかチームがゲイン前進、またはロス後退した距離を指す。また、ブラスト?プレーなどでは重要なリード?ブロッカーになるポジションである。?ラン?プレー:QBクォーターバックからRBランニングバックにハンドオフ手渡しされたボールを持って、攻撃するプレーのこと。

?スナップ?バック:パントやFGフィールドゴールのときにスナッパーがボールを後方に送ること。パス?プレー時にQBクォーターバックがドロップバックしますが、QBクォーターバックにプレッシャーを与えるためにラッシュしてくるディフェンダーの裏をかいて行うパス?プレーである。一部リーグじゃなくても、ぜんぜん、良い、と、思っています。これを行う目的は、QBクォーターバックとのコンビネーションタイミングを崩すことです。決められたこと/与えられたことを実行できるか/できないかが勝利の鍵です。あまりにひどい行為であった場合には退場です。

昔は、チア?ガールと言っていましたが、応援は女性だけがするものではなく、差別用語の一つとなっていますので、この用語は使わない方が無難だそうです。更に別のシチュエーションでは、負けている側のチームがキック?オフの時にオン?サイド?キックを選択します。パス?インコンプリートパス失敗になると時間が止まります。?あおてん:仰向けにひっくり返されること。?ダイム:貨幣10セントにちなんだ言葉で、DBディフェンスバックが6人のパス?シチュエーション専用の守備フォーメーション。走っているとき、その前方に投げられたボールリードボールは取りやすいが、後ろに飛んでくるボールは取りにくい。

基本の型を押さえたうえで、プラスアルファとしての状況描写ができるようになれば、その次の段階は自分の個性との相談になるでしょう。?ラインバッカー:パスとランの両方を守る役割を持つ守備側の中心に位置するポジション。?ワイド?アウト:OLオフェンス?ラインの端から左右に大きく離れた開いた位置にいるレシーバーのこと。趣旨は上記ラフィング?ザ?キッカー同様、パスを投げた直後はタックルやブロックに対応できないため、パサーを保護する目的で、この反則があります。それを指数化したものをレーティングといいます。?ディフェンス:守備のことです。

?トライ?フォー?ポイント:エクストラ?ポイント、ポイント?アフター?タッチダウンPATともいう。賞と共にトロフィーが送られるのですが、そのトロフィーをハインズマン?トロフィーといいます。守備陣との距離を取ることと、レシーバーを探すための時間を稼ぐことが目的。?インジュリー?タイムアウト:審判がプレーにより怪我した選手を保護する目的で取るタイムアウト。パス?プレーの時にQBクォーターバックを守る役割とRBランニングバックのランコースをこじ開ける役割、及びリード?ブロッカーとしての役割があります。略称はRB。パントやFGフィールド?ゴール、PATポイント?アフター?タッチダウン、キック?オフなどがキックになります。

?オンサイド?キック:キックオフの際、ボールを遠くに蹴り飛ばさず、10ヤード以上転がし、そのボールをキック側が押さえて、攻撃権を得ようとするギャンブル?プレーである。つまりパス?カバーに6人を費やすということは、残りの5人でラン?プレーをケアしなければならないということである。相手の過剰反応を誘うプレー。理想はボールをインターセプトすることであるが、それができなければ、ボールを地面に叩き落とすことが次善のプレーとなるそうです。攻撃側はTEタイトエンドとSEスプリットエンド。?オフィシャル?レビュー:2ミニッツ?ウォーニングを過ぎてから前後半の残り時間2分以内の場合で、試合の結果を左右するようなプレーが行われた場合、審判が時計を止め、ビデオを見ながらプレーを確認して、判断を行います。

?ハーフ?タイム:前半と後半の間2Qと3Qの間の時間のことです。?バーチャル?1st ダウン?マーカー:TVで観戦している人に 1st ダウンの位置を示すために表示されている黄色や緑色のラインのこと。ラン?ケアに重点を置いている守り方です。サクシーディング?スポットのこと。AFCとNFCの両カンファレンスのTOPが試合に出る。?トリップス:オフェンスの攻撃体型を表す言葉で片側にレシーバーを3人置くこと。10とか20とか書いている線のこと。?40秒計:プレーが開始できる状態になってから40秒以内にプレーを開始しなければなりませんが、その残り時間を示す時計のこと。スナップ開始時の位置からダウン?フィールドに直線的に走り、その後内側にカーブ弧を描きながらしながら捕球するパターン。

裏をかいたプレー。レッド?フラッグを投げることで審判にチャレンジを宣言することで、審判はビデオを見て判定をやり直します。どのようなパス?プレーに対しても対応できるという利点を持つ反面、同一ゾーンに複数のレシーバーが侵入した場合には、フリーになるレシーバーが出てしまうといった欠点も持つ。固定式、取り外し式などあり、金属製やゴム製など、ポジション向けに様々な製品があります。?アイソレート:孤立させるの意。ヘルメット前面の顔面をカバーする部品金属製はつかみやすいが、この部分をつかんで相手を倒すと脊髄を痛めたりするため、反則となっています。

?プレー?オフ:ポスト?シーズンレギュラー?シーズンの後に行われる試合のことで、各ディビジョンで一位のチームとワイルド?カードの権利を得たチームが進出することのできる試合です。ラトラル?パスとも言います。この反則を犯すと重い罰を受ける。1人が移動するだけでバランスが変わる。パス?キャッチ、キック?キャッチなどという風に使います。基本的にはパス?インターフェアランスのこと。?守備ライン:ディフェンス?ライン。隙をみせ罠を仕掛け相手が引っかかったところを攻撃する。?チャレンジ/チャレンジ?システム:以前インスタント?リプレーとしてNFLでルール化していたものを現代版にアレンジしたルール。

例えば、控えQBクォーターバックのことをバックアップQBキュービーなどといいます。4th ダウン?インチの場面でパントを蹴るのではなく、ギャンブル?プレーとして 1st ダウンの獲得を目的として行われることが多い。敵チームにモメンタムがある場合、ひたすら我慢!モメンタムをつかんだチームが勝利に近づくといっても過言ではありません。トリップス、トリプルともいいます。?パス?カバー/パス?カバレッジ:パスプレーの場合に、守備側が守ることや戦術のこと。?スプリント?ドロー:QBクォーターバックがスプリントアウトしながらRBランニングバックにハンドオフするドロープレー。

?エリア?ブロッキング:攻撃ラインのブロックの方法のこと。例えば右にセットしたWRワイドレシーバーが、スナップと同時にRBランニングバックのセットしている位置付近を通り左サイドに走り出し、QBクォーターバックからハンド?オフをもらい、そのまま走るプレー。?サンクス?ギビング?デー?ゲーム:感謝祭11月末に行われる試合のこと。?レース:ボールの縫い目のことで、ルールでレースの数等の細かい決まりがある。TVや試合会場でCセンターを中心に円陣を組んで、話をしているのを見たことがあると思いますが、それがハドルです。当然左右に存在します。

リターナーは勢いが付いたプレーになるため、非常に怪我をする確率が高く、そのため若手が担当することが多いのです。オフェンス側はどのようなプレーも選択することができ、ディフェンス側からはプレーを絞って守ることのできないゾーンといえます。ほうきで掃くという意。観客の視点ではサッカー同様に試合開始の合図がキックオフです。?コーチング?ライン:両25ヤードライン間でサイドラインの外側6フィートにある線のこと。NFLのレシーバーはこれらの能力を両方持ち合わせていないと、選手として生き残ることは難しいです。?フォーメーション:攻撃体型や守備体型のこと。

試合中は手のひらに書いてあったり、リストバンドにカンニング?シートを入れていることもあります。?アンパイア:ディフェンス側のLOSライン?オブ?スクリメージの後方5~7ヤードに位置します。QBクォーターバックにRBランニングバックとしての機能を持たせて、パスとランのプレーの選択の幅、どのランナーにボールを持たせるかといった選択肢の幅が、ディフェンス側へ与える脅威を増大させているのだと思います。?オール?プロ:当該シーズンに活躍したベストなメンバーを指す。?レッドゾーン?オフェンス:レッド?ゾーンでの攻撃のことを指す。また、2人以上の攻撃選手が移動することはシフトといいます。

 2?トラップ?ブロックのこと。?ハッシュ?マーク:インバウンズ?ラインのことで、次の攻撃開始地点を表すのに用いる。?スーパー?ボウル?リング:スーパー?ボウルの勝者に対して与えられる指輪。パワー?オフ?タックルというプレーもある。様々な意味で使われます。一発逆転のロング?パスを狙う場合に使われる。セイフティ?バルブ安全弁としての役割もあり、他のレシーバーがカバーされていたときのバック?アップ?レシーバーとして用いられることもあります。?インフルエンス?ブロック:力を使うのではなく守備選手をボール?キャリアから遠ざけたり、反応を遅らせるために行うおとりのブロックのこと。

例えばNGノーズガードとMLBミドルラインバッカーの守る場所を変え、NGノーズガードは本来MLBミドルラインバッカーの守る場所を守り、MLBミドルラインバッカーは本来NGノーズガードの守るべき場所からブリッツをかける。ショットガン?ドローの場合にはスナップを受けてからRBランニングバックにボールをハンド?オフ手渡すことになります。バーチカルは直訳で垂直。?レスポンビリティ:責任。?スタンディング?ディフェンス/スタッティング:LBラインバッカーとDLディフェンスラインがお互いに守るところを交換しながらブリッツをかけるスタンディングを多用する守備のこと。

?ロール?アウト:QBクォータバックがパスする時に、サイドラインの方に弧を描きながら移動するコースのこと。?プログレッシブ:進行?進展?進歩といった意味です。?ディレイ?オブ?ゲーム:NCAAではレディ?フォー?プレーがかかってから、25秒以内にプレーを開始しなければ反則になります。このようにRBランニングバックとは反対に走るプレーはブーツレッグといいますが、ブロッカーがいない場合は特にネイキッドといいます。?ランニング?バック:QBクォータバックの後ろに位置する、主にボールを持って走ることが仕事である選手のこと。?ニー?パッド:膝を守るために装着している詰め物。

?クリス?クロス:パス?プレーの際に、複数のバックスが十文字十字架の形に交差するプレー。?ステーショナリー?タックル:前方に向かっていって行うタックルではなく、ボール?キャリアを待ち受けて行うタックルのことを指す。?デイライト走法:デイライトを見つけて走る方法。Fleaが「蚤」を表す言葉でボールがぴょんぴょん蚤のように飛ぶ様子から名付けられたようです。?スプリット:様々に用いられる言葉だが、単にスプリットといった場合には、OLオフェンスライン間の間隔を指すことが多い。略称はPAT。クイックリーなどともいう。他にも身長の高い選手と低い選手が対自した場合や、強いDLディフェンスラインに対して明らかに力の劣るOLオフェンスラインが相手になった場合もミスマッチである。

つまりチームに無くてはならない選手ということである。振りかぶってパスを投げる訳ではなく、下からトスをするので守備側にはわかりにくいパスとなる。?ダブル?クラッチ:Cセンターのスナップが複数のモーションに別れること。アイ?フォーメーションを使った次に、ワンバック?フォーメーション、ショットガン?フォーメーション等を使うといった、ディフェンスにポイントを絞らせないオフェンスのこと。これはファンブルに直結するため、あってはならないことです。これによりヘルメットが固定されるため、脳震盪など重大な怪我を防ぐことができる、といわれているそうです。

?モビリティ:試合の流れを表現する言葉。?プレー?ブック:チームの戦略?戦術フォーメーションやアサインメント等を含むが網羅されている本のこと。動詞はエクスキュート。これは、当時、キートンが経済的に困窮していることを伝え聞いたチャップリンが、何らかの助けになれば、と、起用した、というものなのだそうです。つまりリード?ブロッカーの後をボール?キャリアが走ることでオフ?ガード辺りを狙って行われることが多い。4-3Rフォー?スリー?ローバーや5-2Rファイブ?ツー?ローバーといったディフェンス?アラインメントでよく使用される。コンテイン囲い込んでいるしている間に他の守備選手がカバー or ギャング?タックルしにやってくる。

日本語ではサインと言われたりしますが、英語圏では通じません。手渡しするという意。特にゲインしているラン?プレーをフェイクしてパスを投げると成功しやすい。?カレント?ドライブ:意味は「今のドライブ攻撃」。自軍がオフェンスに時間をかけておけば、その分だけ相手は短い時間で得点を目指さなくてはならなくなります。?オーバー?シフト:守備側が通常のアラインメント配置から攻撃体型に合わせてストロング?サイド攻撃ラインの人数多い方へ多くの人を配置すること。肩を使用すると全体重が移動してしまうため1度のチャージしか行えませんが、手を使った場合は重心の移動がないため、粘り強いチャージが可能です。

?ダウン?インジケーター/ダウン?マーカー:ダウン表示器のこと。前者のミス自滅をすると何となく後味が悪く、モメンタムチームの勢いも下がる。?ウエッジ?バスター:ウエッジを撃ち破る役割を与えられたキッキング?チームの選手のこと。QBクォーターバックが使うパスの時に使う移動方法はショート、ミドル、ロング?パスの順でドロップ?バック、ロール?アウト、スプリント?アウトの3種類ある。WRワイドレシーバーの胸のところを「どーん」と叩くことでWRワイドレシーバーの勢いを止めます。攻撃側のスクリメージ?ライン上に7人の選手がいるかどうかも見ています。

QBクォーターバックからWRワイドレシーバーへのパスに対して「ピン?ポイントのパス」だなどと表現します。故意にぶつかったり、邪魔をするとこの反則がコールされます。ランだけでなくランとパスを選択するラン?パス?オプションというプレーも存在する。力を抜いた状態の選手に接触すると怪我が発生しやすくなりますので、力を抜いた選手には接触してはならないことになっています。RBランニングバックがサイド?ライン際を駆け上がる際によく見かけます。ただし、センター?スクリーンなどのようにQBクォーターバックよりも前方に位置しているレシーバーへのパスに関しては、フォワードパスとなる。

簡単に言えば選手やチーム関係者がいるグランド上、ということです。?ティー?フォーメーション:QBクォーターバックと2人のRBランニングバックがTの形に位置する攻撃体型。ショート?パント?フォーメーションはCセンター、Pパンターを保護するルールの対象外となります。それを前半と後半の30分毎に分けますハーフ。?スーパー?ボウル:NFLの頂点を決めるボウルゲーム。サイド?ライン際の選手や関係者が沢山いるところであり、試合中に記者等が入ることのできないエリアです。DLディフェンス?ラインがOLオフェンス?ラインの密集している地点を抜け、ボール?キャリアをタックルする目的で使用する。

?パワー?スイープ:通常のスイープ?プレーよりも多くのリード?ブロッカーを使ってパワーでディフェンス選手を押しのけながら前進しようとするプレーのこと。?ボール:当然アメリカン?フットボールで使うボールのこと。?クイック?ピッチ:QBクォーターバックからRBランニングバックへの素早いピッチ?プレー後方を向き、ラグビーの時のようなパスを行うのこと。?ビー?バック:ワンバック?フォーメーションでストロング?サイドに位置するレシーバーのことを指す。またその逆に攻撃側が守備側の守り方に対応して、アサインメント選手の決められた動きを変更すること。

?エー?バック:ワン?バック?フォーメーションでのRBランニングバックのことを指します。?スパイラル:QBクォーターバックがレシーバーにパスを投げるときにボールにかける回転のこと。?ウィーク?サイド:一般的にCセンターを中心としてOLオフェンスラインの人数が少ない側を指す。ちなみに超一流のRBランニングバックは上記の複数の特徴を持った選手が多い。主にPATポイント?アフター?タッチダウンのときに見られる。ラグビーで見られるパスと同じタイプのパスです。?ホーム:自チームの本拠地フランチャイズのこと。?フランチャイズ:本拠地のある場所都市のことを表します。

超ロング?パスはビッグ?ボムといいます。フットボール用語としては様々な用途に用いられます。?ファースト?ダウン:2つの意味があり、一つ目は4回の与えられた攻撃権の1回目、2つめは4回の与えられた攻撃権の間に10ヤード以上進んだ場合に、新しく4回の攻撃権を得ること。?セット?バック:QBクォーターバックの後方に位置したバックスのこと。?クラック?バック?ブロック:クラック?バックを参照のこと。また、パス?プレーバックワード?パスとフォワード?パスを指すこともある。?ライン?マン:相対するスクリメージを組む人たちを指す。すなわちプレー中にないボールを指す。

?カバー:主にディフェンスのパス?ディフェンスを表す言葉で、攻撃陣のレシーバーをカバー=レシーバーをチェックマークしている、もしくはパスを投げるゾーンエリアをカバーしているという意味で使用します。スプリントアウトからのパス?プレーが決まっていることが成功の前提になる。正確にはレフリー?タイムアウトといいます。このインジケータ表示器を扱う人達をチェーン?クルーといいます。?エックス:スプリット?エンドSEの俗称。一般にLBラインバッカーの動きを止めることを目的にプレーをデザインする。略称はLB。?アンダー?ドッグ:かませ犬といった感じです。

試合に負けている状態の場合は、時計が止まるプレーやタイムアウトを上手に使い、時間の進み具合を遅くし、逆転のチャンスにつなげる。?ポケット?パサー:ポケットの中でレシーバーがフリーになるのを待ち、パスを投げるタイプのQBクォーターバックのこと。?25秒計:審判のレディ?フォー?プレーの合図から25秒以内にプレーを開始しなければなりませんが、その残り時間を示す時計のこと。例えばQBクォーターバックがブーツレッグで、ボールを持って走りながら、守備選手がQBクォーターバックに向かってくればレシーバーにパスを投げ、レシーバーをカバーしていればQBクォーターバックがボールを持って走るという選択を行うプレー。

ミーティングでは対戦チームの情報や審判オフィシャルのポジショニングの確認等を行っています。反対語はテイク?ア?ウェイです。OLオフェンス?ラインを抜きにして、パスを成功させることはできません。当然試合だけでなく、練習中の指導のこともコーチングといいます。オフタックルへのラン?プレー、オープン?サイドへのラン?プレー、フレア?パス等広い範囲を守ることが要求されます。ディフェンス側はLOSライン?オブ?スクリメージの近くでハドルを行います。パス?レシーバーをアルファベット1文字で表すときに用いられます。ディフェンスにとってのビッグプレーであり、攻撃側は 1st ダウンまでの距離が遠くなるためプレーの種類が限られるようになる。

一方寒い地方は手がかじかんでパスが多投しにくい。NFLの各カンファレンスAFCとNFCの地区優勝チーム以外に、各カンファレンスの上位チームがプレイ?オフに進出することができる。?シグナル/シグナル?コール:合図という意味です。守備側はMLBミドル?ラインバッカーが指示を出していることが多いです。選手のように防具をつけていないので逃げるのは当然であり、安全第一です。選手もしくはボールが外プレーをしてはいけない場所に出ること。通常は皮のボールを使いますが、雨の日にはゴム製のボールを使用することもあります。オフェンス?ラインマン達がディフェンス選手をQBクォーターバックに近づけさせないことで、パス?ターゲットを探す時間を与え、パスの成功率を向上させるのです。

計算式は成功回数Comp/試投回数Attです。?ローバー:ディフェンスの片側だけを専門に守るプレーヤーで自由に動き回りタックルを決めるのが仕事である。フォーメーションによりMLBミドル?ラインバッカー、ILBインサイド?ラインバッカー、OLBアウトサイド?ラインバッカー、Sサム、Mマイク、Wウィリー、などとポジションや役割や名称が変わる。ウエスト?コースト?オフェンスの定番プレーの一つです。対戦相手の分析スカウティング?データを使用するを行い、相手の弱点を効率よく攻められるように設計されます。QBクォーターバックから見ると屈強なディフェンス選手が迫ってくるので恐怖感とも戦いながらパスを投げているのです。

?アジリティ:選手が一番初めに学ぶ機敏性?俊敏性を得るために行うトレーニングです。これはブリッツするとパスをケアする守備選手が不足するためゾーンで守ることが難しくなるからである。通常素晴らしい攻撃バックにはダブル?チームでカバーするものなのですが、超スーパープレーヤーに対抗するために使うことがあります。?スタチュー?オブ?リバティー:自由の女神のこと。?ストリーク?ブロック:WRワイドレシーバーがCBコーナーバックに行うブロッキング?アサインメントの1つで、ボール?キャリアから遠ざけるために行われるブロックである。パスされたボールはフリーボールなので、攻撃側?守備側のどちらの選手がキャッチしてもいいのですが、パスを取ろうとしている選手に対して、パスを取らせまいとして不正に邪魔接触をすることは許されません。

ショートパス~ミドルパス~ロングパスまで投げる距離によって使い分け、ドロップ?バックは直線的に下がります。主にラン?ストッパーとしての役割がある。しかしながら、レーティングがいいから、よいQBクォーターバックだとは、必ずしも、言えないそうです。?スクリーン?パス:OLオフェンスライン等が壁をつくってフラット?パスをゲインさせるパス?プレー。?カレント:「今の」という意味です。?バックス:攻守共にライン以外の選手を指すことが多い。複数の選手が移動することはシフトといい、シフトの後必ず攻撃側選手全員1秒間の静止が必要です。?キル?ザ?クロック:時計を止める為にQBクォーターバックがスナップされた直後にボールを地面にたたきつける行為を指す。

?インターロックド?インターフェランス:スナップ時、OLオフェンスラインの足が交差している場合の反則のこと。?マッチ?アップ:対決することを表す言葉です。?バックワード?パス:ピッチ?プレーなどで後方に投げるパスのこと。選手は発表された戦術をマスターし、それをトレーニングして試合に挑みます。タイムアウト以外の場合にはハドルは11人以下で行わなければなりません。?マン?ツー?マン?ディフェンス:マン?カバーと同意。?ウエッジ:キック?オフ?リターンの場合に、レーシーブ側がボール?キャリアーの前で肩を並べてボール?キャリアー守る楔形くさび形=ウエッジのアラインメント配置を指す。

2004年のルール改正により2ヤードの保護がなくなりました。?テーピング:怪我の予防、怪我の再発防止を目的として、布テープを使用して体の動きを制限すること。これぞアメリカの全ての機能が止まるという最大のイベント。?ブロークン?フィールド:オープン?フィールドのこと。前後左右どの方向にも自由に素早く動けなければならないが、フットボール?ポジションを取ることで自在に移動することのできる。つまり5アウトは5ヤード走った後、外側に走るというパス?パターンを表します。?チェンジ?オブ?ペース:ボール?キャリアーがタックラーを振り切る目的で用いるテクニックの一つ。

一般的に遠くまで蹴り、リターンさせないようにカバーします。?ロースター:メンバー表に入る選手リストのこと。決まりきったマニュアルどおりの礼状よりも、かえってそのほうが印象も深まります。TBテールバックを少しでも前に進めるためにブロッカーとして大切な仕事を担ってます。?ギャンブル:4th ダウンのときなどに見られる、まさに一か八かの賭プレー。?ディクライン:反則を取らない選択しないことを指す。?ゼブラ:審判のことで縦縞のジャージの姿からつけられた。QBクォーターバックに対するラッシュが激しい場合や、全てのレシーバーがカバーされている場合に、少しでも前に進むためにパスを投げられるパス?ターゲット。

?スクリメージ?ライン:スクリメージを組んだときに発生する、ボール幅の、仮想的に存在する2本のラインのこと。このように一般的には暖かい西海岸地方で使用されるオフェンスというセオリーなのだそうですが、グリンベイ?パッカーズなど寒い地方のチームもこの攻撃を採用していました。私自身もスピーチの際、原稿は用意しない主義ですが、柱立てを書いたメモを準備しています。横斜め方向から相手を押した場合、弱い力でも相手を押すことができる。?ギブ:オプション?プレーでQBクォーターバックがFBフルバックにボールを渡すこと。ボールに触れても空中に浮かせてしまえば、レシーバーにボールをキャッチさせるチャンスをあたえることになるので、よくないそうです。

リターン中には、キックやフォワードパスすることはできません反則です。手作りで作成されているそうです。NFLではQBクォーターバックのヘルメットの中にイヤホンが着いていますが、サイド?ラインにいるHCヘッド?コーチやオフェンス?コーディネーターからQBクォーターバックへの通信を邪魔することを指すこともある。?フリー?エージェント:どのチームとも交渉する権利を持つプレーヤーのこと。?アメリカズ?チーム:アメリカを代表するチームということで、一般的にはダラス?カウボーイズを指します。またセーフティーの後では自陣20ヤードからのキック?オフになります。

反則の時に「プリビアス?スポットから?ヤード罰退してバスダウンやり直します」などと審判がいうときに使われます。「イリーガル~」で様々な反則を表します。スクリメージライン近くの5ヤード位のゾーン地域のこと。WRワイドレシーバーをダウン?フィールドに出さないこと、すなわちLOSライン?オブ?スクリメージ上に留めておくことを目的にしています。つまり 3rd ダウンの場面で 1st ダウンが取れるように試みる、ということである。プレー?アクションの反対にパスと見せかけて、ラン?プレーを行うことはドロー?プレーといいます。ラグビーのように盛り土をすることは反則になります。

また、Sサム、WウィルをOLBアウト?サイド?ラインバッカーと呼んだり、MマイクをILBイン?サイド?ラインバッカーと呼んだりする。ブリッツの時などで使う。つまり攻撃側と守備側が相対して行われるキッキングということである。タイムアウトが残っていない場合に、時計を止めるために行います。?ロング?ゲイン:攻撃が成功し長い距離をゲイン前進することができた状態を指す。?ラン?ストッパー:守備選手でランプレーを止めることを専門にしている選手。3rd ダウンで 1st ダウンを取るために試みるということであり、ファースト?ダウンが取れるか/取れないかで結果に大きな違いがあるため、観客サイドとしては、重要な場面だなと理解すればいい。

3rd ダウン & ロング3回目の攻撃でファースト?ダウンまでの距離が長いが残っていれば、パスの可能性が大きいと予想できる。アメリカではこの週はお祭り騒ぎになる。タイミングの速いプレーが多い=LOSライン?オブ?スクリメージまでの距離が近いため。?サクシーディング?スポット:次にボールがプレーに移される地点のこと。これによりスムーズに試合の立ち上がりを進行することができるという利点がある。?リターナー:キック?オフやパントの時にボールをキャッチして陣地を回復するために前進する人のこと。OLオフェンスラインのプル?アウトプレー?サイドの反対側からブロッカーとして走ってくるなどを使ってブロッカーの数を増やすのです。

ブロッカーが守備陣を掃除するということ。?ツー?プラトン?システム:プロやアマチュアでも上位のチームでは採用していないシステムですが、ツー?プラトン?システムは攻撃チームと守備チームの2つのみにわかれて戦うシステムです。近年、ロー?ブロック低い体制のブロックに対する規制が厳しくなっています。ポイントは指を曲げる重い反則/指を曲げない軽い反則。?サイ?パッド:もも大腿骨を保護する目的で使用されているパッド。パスを取ることが第1の仕事ですが、オープン?サイドに展開するラン攻撃の時には、ブロッカーとしての役割も追加されます。

一般的にはQBクォーターバックのすぐ真後ろに位置するRBランニングバックはFBフルバックというがアイ?フォーメーションの時には特にUBアップバックということが多い。NFLやNCAAや関東関西の上位リーグでは、専属のチームが登場しますが、地方リーグなどでは専属のチームを作らない作れないこともあります。このパシュートの走るルートをパシュート?コースといいます。別名パス?ツリー、パス?パターンなどともいわれる。?ビア:ティT?フォーメーションからのオプションのときのランニング?プレーのこと。また、攻撃時にQBクォーターバックが攻撃を開始する際に「hat-hat-hatハットと発音します」とカウントをコールすることでスタートのタイミングを図る合図として使われます。

?オーディブル/オーディブル?コール:スナップ開始直前にプレー内容を変更すること。一般的にはショート?パント?フォーメーションといい、何事もなく突然パントをすることで、パント?リターンする機会を奪い、よいポジションでディフェンスをすることを目的として行います。ただ、11人対11人で戦っているところに1人当たり3人も張り付かせるとその他の選手が余ることから、よっぽどのことがないと選択しない戦術になります。QBクォーターバックがスクランブル緊急発進したことにより、攻撃側ラインマンはラン?プレーになったと思い、ダウン?フィールドに侵入してブロックを行うものの、QBクォーターバックは最後までレシーバーを探しているので、このような反則が発生することがあります。

RBランニングバックの一人をTEタイトエンドの外側にウイング?バックとして配置します。CBコーナーバックの凄さは、ここに、あるそうです。トリプル?オプションではギブを担当する。準備していたプレーの有効性や相手チームの攻撃に対する有効な守り方などを判断しチームにインカムを通じて伝達する、経験がものをいう役割である。観客としてみれば、時計を止めるためパス攻撃が増える、またサイドライン際のパスが増えるということを予想しながら観戦することができます。ボウルゲームではあるが、オーバータイムは無く同点の場合は両校優勝となる。フレーム以外をブロックするとチョップ?ブロック、クリッピング、ビロー?ザ?ウエストといった反則になります。

?リカバー:ボール?キャリアがボールを落とし、ライブ?ボールがグランドに触れた後にプレーヤーがボールを確保する行為を指す。つまりQBクォーターバックがRBランニングバックにハンド?オフ?フェイクしたのとは逆方向に1人でブロッカーなしでボール?キャリアとして走るプレーのことを指す。俗称M。オフェンス側?ディフェンス側ともベストなライン同士の戦いも見ものの一つです。OLオフェンスラインの必須テクニックの一つで、手を開いた状態で、DLディフェンスラインのショルダーを「よいしょ」と押し上げ、相手の上体を起こすテクニックです。?シャベル?パス:QBクォーターバックがRBランニングバックにボールを前方に下側からトスするプレー。

ダブルTEタイトエンド体型はショート?ヤードが欲しい場合などに見られます。?クロス?バック:2人のRBランニングバックが交差しながら、いずれか片方のRBランニングバックがQBクォータバックからハンド?オフを受けるプレーのこと。?インサイド?ラインバッカー:3もしくは4人いるLBラインバッカーの内、真ん中の人のこと。?オフセット/オフセッティング?ファウル:攻撃側と守備側の双方が同じダウン中に反則を起こした際、反則を相殺する/相殺させること。ブラストは吹き飛ばすという意味があり、リード?ブロッカーがディフェンス選手を吹き飛ばし、その後ろをボール?キャリアが駆け抜けるのです。

?キャリー:ボールを持って走ること。?ポスト?スクリメージ?キック:キック?エンド地点のこと。 2?インジュリー?リスト負傷者の一覧表にアウトと記述されている場合は、記述されている選手がその試合に出場する可能性がゼロであることを表しています。つまりGガードの外側に対して行う攻撃なのでオフガード。別名ウイング?バック。?キー:意味は「重要な鍵」。?コーチング:近年ビジネス用語として定着してきましたが、アメフトの場合は、コーチが試合中に指示をすることを指す。つまり有資格捕球者であるWRワイドレシーバー、FLフランカー、SEスプリットエンド、TEタイトエンド、RBランニングバックなどを指す。

1st ダウン10の時にインテンショナルの反則をした場合、次の攻撃は2nd ダウン25になる。攻撃側は手や腕の使い方に様々な制限があり、攻撃側はジャージユニフォームをつかんだり、ブロックをしてはいけない場所フレーム以外を押したりした場合の反則。この地方は気候が暖かいため、パスを投げ易い。?タッチ?ダウン:ボール?キャリアがボールを持ってエンド?ゾーンに入るとこ、もしくはエンド?ゾーンでパスをキャッチすることで得点することをタッチ?ダウンという。?ニッケル?バック:5人目のDBディフェンスバックのこと。?ポケット:パスのときQBクォーターバックを守るためにOLオフェンスラインがつくるパス?プロテクションの壁の形のこと。

キック?オフではサイド?ラインに誰にも触れることなくボールが出てしまうことも反則となるため、なかなか思ったところにキックするのは難しいのです。?バンプ?アンド?ラン:CBコーナーバックの使うテクニックのこと。NFLではホーム?チームを観客が精一杯応援するため、アウエー?チームはディレイ?オブ?ゲームを避けるため、しばしば取りたくもないタイム?アウトを取る羽目に陥ることがある。?コンバージョン:転換、変換の意。このシチュエーションを守れるチームは本当に強いチームです。OLオフェンスラインは非常に誠実なイメージがあり、DLディフェンスラインは荒くれ者といったイメージなのだそうです。

役割はWRワイドレシーバーと同じ。?エル?オー?エスLOS:ライン?オブ?スクリメージのこと。終了2分前ですよと警告案内しています。4-3Proと4-3Collegeという2つの種類が基本の体型となっています。ディフェンス側にとっては爆弾のようにディフェンス?システムが破壊されてしまうということですね。?クォーターバック:言わずと知れた、攻撃の全ての責任を持つポジションですが、ライドラインからのプレーの指示を他の選手にハドルで伝え、プレーが開始されると、RBランニングバックにボールをハンド?オフやピッチを行ったり、レシーバーにパスを投げることが基本的な仕事になります。

?クイック:素早いプレーや素早い動きをみせる選手のことを指す。パント後は、攻撃権が変わります。?タイトエンド:OTオフェンスタックルの外側に位置し、ランプレーの場合は強力なブロックと、パスプレーの場合はパス?プロテクションもしくはパスキャッチを行うことが役割の何でも屋的存在。?イリーガル?スタート:フォルス?スタートのこと。この状態を「カットを切る」と表現します。?アンバランスド?ライン:ディフェンスを混乱させるために使う攻撃側の手段。作戦はベンチが考えてくれるため、時間を止める、という役割のほうが大きいそうです。最終的にAFCとNFCの最後まで勝ち残ったチームにより戦われる試合がスーパー?ボウルになります。

古典に親しむほど、その人が書く文章から香り立つものも違ってくると思います。ディフェンスを混乱させるため、ディフェンスの守り方を見るために行う。OLオフェンスラインの中心であり、攻撃の開始に関する責任を抱えつつ、スナップ直後にはブロックやパス?プロテクションを行うといった、大変忙しい、ポジションである。?カレッジ?フットボール:NFLとは別に、大学生が行っているフットボールのことを指す。「パス?カットした」「ボールをカットする」などと解説されます。?ツー?ミニッツ?オフェンス:ツー?ミニッツ?ウォーニングを挟んだ後の攻撃パターンはサイド?ライン際のパス攻撃が主体となる。

要はプレーを行ってもよい場を指しています。?セレモニー:試合開始前にお互いのチームキャプテンがオフィシャルの前で、コイントスを行い、キックを蹴るやリターンをするといった選択を行います。このポジションはレシーバーとしての役割、ラインとしての役割ブロッカーを持つ何でも屋さん的存在。?オフ?タックル/オフ?タックル?プレー:OTオフェンスタックルの外側を指し、そこのエリアに対して行われるラン?プレーのこと。G、10、20、30、40、50、40、30、20、10、G、という順番で線が引かれています。サイド?ライン際にプレーが展開されたら棒をその場に置いて逃げる。

ILBインサイド?ラインバッカーとかMLBミドル?ラインバッカーなどと略される。イーグル、オーキーオクラホマ、オーバーなど様々なバリュエーション種類があります。?ディー?ギャップ:TEタイトエンドより外側のギャップを指す。パスを投げることのできるRB、よいパスレシーバー、複数のよいRBといった要素が、この隊形の成功の鍵を握るようです。つまり攻撃の幅選択枝が狭まるため攻撃を組み立てるのが非常に難しいゾーンといえる。?チート:DLディフェンスラインが、攻撃が始まる直前にシフトして位置を変更すること。ロスの原因はエクスチェンジ?ミス、ハンドオフ?ミス、ピッチ?ミスなどのミスによるもの=攻撃チームの自滅と、QBサック、ブリッツなどによるもの=守備によるものの2種類がある。

この行為をスパイクといいます。キックの際にゴール?ポストに触れた場合は、クロス?バーの上を越えていたとしても得点とはならない。このタイムアウトをコールした場合、怪我をした選手は、最低1プレーはサイド?ラインに下がっていなければなりません。他のスポーツの用語でいえばフェイントです。NFLでは大変名誉なことだとされています。攻撃チームが投じたパスを自陣エンド?ゾーン内でキャッチしてインターセプトしてそのままボールデッドになった場合もタッチバックになります。ショート?ヤードを取りたい場合に使用されることがある。自らキック?オフしたボールをキャッチしようとするプレーのことをオンサイド?キックといいます。

?メリーランド?アイ?フォーメーション:I-フォーメーションの2人のRBランニングバックにもう1人RBランニングバックをその後方に加えた、3バックスの体型。UBアップ?バックが少し横OGオフェンスガードの後方にずれる体型。?メイン?スタンド:記者席がある方のスタンド観客席のこと。?2ヤード?エリア/2ヤード?サークル/2ヤード?ゾーン:通常、バッファー?ゾーンと呼ばれています。これを付けてないと装具の不備という反則をとられます。つまり審判の笛が鳴った後のプレーは全て無効です。ドロップ?バックの下がり方にも種類があり、バック?オフ前を向いたまま下がる、セミ?ターン顔は前を向き、横向きになった体勢で下がる、ターン?アンド?ランLOSに背を向け走り、その後反転するといったものがあります。

守備側にすれば最高の気分を味わうことができる瞬間ですが、攻撃側にすれば最悪の気分が到来する瞬間です。この体型の時はパスの可能性が高いが、裏をかいてレシーバーのいないサイドにドロープレーランプレーが行われることも、案外多い。近年NFLのQBクォーターバックはボール?キャリアとして走ることが好きな選手が多いそうです。?デプス?チャート:試合に出場する選手を各ポジション毎に分けて、リスト化された表のこと。 2?レシーバーの場合、パス?パターンの一つであり、3歩前進して斜め内側に切れ込むパス?パターンのこと。ドロップバックのように真っ直ぐに下がらないため、ディフェンダーのラッシュをかわすという目的や、QBクォーターバックの前に選手が少なくなるためパスが投げやすくなるという利点もある。

ILBインサイド?ラインバッカーもしくはMLBミドル?ラインバッカーが守るゾーンです。?フィールド:リミット?ラインの内側全ての場所を指す。役割が単純なため担当のオフェンス選手を集中して守ればよいため守りやすいが、通常WRワイドレシーバー1人にディフェンダー1人でカバーするため、マークを振り切られると、即TDタッチダウンにつながる危険がある。?トレード:交換の意。?サブスティチューション:交代違反のことを表す。つまり線の上はイン?バウンズプレーをしてもよい場所ではありません。?オーバー?スロー:パスの時ボールをレシーバーの位置よりも遠くに投げすぎること。

リターンする人のことをリターナーといいます。?オプション?ブロック:ラン?プレーで行うブロックの一つ。QBクォータバックに対して常にプレッシャーをかけていななければ、簡単にパスが通されてします。私の持論は、「アメリカン、は、ボストン茶会事件で、お茶っ葉の入手が困難になったアメリカ人が、コーヒー豆でお茶を作ろうとしたもの/アメフトは、フットボールのルールを細かくして、この球技で野球=見どころをつくるをやろうとしたもの」、のような考えなのですが、実際の試合を見ると、野球どころではなく、格闘技の何か、というくらい、エキサイティングなものになっています。

スナップが開始された瞬間から、ディフェンス側はニュートラル?ゾーンを越えてボール?キャリアに向かうことができます。?キュー?ビーQB:QBクォーターバックのこと。 関西学院大学の応援団は、「ポパイ?ザ?セーラーマン」を、演奏していました。各ディビジョンの上位チームとワイルドカードの権利を得たチームでプレイ?オフを戦い、最終的にスーパーボウルで戦うというのが、一つのシーズンになります。?イネリジブル?レシーバー:パスの無資格捕球者を指します。?キック?オフ?リターン:キック?オフで蹴られたボールをリターンすること。ライスボールにはコイントスに勝利したチームが出場する。

?ゾーン?ブリッツ:通常、LBラインバッカーがブリッツしたとき、そのゾーンがぽっかりと空いてしまうのだが、そのゾーンにパス?ラッシュしたフリをしたDLディフェンスラインが下がってきてカバーする、という守備側の作戦。+プラスならばターン?オーバーした数の方が多いということになる。基本的にはゴール前などで使用されます。日本ではQBもよく付けていました。スタンダードなラン?プレー。この斜め後ろに移動することをパシュートといいます。レフリー、アンパイア、ラインズマン、ラインジャッジ、サイドジャッジ、フィールドジャッジ、バックジャッジ、タイムキーパーが、それぞれの役割を持つ。

パーソナル?ファウルは相殺できません。QBドローキュービー?ドローという言い方がありますが、これはパス?プレーが崩れて、パス?ターゲットがいない場合にQBクォーターバックが自らボール?キャリアとして走ることを指します。フィールドに出やすい為、HBハーフバックに対するパスが通りやすいという利点があります。?レッド?ゾーン:攻撃側から見て敵陣守備側のゴールラインから20ヤードまでのゾーンのこと。オフェンスの目的とする戦術を開始する前にくさびのように浸透しておくことで、オフェンスの邪魔をする。?セレブレーション:TDタッチ?ダウンやインターセプトを等を決めたときにボールを叩きつけたり、過度に万歳をしたり、歓喜のダンスをしたり、観客席を煽ったり、観客席に飛び込んだりすること。

守備側はDEディフェンスエンドといい、ボールキャリアーをイン?サイドに閉じ込めるコンテインする役割、QBクォーターバックやRBランニングバック等のボール?キャリアーをタックルする役割などを持つ。WRワイドレシーバーとCBコーナーバック双方がボールを見ながらぶつかった場合はインターフェアランスになりません。ボール?キャリアーが手を滑べらしたりしてボールの確保を失うこともあれば、タックル等によってボールの確保を失うこともあります。?レイティング:格付け?評価の意。?ヤード:1ヤードは 0.914 メートルです。略称はTD。?クローリング:ボール?キャリアがデットした後で、故意にボールを前進させる行為。

?フランク?オフィシャル:審判オフィシャルの中で、LラインズマンとLJラインジャッジの二人を表す用語です。日本の野球でいうジャイアンツみたいなものです。?ゲータレード?シャワー:いわずと知れたスポーツ?ドリンクのことですが、そのドリンクNFLのスポンサーをシャワーのようにかけるという行為のことです。しかしながら、ボールを多く支配したからといっても、試合に勝つとは限りません。?ボウル:鉢、椀、サラダボウルのボウル器のこと。?フレーム:ブロックしてもよい範囲のこと。?ベンチ?エリア:正しくはチーム?エリアのこと。つまり試合のための設計図になります。

付いてこなければゾーン?ディフェンス、です。このサンクス?ギビング?デーの辺りからフットボール?シーズンは終盤に差し掛かり、カンファレンスによってはプレー?オフに進出するチームが決まってきて、スーパー?ボウルに向けて盛り上がっていくという時期になります。これは右側を強調した例です。?ゾーン?ディフェンス:上記と同じ意味。ディフェンス選手とレシーバーこの場合ランニングバックが入れ違いになるプレーでドロー?プレーのような感じになる。?モーション:攻撃側の選手全員がセット後1秒静止して後、1人のバックスが横か後方に動くことをモーションという。

?ゲーム?プラン:フットボールでは試合の前に計画どのような戦術を用いて試合をするか等を立て試合に挑みます。おそらく何処かで、「関西大学混声合唱団ひびきここは、名門」の、定期演奏会/ジョイントコンサートに、足を運んだ経験が在ったのでしょう。一般的にラインの選手であれば、手足を地面についた状態でコーチの指示により前後左右に移動する動作を行ないます。つまり1人で誰にも守られずにプレーを展開していることから「裸」となるのです。?スーパー?ボウル?ウイーク:スーパー?ボウルが行われる1週間のこと。?スリー?フォー:ディフェンスのフォーメーション。

意図的と判断された場合には反則を取られる。WRワイドレシーバーの走路の後方にボールを投げてしまうとターン?ボールとなりパスは成功しにくい。反対語はオン?シーズン。通常RBランニングバックがスロットバックSBとして出場した場合にこのように言われることがあります。?スティック?アーム:ボール?キャリアーがタックルを避けるために、腕を伸ばし守備選手を突き放つこと。オフェンス?ラインのすぐ横に位置しているのでタイト?エンドといいます。試合の前に15プレー程度決めておいて、試合開始直後から事前に考えた作戦を使う。キック?オフ?リターン時にリターンレシーブ?チーム側はウエッジをつくってリターナーボール?キャリアーを守ろうとするものを撃ち破り、ウエッジ?バスターの後に続くタックラー達のタックルをする道をつくるという、重要な役割を与えられている。

?パワー?プレー:ディフェンスの人数を上回るブロッカーを用意して、ラン?コースをこじ開け、ボール?キャリアーが走るプレーのこと。?ズーム:WRワイドレシーバーのモーションのことをいいます。NFLではこのポジションは若手のWRワイドレシーバーやRBランニングバックが担当することが多いポジションです。?ライス:怪我をしたときに行う処置の頭文字を取った単語。ランでもパスでもいいが、奥行きがないため、パスは使いにくいといった、なかなか得点するのは難しい、状況なのです。アメリカの学生のボウル?ゲームはシーズン中の成績を元に、試合の主催者に招待されたチームにより戦われます。

OLオフェンス?ラインがLOSライン?オブ?スクリメージに進入してくるDLディフェンス?ラインに対して、DLディフェンス?ラインの体を側面から外に押し出すようにブロックします。NFLでは7月から8月にかけて行われる。一方ディフェンス側にもミス?ディレクションといえる手段があり、初めにパス?ディフェンスのアラインメント配置にした状態で、オフェンス側にラン?プレーを選択させ、ディフェンスするといったプレーを指す。攻撃側はミス?マッチの場所を重点的に攻撃するのがセオリーである。リターナーはボールを確保しようと上方を見ているため、タックラーを見ることができません。

エンド?ゾーン、レッド?ゾーン、デンジャー?ゾーン、ゾーン?ディフェンス等に幅広い意味で使われることの多い言葉。?バンチ:群れという意味で、オフェンスのレシーバーが3人片側のサイドに密集する体型のことを指すようです。彼によって全てのプレーが始まる。トゥルー?アイ?フォーメーションともいいます。?ショート?ゾーン:別名アンダーニース。基本的にQBクォータバックとRBランニングバックがボールを持って走っている場合に呼ばれます。ショットガンの利点はQBクォーターバックのドロップ?バックの時間が節約できることで、ディフェンスのプレッシャーを軽減してフィールドを広く見てプレーできる点です。

攻撃側LOSと守備側LOSがある。短い距離を稼ぐプレーの時に使用します。?バック?ジャッジ:守備側の人数、試合時間、ロング?パスやキックに責任を持つ審判。?ローテーション:試合中にレギュラーのみを使い続けるのではなく、場面場面に応じて選手を交代させることを指す。?クラウド?ノイズ:オフェンスのプレー?コールやスナップ?カウントを聞こえなくする目的に観客が騒ぐこと。通常DLディフェンスラインの選手がCセンターとOGオフェンスガードの間にアライン配置する。?ニー:膝のこと。高いものはカスタムメイドでシリコンを使用して作成します。

別名スイング?パスとも呼ばれる。程度により罰退距離が異なる。そのためDLディフェンス?ラインがウィーク?サイドに片寄ってしまうため、LBラインバッカーはアラインメントのバランスを取るためにストロング?サイドにシフト移動します。同義語としてアップ?セットがある。OLオフェンスラインがしっかりポケットをつくって、ディフェンスからのプレッシャーをQBクォーターバックに与えさせないようにすることで、レシーバーを探す時間が得られ、パスの成功率が上がるのです。一般的にはゲームをわざと遅らせたと説明されます。チームによりポジション毎に決められたパス?コースがある。

?マフ:キャッチまたはリカバーしようとして、ボールにさわったが取れなかった状態。?アンブレラ?メカニック:1つのダウンが終了した際、フィールド上の審判が中心部に向かって覆っていく、審判の動きのこと。これはQBクォーターバックがブラインド?サイドが見えないことを利用しようとしています。おやつのカールのように曲がるパス?パターンです。つまり3人のRBランニングバックがいる体型で、まさしくパワーでショート?ヤードをゲインするために使われる体型である。例えばI-Formationアイ?フォーメーションからT-Formationティー?フォーメーションに変化すればRBの立ち位置が変わりますのでシフトになります。

?フリーズ:その名の通り、凍ったように固まってしまうことで、つまり動けないこと。キックの時はレースの部分を蹴らないように蹴る位置を調整します。このラインにも決まりがあり、目や皮膚に無害な白色の材料により、4インチ約10cmの幅に引かなければならないとあります。もちろんサイドラインから外に出てしまった選手も無資格レシーバーになります。まっすぐ走り、その後45度外側に走るパターン。また、あらかじめQBクォーターバックがボールを持って、ボール?キャリアとして走ることを前提にデザインしているプレーのことをQBキープといいます。また、スコアリング?ポジションで得点できなかったチームのモメンタム勢いや試合の流れは下がり、得点を防いだチームのモメンタムは最高潮にまで盛り上がります。

ポジションにより様々な形状があります。下から上へすくい上げるようにパスを投げる方法と手首をひっくり返して投げる方法があります。?フリー?フリッカー:Cセンターからエクスチェンジを受けたQBクォーターバックがRBランニングバックへピッチした後に、再度別のバックスにピッチして、フォワード?パスを投げるスペシャル?プレーです。?ギブ?アウエイ:インターセプトやファンブルにより攻撃権を失うことを指す。ハワイのアロハ?スタジアムで毎年行われる。?チョーク?ボード:黒板。ディフェンス側の選手がスナップの瞬間にニュートラル?ゾーンに侵入している場合は、オフサイドの反則となります。

?ウエスト?コースト?オフェンス:近年NFLで多く用いられている攻撃作戦。野球場の場合は、ホームチームのサイドがメイン?スタンドとなります。マン?ツー?マン?ディフェンスともいう。「Hail Mary」とはアメリカでは主にお祈りに使われ、「神頼み」、みたいな意味になるそうです。基本的にオフェンスの選手がボールを抑えることを指す。?エイミング?ポイント:狙うポイント場所のこと。プル?アウトなどを行いボール?キャリアを進めるために機動力が必要なポジションとされています。スナップ?カウントも行うことなく、CセンターとQBクォーターバックだけでプレーを開始することもあります。

但しディフェンス選手の体の側面と後側、及び腰から下へのブロックは行ってはならないという決まりがあります。?タッチ?フットボール:軽装でタックルを禁止し、簡素化したルールで気軽に楽しむことができるゲーム。NCAAルールでは色付のアイ?シールドは禁止になりました。散弾銃ショットガンのようにレシーバーが散らばる動きをすることが、命名の由来です。?インスタント?リプレー:以前NFLで導入されていたルールで、微妙なプレーに対する審判の判定に不服や疑問がある場合にビデオを見ることで判定を確認したり、判定の修正することを指しています。OTオフェンス?タックルのすぐ横に位置している。

LBラインバッカーやDBディフェンスバックのアラインメントは関係ありません。NCAAだけでなくNFLも、近年特に、スポーツマンらしくない行為に対して厳しく対処するようにルール改定が行われています。審判の中で唯一白色の帽子をかぶっているので直ぐに発見できると思います。?プリベント/プリベント?ディフェンス:プリベントは「妨げる」の意。NFL選手になることも大変ですが、チアに採用されることもとても大変なことです。反対語はイート?ザ?ボールニーダウンすることです。日本人の選手はまだNFLに参入できていませんが、日本人のチアはNFLのチームに採用された方が何人か出てきています。

守備側が取ればインターセプトとなります。?ミス?マッチ:WRワイドレシーバーのマークにLBラインバッカーが付いたりする状態のこと。守備側のブリッツなどで攻撃側のプレーが崩れ、QBクォーターバックがスクランブル緊急発進し、その後、前パスを投げたといった場合によく起こる反則。?ディフェンス?タックル/ディフェンシブ?タックル:DLディフェンスラインの内側に位置する人を指し、DTが俗称。ボール?デット後に行われるプレーは全て無効です。?パス?インコンプリート:パス不成功のこと。すなわち、不正なコンタクト接触に対して反則が課される。

?ラテラル?パス:QBクォーターバックからバックスに投げ渡す、横か後ろ方向へのパスのこと。?イート?ザ?ボール:試合時間を消費するためにCセンターからのスナップをQBクォーターバックが補給直後にニー?ダウン膝を付く行為:デット?ボールになりますすること。?ディレイ: 1?プレーへの反応が遅れることを指す。さらにパス?プロテクションも重要な仕事の1つである。ストレッチすれば守備選手がバラバラになるという利点がある。?オプション?パス:ラン?プレーを行うかパス?プレーを行うかをプレー中に判断選択するプレー。?ニュートラル?ゾーン?インフラクション:攻撃側にフォルススタートを誘発する目的で、守備側がニュートラルゾーンを犯す反則。

?ゴール?トゥ?ゴウ:ゴール?ラインを目前にした攻撃のシチュエーションのこと。ビジネス文書に個人的なことを書くのは慎むべきですが、例えば礼状であれば感謝の気持ちを自分らしく伝えることもできるでしょう。?ストレッチ:攻撃側の戦法の基本パターン。?スナップ?カウント:CセンターがQBクォーターバックにスナップを行うタイミングのこと。?パイリング?オン:相手を傷つけるためにヘルメットを使い、倒れ込みレイト?ヒットすることで反則となる。オフェンス側のスクリメージ?ラインとディフェンス側のスクリメージ?ラインがあり、2本のスクリメージにはさまれたゾーンがニュートラル?ゾーンである。

両方とも、超、美味しいに参加してしまう例外も、いるそうですシーズンオフには、メジャーリーガーもやっていて、スーパーボウルとワールドシリーズの両方に出場していた。?コーナー:WRワイドレシーバーのパス?コースの1つでロング?パスの時によく見られるパス?パターン。以下OGオフェンスガードとOTオフェンスタックルの間をB-Gapビー?ギャップ、OTオフェンスタックルとTEタイトエンドの間をC-Gapシー?ギャップ、TEタイトエンドより外側をD-Gapディー?ギャップといいます。スーパー?ボウルが行われる試合会場のある都市には、ものすごい経済効果があるそうです。

空中にあるボールはフリー?ボールであるため、攻撃側/守備側どちらの選手もボールを獲ることができます。この表現はボールを抱え込むことがボールを食べているということを表しており、つまり時間を食べているということを指します。?シュアー?キャッチ:確実な確保の意。しかしながら最も期待されている役割は短い距離を確実に確保することである。パス?プレーはしっかりとしたOLオフェンス?ラインのパス?プロテクションと素早いボールのリリースにより成功の確率が高まります。?フォー?アーム?シバー:チャージの一種。?ブロッキング?バック:通常、FBフルバックのことを指します。

ラン?プレーはストロング?サイドに対して行われることが多いが、ディフェンス側がストロング?サイドに気を取られていると、ウィーク?サイドにもラン?プレーを展開する。パスを投げるためにドロップバックした時にQBの背後からタックルを受ける場面がこのQBサックの場面です。?エンドを取る/エンドを選択する:試合開始前と後半開始前にセレモニーで選択権を得たチームのキャプテンが、守るエンドゾーンを選択すること。?マイク:ミドルラインバッカーMLBのこと。これはストロング?サイドのスロットの位置にいるRBランニングバックを指します。?マンデー?モーニング?クォーターバック:月曜日の朝、QBクォーターバックとして、試合に出たかのように試合を批評する人のことをいう。

これは攻撃側のギャンブルで、守備側のギャンブルは、ブリッツなどを試みたりした場合のことで、攻撃側に裏をかかれてロング?ゲインを許す可能性もあるので、ギャンブルといえます。DEが俗称。NFLで活躍したディオン?サンダースのように人数不足とは関係なく、両方のプレーコーナーバックとワイドレシーバーとか。WRワイドレシーバーだけでなく、TEタイトエンドやRBランニングバックもパスターゲットとして出没する。オフェンスの選手がディフェンスの選手をブロックする場合には、フレーム体の前面で肩から腰の間に対してブロックする必要があります。?インターロックド?ブロッキング:OLオフェンスラインが守備側選手を進入させまいと足を交差させて、ブロックすること。

必需品である防具です。守備選手の動きに応じて相手をコントロールする。モーションの目的は、ディフェンス側を混乱させるために行われることが多いです。モーションすると守備側のカバレッジが、わかります。類似体型にオフセット?アイ、パワー?アイ、メリーランド?アイ体型などが存在します。このフィールド?ポジションでプレーが行われる場合、ディフェンス側は常にTDタッチダウンを意識して守る必要があり、またフィールド?ゴールによる得点を取られる可能性もあり頭が痛いが、ディフェンス側が守りきればTDタッチダウンではなく、FGフィールドゴールの3点に抑えることができるため、見せ場の一つである。

?50ヤード?ライン:正確にはフィフティー?ヤード?ラインのこと。レディ?フォー?プレーの後からスナップが始まるまでの間、オフェンス側の選手はニュートラル?ゾーンに侵入してはなりません。ちなみに審判が白いパックを投げることがありますが、こればビーンズ?バックというものでキック?エンドの地点やファンブル?リカバーの位置などを表すものです。趣旨はラフィング?ザ?キッカーの場合と同じ。他にも時計ゲーム?クロックを操る人、チェーン?クルーを管理する人、予備審判など色々います。?アウェイ:サッカー用語として一般的ですが、敵の本拠地で試合をすることを指します。

5-2ディフェンス体型の時にCセンターの前に位置している選手を指していることが多いです。初めの数字がDLディフェンスラインの人数を表し、後半の数字がLBラインバッカーの人数を表しています。?ショルダー?チャージ:守備のチャージの一種で肩を使ってチャージする。アメフトは選手交代が自由にできるが、交代できる条件はボールデッドのときのみである。ランナーの特徴に応じて、カット?バック?タイプ、パワー?タイプ、などとも分類される。ディフェンス側の混乱に乗じてゲインしようとするプレー。オプションが得意なQBをオプションQB、パスが得意なQBをパッシングQBといいます。

ファンブルが起こりやすい状況は、CセンターとQBクォーターバックとのエクスチェンジボールの手渡しミス、QBクォーターバックからRBランニングバックにピッチする際に受け渡しが失敗したとき、RBランニングバックが片腕にボールを抱えてサイド?ライン際を駆け上がっている時に横側からタックルをされたとき、QBクォーターバックがパスを投げるためにドロップ?バックしているときや投げようとしていたときにタックルをされたとき、です。?イン?バウンズ?ライン:サイド?ラインから60フィート18.29mの所に描かれた2本のラインのこと。逆に 3rd ダウン & ショートの時にはランで来るかパスで来るか予想しにくく、頭を悩ます場面だ。

NFLでは、AFCとNFCの2つがカンファレンスです。普通はボール?デッドとなった地点がこれにあたる。 2?NGノーズガードはCセンターの正面に位置するインサイドプレーの要になる守備ラインのポジションを指します。?パイロン:赤かオレンジの目印でエンド?ゾーンを示している備品。また空気圧、大きさやレース等にも規定があります。日本の学生フットボールでは1Qを12分もしくは10分としている地域もあります。大切なのはパスを確実にキャッチ確保することと、1mmでもゲインしようとする姿勢なのだそうです。?ブーツレッグ:QBクォータバックがRBランニングバックへのハンド?オフのフェイクをすることでディフェンス側をRBランニングバックに引きつけながら、ボールはQBクォータバックの腰の後ろに隠し、RBランニングバックの走った逆サイドに走り、パス?プレーやラン?プレーを展開します。

?キッキング?ゲーム:キックが行われるプレー全般を指す。これは最低の反則行為です。?オーバー?ローディング:マンパワーが相手を上回ること。?フル?バック:パワーで確実にショート?ヤードをゲインするタイプのRBランニングバックを指し、リード?ブロッカーブロッキング?バックやパス?プロテクションをする選手としての意味?役割も併せ持つ。昔はメジャーなチャージだったが、現在は手を使うチャージが主流。この2本の表示器とダウン数とボールの位置を示すダウン?インジケータダウン表示器により次の 1st ダウンまでどの位の距離が残っているかを判定することができます。

オフェンスのバックスはWRワイドレシーバー、RBランニングバック、QBクォーターバックがバックスで、ディフェンスはLBラインバッカー、CBコーナーバック、SFセーフティがバックスです。?クイック?キック:通常の攻撃フォーメーションからパントをすること。?フォー?フォー:4人のDLディフェンスラインと4人のLBラインバッカーがいるバランス?ディフェンス?フォーメーション。すなわちプレーが終わること。?パーソナル?ファウル:不必要な乱暴行為のこと例えばチョップ?ブロック、ビロー?ザ?ウエスト、ラフィン?ザ?パンター等の反則行為で反則。

昔はパスを投げることが少なかったため、プロでパスを多用するために考案された攻撃体型だったのですが、現代ではこの攻撃体型が、主流の攻撃フォーメーションになっています。才能は変化しないが、スキルは個人の努力によりいくらでも向上させることができる。?ノーズ?タックル:DLディフェンスラインが3名のときはDTディフェンシブタックルは1人となり、その場合はノーズタックルと呼ばれます。オフェンス側は必ず得点することを運命付けられているゾーンといえます。反対語はダウン?フィールド。こちらは豆が入っています。男女共同参画室長、埼玉県副知事、在豪州ブリスベン総領事などを歴任。

特徴はQBクォーターバックのドロップ?バックが不要な分パスを投げやすい体型であり、反面、ラン?プレーの選択肢は少なくなりますQBのキープかドローしかない。?ライス?ボウル:アメフト日本一を決定するボウルゲーム。?タイム?オブ?ポゼッション:試合を通じてボールを支配確保した時間のこと。ディフェンスバックともいう。パスのパターンとしてはゾーンで守っているディフェンスに対して、同一ゾーンに複数のレシーバーを送り込み、ミス?マッチを誘ったり、クロス?パターンを用いてマン?マークをはずすといったことが行われます。基本的には40秒計が使用されますが、攻守交替の場合などには25秒計が使用されます。

?フィールド?ジャッジ:25秒計とレシーバーとキックに責任を持つ審判。特に2Q、4Qの終わり等、ゲームを左右しかねない場合に、選手の間に分け入ってボール?デット地点を押さえます。スポンジでできています。スナップはバックワード?パスになります。ダイブ?プレーなどの早いタイミングのインサイドのランプレーでボールキャリアーになることが多い。?スクリメージ?ダウン:Cセンターからのスナップで開始されるダウンプレーのこと。特徴はRBランニングバックへのクイック?ヒッティングインサイドへの早いタイミングのラン?プレー、カウンター?プレー、オープン?サイドへのラン?プレーへの展開等、様々なプレーを選択することができることで、RBランニングバックが横に広がっており、QBクォーターバックに近い位置にいるため、パス?ターゲットとしても重宝されます。

FGフィールドゴールで3点を取りに行く場合、PATポイント?アフター?タッチダウンで1点を取りに行くためにキックを蹴る場合に、プレース?キックが行われます。アイソレーションは孤立/孤立させること。?コンテイン:通常攻撃バックスに対応して、DLディフェンスラインまたはOLBアウトサイド?ラインバッカーがバックスの動きの邪魔をすること。FBフルバックはブロッカーの役割が多い。2本のラインの外側でプレーが終われば、次のプレーは最も近いイン?バウンズ?ライン上からとなる。?パス?パターン:パス?コースと同義。この後者の行為はイート?ザ?ボールといいます。

守備側では 4-4 スタック4人のDLディフェンスラインの後ろで、何人かのLBラインバッカーが重なった状態でセットした体型。?シーギャップ:OTオフェンスタックルとTEタイトエンドの間のギャップを指す。ストロング?サイドに展開されるプレーの最後の砦として、またとどめを刺すという役割がある。?無資格レシーバー:攻撃側のパスをキャッチすることができない選手=無資格捕球者のこと。つまり、エンドがラインから離れてセットしているので、スプリット?エンドと呼ぶ。?チェーン?クルー:10ヤードの幅を示す2本の棒ヤードチェーンを持つ2人、どれだけ進んだかを示す棒ダウンボックスを持った1人の計3人で構成される裏方さん。

いつもQBキュービーサックだけを考えた、屈強な人というイメージです。日本語では無資格レシーバーのダウン?フィールドへの侵入という反則名です。つまり通常WRワイドレシーバー、SEスプリットエンドやFLフランカーがオープン?サイドへ展開されるラン?プレー時にクラック?バックになることが多い。?エース:ワン?バック?フォーメーションのこと。プレーが終わるのはボール?キャリアがダウン倒れる?こける?膝をつくした場合、ボール?キャリアがサイド?ラインを超えた場合、パスが失敗した場合、審判がボール?デッドを宣告した場合、です。インサイドのラン?プレーとQBクォーターバックへのプレッシャーを与えることが主な役割となります。

?対面:スクリメージを組んだ際、相対する選手のことを指す。?リアクション:反応の意。守備の動きが速い場合に特に効果的である。QBクォーターバックに対して戻る近づくパス?パターンなので比較的成功しやすいとされる。1試合に2回まで「チャレンジ」することができます。キック?オフ?リターンやパント?リターンの際にリターナーが味方チームの別の選手に交差するときにハンド?オフボールの手渡しを行うスペシャル?プレーを指すこともある。ディフェンスはMLBミドル?ラインバッカーが次の戦術を伝えることが多いです。ミドル?レンジ以上のパス?パターンで使われることが多い。

一般的にはWRワイド?レシーバー対CBコーナーバックの対決や、OLオフェンスライン対DLディフェンスラインの対決を指すことが多いように思います。特に勝っているチームが相手の攻撃時間を奪うために有効です。パスは成功しなくても、QBクォーターバックがドロップバックした分をボールを持ってLOSライン?オブ?スクリメージまで戻せば、良し、とされる。?キッキング?ティー:キック?オフやFGフィールド?ゴール、PATポイント?アフター?タッチダウンの時に使用する、ゴム製のボールを置く台のこと。略称はCB。?パンター:パントを蹴るキッカーのこと。

?セイフティ:自殺点とポジションの2つの意味があります。守備の手薄なところを攻撃するのも攻撃側の1つのセオリーです。クイック?ヒッティングともいます。一種のカウンター?プレーのようなもので、ディフェンスの判断を遅らせる目的で用いられる。記者投票によって選出されます。クォーターごとの得点推移、ラン/パスのゲイン数、ラン/パス/レシーブ/タックルの回数、ボールを保持した時間、反則の種類と罰退距離、インターセプトの回数などが記入されている。?ピン?ポイント:針の穴を通すくらい正確であることを表します。ファンブルしたボールはフリー?ボールになり、ボールを確保した側のチームが攻撃権を獲ます。

ラグビーのように盛り土はしません。ちなみにNFLでは足首を保護するためと靴メーカーを特定させないために、シューズは全体をテーピングで覆われているため、靴紐を見ることはありません。キックとは膝から下の足を使ってボールを蹴ることをいいます。?スタンド?プレー:チームのことを考えず、自分一人で試合プレーを行ってしまうこと。?フィールド?キャプテン:プレー終了後に審判から説明を受けることができる選手のこと。キックの時には双方が勢いよくぶかるため、怪我が発生しやすい。真ん中を守るLBラインバッカーをMLBM:マイク、ウィークサイドを守るLBラインバッカーをWLBW:ウイル or ウイリーといいます。

セットする位置によりFBフルバック、UBアップバック、TBテールバック、HBハーフバックなどと名前が変わる。?ライン?オブ?スクリメージ:通常LOSと書かれる。?ショート?パント:陣地の挽回のために蹴るパント。?スタッツ:スタティクス。?ヘルピング?ザ?ランナー:ランナーボール?キャリアがディフェンスの選手をつかむこと。?ヘッド?セット:ヘッド?コーチやコーチ、オフェンス?コーディネーターやディフェンス?コーディネーターが頭につけている連絡用の機器のこと。ちなみにキックが垂直なバーゴール?ポストに触れたときは、バーに触れた後でボールがゴールを超えても、キック失敗となります。

?ステップ?バック:QBクォーターバックがパスを行うために下がること。通常OTと表示される。下がる歩数は3step、5step、7stepと3種類あります。?スニーク:OLオフェンスラインが一瞬でも、ディフェンスを押してくれることを信じて、QBクォーターバックが前方へ目掛けて突っ込むプレーQBスニーク。反則が起こったときに、審判が反則地点に対して投げるもの。試合を進行していく上で無くてはならない存在です。NFLでは、40秒です。?ウイング?ティー?フォーメーション:HBハーフバックの一人が、ウイング?バックとなるティー?フォーメーションの変形攻撃体型。

コントロールに成功するとボール?キャリアーはブロッカーの背後を走ることができる。セレモニーでの選択は、守るエンドゾーンを選択するか、キックを蹴るかの2つから選択します。Im Pop-eye the sailor man,Im Pop-eye the sailor man,I fight to the finish for I eat my spinach,Im Pop-eye the sailor manポパイ?ザ?セイラーマンポパイ?ザ?セイラーマンおいらの秘密は ほうれん草だよポパイ?ザ?セイラーマン 同じ頃、NHKでは「キートン小劇場」というサイレントコメディを、放映していました。無資格捕球者はパスが投げられる前にダウン?フィールドに出ることできません。?スカウティング:敵チームの動きの傾向などを研究すること。

?クイック?ヒッティング:ダイブ?プレー等でQBクォーターバックからRBランニングバックへ素早くボールをハンド?オフ手渡しするプレーのこと。パーソナル?ファウルです。OLオフェンスラインをすり抜け、円を描くようにQBクォーターバックの方を向くパス?パターン。アメフトはモメンタムのスポーツといわれています。NFLで採用されている。野球で言えば3球三振みたいな感じです。?トラップ: 1?罠。力の強い?ブロックの上手いラインマンを片側に集め、ショートヤーデージを確実に獲得するといった目的で用いられます。ゴール?ラインとサイド?ラインに囲まれたエリア。

キル?ザ?クロックともいう。略称はFB。この壁のことがスクリーンである。?ダブル?リバース:トリック?プレーの一つです。フットボールのルールを修飾して、素晴らしいショーに昇華する、という試みは、コーヒーのアメリカンの、「ボストン茶会事件」で、手に入らなくなったお茶っ葉ではなくコーヒー豆を使ってお茶を飲む、というものに、通じるものがあるような気がします。トライアングル三角形、半円形などの種類がある。?ファイブ?ツー?フォーメーション:5人のDLディフェンスラインと2人のLBラインバッカーの形の守備フォーメーション。Y=TEタイトエンド、Z=FLフランカーなどと表記し、アサインメント表にはこのように略語でポジションを表すことが多いです。

?チン?ストラップ:ヘルメットの下部から紐を顎に通し、ヘルメットが脱げないように固定するもの。ディフェンスの反応が早く、裏をかいたプレーになればロング?ゲインも望めるスペシャル?プレートリック?プレーの1つ。?ブロック/ブロッキング:ブロッカーが体の一部を使って、ディフェンス選手を妨害して、ボール?キャリアが走るための走路を空けたり、パスを投げるQBクォーターバックを守るための行う行為のこと。要は攻撃側の選手がプレーが開始されたフリをしたり、スナップ開始前に相手に接触したりして、不正な手段で相手のプレーを妨害する行為に対する反則です。

ハンド?オフからダイブ、ブラスト、スイープ、オフ?タックルやドローといったラン?プレーが始まります。アングルは直訳で角度のことであり、正面からブロックするのではなく、横斜め方向からブロックすること。?ゴール?ライン?ディフェンス:TDタッチ?ダウンを防ぐ目的で使用する特別な守備アラインメント。一般的に走力のあるQBクォーターバックはスクランブラーであることが多い。鳥の胸骨の形に似ていることから命名された。ハッシュ?マークともいわれます。オフェンスにもディフェンスにもある。?ディフェンス?エンド:DLディフェンスラインの最も端に位置する人を指し、パスラッシュQBへのプレッシャーやコンテインボール?キャリアをサイド?ライン際に逃がさないように囲っておくことの役割を持っています。

全ての行為は基本の上に成り立っています。?アンダー?シフト:ディフェンスのアラインメントの一つで、スナップ前に移動すること。因みにドロー?プレーのときにはドロップ?バックしながらRBランニングバックとすれ違い際にボールをハンド?オフします。4回で10ヤード稼ぐと新たに 1st ダウンがもらえます。エー?バックワンバックの時のRBランニングバックに対応させる言葉として用いられます。?フィールド?オブ?プレー:エンド?ゾーンを除く境界線リミット?ラインの内側のこと。?ティー?フォーメーション:オフェンスの攻撃体型でQBクォーターバックと2人もしくは3人のRBランニングバックが「Tティー」の形に位置します。

審判は腕組みをする動作をします。このエクスパンションのチームのことをエクスパンション?チームといいます。?イリーガル?ユース?オブ?ハンド?アンド?アームス:不正な手と腕の使用のことで反則。東京大学卒業。?フットボール?ポジション:両脚を肩幅に開き、足の裏の母指球親指の付け根付近に体重をかけ、肩を水平にしたフットボール選手の基本となる形のこと。個々の選手のポジションのアラインメント配置を表しています。?コーディネーター:一般的な英訳では調整者となりますが、アメリカン?フットボールでは攻撃チーム、守備チーム、スペシャルチームの戦術?作戦を考える責任者のことを指します。

当然、本当のフットボール?フィールドではこのラインは表示されていません。自陣20ヤードから敵陣20ヤードまでをポジティブ?ゾーンといいます。1月の最終週2月の最初の週のこともあるそうですの週末に行われる。?フェイク: 1?QBクォーターバックがハンド?オフの際に、偽のダミーのランナーにボールを渡すふりをすること。?エンクローチメント:レディ?フォー?プレーの後からスナップが開始されるまでの間に、オフェンス側の選手がニュートラル?ゾーンに進入した場合の反則。反対に時間を進ませるためにニーダウンする事をイート?ザ?ボールという。

?ラン/ラン?プレー/ランニング?プレー:ハンド?オフ又はピッチによりRBランニングバックなどのバックスがボールを持って走ること。Flankは軍隊用語で部隊の側面を表す言葉で、鳥の翼のことを指します。相手をだまして仕掛けをする自分たちのプレーをすること。?クリッピング?ゾーン:クリッピングをしても反則にならないゾーンを指す。MLBミドル?ラインバッカーは基本的にこのポジションを常に取っています。相撲の土俵にある2本線のようなもの。あまり見かけない体型ですが、ゴール前でのプレーでは見かけることがあります。分類上バックワードパスであり、ラン?プレーとして記録される。

2つのユニットで分けている場合は、ツー?プラトン制といいます。?ディスガイズ:ディフェンス側の選手主にDLとLB達が、オフェンス側のアサインメントを混乱させる目的で、スナップ直前に激しくポジションを変化させること。タックルした側は快感に浸る。?コミッショナー:リーグの最高責任者。OTオフェンスタックルの外側に行うラン攻撃は、オフタックル?プレーといいます。サッカーのようにハーフ?ラインとは言わない。つまりQBクォータバックやRBランニングバックがいるサイドのこと。?ウイング?バック:攻撃ラインの片側に人数を多く配置し、ストロング?サイド方向に攻撃を集中させるシングル?ウイング体型で、ストロング?サイドのラインの端のすぐ外側または、その後方に位置するオフェンシブ?バックのこと。

?デッド:プレーが終了していること/終了したこと。?セカンダリー:DLディフェンスラインとLBラインバッカー以外のディフェンス選手。別名カップともいいます。?カンファレンス:直訳では会議や協議会という意味。QBクォーターバックが何か叫んでいるのを見たことがありませんか??オートマチック?ファースト?ダウン:反則などによって自動的にファースト?ダウンとなること。私は「ひびき」のOBではありませんので、部外者のオッサンが、ノコノコと「ひびき」のコンサートに足を運ぶことには、いささかの気恥ずかしさを感じてしまうのですが、周りの人は、誰がOBで、誰がタダの近所のオッサンなのか、なんてことは、誰も気にしていない、と思いますので、今冬は、コンサートホールに、足を運んでみるかも、知れません。

脳震盪が起こりにくいのはマウスピースをしっかり噛んでいるからなのです。反対語はイン?バウンズ。アイ?フォーメーションでのラン?プレーの定番プレーの一つといえます。?フェイス?マスク:故意に手を使ってフェイス?マスクフェイス?ガードを掴むこと、で反則。一般的にエースが立つ場所。?プレー?アクション/プレー?アクション?パス:ランニング?プレーと見せかけて、パスを行うプレーのこと。つまりラグビーのようなパス。?キープ:QBクォーターバックがボールを持って走ることRBランニングバックにボールを渡さない。または、HBハーフバックのセットする位置が両OGオフェンスガード後方にある場合の攻撃体型が「Vブイ」の形に見えることからビア?フォーメーションという意味で使う場合もある。

この場合足の速いWRワイドレシーバーにLBラインバッカーがカバーに付くことがミス?マッチとなる。試合の途中で選手が首に氷を乗せているのは、上記の目的の他に体温の上昇を抑える目的で使用されている。現在ではゴール前や 3rd & inch数センチで 1st ダウンが取れそう?、という場面で見ることができます。通常は2人のCBコーナーバックと2人のSFセイフティでパスをケアしますが、更にセカンダリーを追加すると5人目となりニッケル?バックといい、更に一人追加するとダイム?バックというようです。守備側がゾーン?ディフェンスをしている場合には、攻撃側はこのシームを狙うのが有効とされている。

?ペナルティー?フラッグ/ペナルティ?マーカー:反則があった場合に審判が投げる黄色いフラッグのこと。尚ボール?キャリアーにはこの反則は適用されません。 2?後者はディフェンスの最後の要を担当する人を指す。ディフェンス側はフォー?スリー?フォーメーション4-3、ファイブ?ツー?フォーメーション5-2、フォー?フォー?フォーメーション4-4、スリー?フォー?フォーメーション3-4などがあります。?シフト:スナップ前、オフェンスの2人以上のプレイヤーが、同時にポジションを変更すること。ダブル?リバースリバース中のWRワイドレシーバーから別のバックスに渡すプレーというのもある。

クルーが持っている棒は、ダウン?インジケーターと呼ばれます。?アンダー?クラスメン:アメリカの大学2年生以上の選手が、在学中にプロ入りの希望を表明することを表明した選手のこと。毎回守備側のアラインメントが同一で、同一のチャージをしてくるわけではないので、画一的なブロックよりも、エリアを守るという考え方は近年では主流のブロッキング?アサインメントの一つになっています。スナップの前に進入していても、スナップの時にニュートラル?ゾーンの外側に戻れば反則とはならない。最後に敵陣20ヤードから敵陣ゴール前までのゾーンをスコアリング?ポジションといいます。

毎年選手の年棒が上昇することでチームの存続が危うくなるといったリスクを回避するためのルールである。数字が00:00になるとクォーターが終了します。全員でリスクを共有して守るのが守備の基本的な考え方です。パスがキャッチされなかった場合、フィールド?ゴールが決まらなかった場合にインコンプリートという。?ラフィング?ザ?ホルダー:ホルダーフリーキックの際にボールをキッカーが蹴りやすいようにセットする人に対する反則。?イリーガル?サブスティチューション:ハドルを行う際、12人以上のプレーヤーでハドルを組んだ場合の反則のこと。?ワイルド?カード:プレイ?オフに進出するための枠のこと。

ゲインは「+プラス」で表されることもある。反則となります。CセンターとOGオフェンスガードの間、およびパント等のときは例外として足を交差させることができる。?サドンデス:NFLで4Q第4クォータまでに試合が決着しなかった場合に延長戦OT:オーバー?タイム行われるが、この延長戦で先に得点を入れたチームが勝者となるルールのこと。2つのLOSの間のことをニュートラル?ゾーンという。近年のルール改正で、審判からマウス?ピースをつけているかわかりにくいため、白色や透明なマウスピースは使用不可となりました。?カバー?チーム:キックオフやパントの場面で登場するキッキングチームのこと。

別名フラッグ?パターンともいう。エンドゾーンはフィールドの両端に10ヤードずつ存在します。審判が片手を頭上で左右に振るシグナルを行います。フットボールではドロー?プレーの時にQBクォーターバックが、ディフェンス選手を騙すために、パスを投げるためにセットするフリをしますが、それが自由の女神の形に似ていることから、こう呼ばれているそうです。?スタック:プレーヤーが重なってセットすること。すなわちデットになったボールの位置を指す。モーションを行うと、ゾーン?ディフェンスを選択しておいたとしても、マン?ツー?マン?ディフェンスで守るようにプレー開始前に作戦を変更する必要が発生したりします。

?トライ:TDタッチダウンしたあとにもらえる攻撃権。その他のスポーツ同様、NFLでも禁止されている薬物です。例えば「このたびはご紹介の労を賜り、誠にありがとうございます」に続けて「○○様のご紹介であればと快くお引き受けくださり、おかげさまで○○という成果に結びつきました」と報告を兼ねた状況描写ができればよいと思います。監督やコーチがヘッド?セットを付けてうろうろしてよい場所を表している。因みに、ヨーロッパでフットボールといえばサッカーになります。本来の意味は完全なという意味である。Cセンター、OGオフェンスガード、OTオフェンスタックルをひとまとめにした言い方。

バックワード?パスはラン?プレーと同じ扱いなので、プレー中に何度行っても良いことになっています。またLOSライン?オブ?スクリメージをインテリア?ラインマンとパサーのいずれもが超えて前パスをすることはできません。?センター:スナップを出す人。前?後半の終了間際でタイム?アウトが残っていないときやタイム?アウトを使いたくない時に見られるプレーです。このエリア?ブロッキングに対して守備側は、同一のエリアに複数の守備側選手を送り込むといった対抗手段を取ることで打開策を見出します。?オーナー:チームの所有者のことです。自陣ゴール前から20ヤードまでをデンジャー?ゾーンデンジャラス?ゾーンといいます。

つまりファンブルにより攻撃権を喪失したこと。?インテンショナル?セイフティ:攻撃側がわざとエンドゾーン内でダウンしてセイフティを成立させること。このためカレッジのチームでのみ使用される攻撃体型といえます。反則を行ったチームのゴール?ラインまでの距離が反則の距離よりも短い場合、ハーフ?ディスタンス半分の距離だけ罰則を課す=オートマチック?タッチ?ダウン、は無い。すなわち掴む意思があるかないかで、罰退距離が異なります。?エクストラ?ポイント:NFLの試合で解説者がよくいう言い方でポイント?アフター?タッチダウンのことです。RBランニングバックが3人いる体型のため、パス攻撃のバリュエーションが少ない点がネックという特徴を持っています。

パス?プレーの時にはインテリア?ラインマンOLはダウン?フィールドに出ることができないため、下がりながらQBクォーターバックを守る壁をつくるのです。このバックワード?パスはファンブルしたらとてもまずいことになります。?ラッシュ:QBクォーターバックに対して、DLディフェンスラインやLBラインバッカーがプレッシャーを与えるためにチャージすること。フリー?キックは10ヤード以上前方に蹴ること、サイドラインを直接?間接を問わず超えないことが必要です。一般的にはアンスポーツマン?ライク?コンダクトという反則です。スカウティング?チームがライバルチームを研究するために撮影している。

OLオフェンスラインとDLディフェンスラインのこと。バックワード?パスは失敗してもボール?デッドにならないため、ファンブルは命取りです。相手に「時間」を使わせない心づかい。?ファンダメンタル:基本のこと。ボールの位置からLOSライン?オブ?スクリメージから最も離れているのがTBテールバック、その半分の位置はHBハーフバック、更に半分の位置に立っているのでQBクォーターバックということなんだそうです。?ディープ?ゾーン:スクリメージラインから20ヤード以上位離れたゾーンのこと。ブリッツはディフェンスの行う攻撃の戦術の一つですが、ギャンブル性が高くなるそうです。

トリプル?オプションが得意なチームによく見られる攻撃体型です。モーション?マンモーションする人は自分の位置から、真横もしくは後方に移動しなければならない。この場合、いかなる者もコンタクトしてはならないというルールがある。?トス:QBクォータバックからRBランニングバックに投げられる下手投げのバックワード?パス。?スクリメージ?キック:パント、FGフィールド?ゴール、PATポイント?アフター?タッチダウンでのキックのことを指す。?トリプル?オプション:QBクォーターバックがディフェンダー一般的にDEディフェンスエンドをキーにしてDEの動きを見ながら攻撃ポイントを選択する高度なプレー。

コイン?トスの勝者表裏が当たったチームは、前半または後半開始時に、キック?オフ/守る側のゴール?ライン、を選択します。攻撃側ではI-Formationアイ?フォーメーションの場合のQBクォーターバックとUBアップバック、TBテールバックが重なった体型が、スタックになる。オープン?サイドのラン?プレーの時にはキャリアーをタックルする捕まえる役割もあります。反対語はオーバー。QBサックできれば最高であるが、プレッシャーを与えることでミスを誘うことも重要な戦術である。略称はFS。?ギャップ:守備側のアラインメント配置を指定するために使う呼び名。

怪我の時には最初の手当てが非常に重要です。サッカーではグラウンドのことをピッチといいますが、芝生ということを指しているそうです。1回のダウン攻撃で前パスは1回しか投げることはできません。つまりハドルの時に次は2回目のhatでスタートだよと意思を統一することで、攻撃側はスタートのタイミングを決めているわけです。ブロッカーを倒したり、自らが障害物となり、ボール?キャリアの走路を遮断して、その他のディフェンダーにタックルさせようとすることである。TEタイトエンドをレシーバーとして生かすために1歩下がってセットする。力強いディフェンスであり、戦術がぴったりと決まっているはまっているときには効果的ですが、攻撃側に裏をかかれたりするとビッグゲインを許すことのあるディフェンスだそうで、リスクをヘッジした上で使用することが重要です。

また、現在ではフォーワード?パス前パスを投げやすくするために改良が加えられ、現在の形に到っています。若手にとっては絶好のアピール?チャンスで、ここからレギュラーへの道が始まるといえます。相手の背中、腰や膝から下はフレームの外なのでブロックしてはならない場所です。また、キッキング?ゲーム等一つのプレーを指すこともある。審判の判定に疑問?不服がある場合に、ヘッド?コーチ監督がレッド?フラッグを投げることで抗議することのできるルール。反対語はウィーク?サイド。つまり左右対称であるOLオフェンスラインのことを指します。つまりプレーが上手く行われた場合には罰則を施行しないことで、プレーを成立されることができる。

トライ?フォー?ポイントともいう。そのためNFLではレギュラー?クラスが出場することは少ないが、若手がアピールする絶好のチャンスともいえる。バーの色は白か黄色という決まりがある。Cセンターを中心としてオフェンス側の人数が多いサイドを指す。得点の可能性が高いゾーンである。以前は両者を区別せず、イリーガル?プロシージャーという反則で説明されることが多かったそうです。流動性や可動性という意味を持つ。パスプレーでスクリメージラインを超えた位置に侵入していると、無資格レシーバーのダウンフィールドへの侵入という反則になります。?クラッチ?レシーバー:頼りにしている/頼りになるレシーバーのこと。

?キャリアー:ボールを持って走った人のこと。?ピンチ?イン:審判がボール?デッドの地点を急いで押さえること。?ストロング?セイフティ:ストロング?サイドに位置するDBディフェンスバックのこと。休息Rest、冷却Ice、圧迫Completion、持ち上げるElevation。尚、倒れているプレーヤーは道端の石ころと同様にみなされるため、飛び越えてもこの反則にはなりません。対義語はODDオッド。エンクローチメントとフォルス?スタートはオフェンス側が犯す反則でデット?ボール?ファウルプレーが開始される前の反則です。Cセンターのスナップは連続した動きでなければならないため、これは反則。

口攻撃パンチ?を意味しているらしい。?カット:パスされたボールをレシーバーに取らせないため、手などでボールをはじくこと。ゴール?ライン上はエンド?ゾーンに含まれるため、この線面の上方に存在する垂直の面をボールの先端一部分でいいが突破すれば、その瞬間にTDタッチ?ダウンになります。通常のブロッキング?アサインメントではセットした際に誰が誰をブロックして、どのエリアをこじ開けて、そこにRBランニングバックが走り込むといったデザインが行われる。?サイド?ジャッジ:レシーバー、キック、パスに責任を持つ審判。攻撃の開始地点を表すのに用いられる。

?ディシプリン:訓練や規律のこと。「革新的」という意味でプロと名付けられたのではないでしょうか。?シングル?ウィング:OTオフェンスタックルやTEタイトエンドの少し後方にブロッカーの役割を持ったバックスを配置して、更にリード?ブロッカーまでつけて、ストロング?サイドへ展開するパワー?プレーを行う攻撃体型。1 on 1 の対戦中に他のものが介入してくると対処できないため、怪我しやすい。?トレーニング?キャンプ:シーズン前に行われる合宿のこと。故意の場合は重く、故意でなく触れた程度なら軽い反則となる。一連の攻撃で進んだ距離やパスの回数、ボールを保持した時間などが表示されます。

?タックル:ぶつかりあうタックル相手を捕まえる意と、ポジションのタックルOGとTEの間に位置するOTオフェンスタックル:DEディフェンス?エンドをコントロールする/DTディフェンスタックルインサイドのランプレーを止める役割を持つ、という意味があります。?ニュートラル?ゾーン:スクリメージを組んだときに発生する、ボールの幅の空間のことで、両サイドラインまで空間は存在します。QBを除くバックスの体系がVブイの形をしています。?ワイド?レシーバー:オフェンス?ラインOLから離れたサイド?ラインに近いところに位置するパス?レシーバー。

つまり学生フットボールのことを指しています。攻撃権を失うのは4回の攻撃権の中で10ヤード進むことができなかった場合、インターセプトやファンブルで相手にボールを奪われた場合、そしてTDタッチ?ダウンで得点した場合です。?ゼット:フランカーFLの俗称。守備選手の力で押し出された場合は、イン?バウンズでボールデットしたと判断されます。怪我と背中合わせのスポーツだからこそ、怪我の際にライスの順に適切な処置をすることで、早期回復を図ります。右利きのQBクォーターバックは左側からのラッシュを見ることができません、そこでOLオフェンスラインの中でベストな人をLTレフトタックルに配置することが多いです。

この場合は、RBランニングバックを1人以下にして、レシーバーの数を増やし、ディフェンスを横に広くセットさせます。?ルース?ボール:ライブ?ボール中にプレーヤーの確保下にないボールのこと。シフトの後には1秒間の静止が必要です。?ディビジョン:NFLはNFCとAFCの2つのカンファレンスに分かれていますが、カンファレンス内で更に4つの地区毎に分かれてリーグに所属しています。?イン?モーション:攻撃チームのバックス選手が単独でモーションしている状態移動中を表す言葉です。 2?オフェンスではパスが決まること。黄色のハンカチみたいなものの中に砂らしきものが入っています。

選手のモチベーションや集中力、スタミナの維持に効果があるとされています。ピン?ポイントといわれるのは複数のディフェンダーに囲まれている状態で成功したパスを指すことが多く、ノーマークでパスが成功してもピン?ポイントとは言わず、この場合、TVの解説者は「ワイド?オープン」と言います。前パスは1プレーに1度限りです。また、カット?バックの意味突如走路を変更するでも、用いられます。当然TDタッチダウンした場合もボール?デットです。趣旨はラフィング ザ キッカーの場合と同じ。その機会をオフェンス選手が妨害すれば、オフェンス側のパス?インターフェアランスになります。

一般的には5アウト、10アウトなどと言っています。「ディフェレクトした/された」などと解説されることがあります。インコンプリートの場合は時計が止まります。ここで分析された結果から、戦術を練り、これがゲーム?プランとしてチームに発表されます。反対語はアウトサイド。?トーンティング:罵倒するとか嘲るといった意味で、相手を侮辱する反則行為のこと。QBクォーターバックを袋小路に追いやり、タックルをするという意味である。TVではプレー?アクションと言っていることが多いと思います。 1?前者は自陣エンドゾーン内で、ディフェンスによってボールデットになった場合にディフェンス側に2点が入り、更に被得点チームが20ヤードからのキック?オフをする。

10ヤード以上蹴らなければ、反則である。?ライン?ジャッジ:ラインオフェンス?ラインとディフェンス?ラインの動きを見る審判。通常のRBとしての攻撃参加はもちろんのこと、スイープ?プレー時のブロッカーとしての役割やショート?ゾーンへのパス?レシーバーとしての役割等を持っています。キックオフで行われるキックはフリー?キックと呼ばれる。ボールを持って快速で駆け抜けるタイプの攻撃が特徴。ターンボールの反対はリードボール。?ラフィング?ザ?パンター:パンターに対する反則。?スクランブラー:スクランブル状態パス時に全てのレシーバーがカバーされている状態になると、すぐに自らがボール?キャリアーとなり走り出すQBクォーターバックのことを指す。

頭部は硬いプラスチック内部はスポンジで覆われており、顔面は鉄製のフェイス?マスクで保護される。?マン?イン?モーション:モーションのこと。パワーでゲインしようとする場合に見られる。「便せん3枚以上の手紙は失礼」と言う人も中にはいます。?ポンプ?アップ?フェイク:ポンプとは見せびらかすの意。時にはラン?カバー、時にはパス?カバー、そして時にはブリッツと、いずれにしても忙しいポジションである。シフトをした場合、攻撃側の選手全員は1秒間の制止が必要である。モメンタムはインターセプト、ファンブル等ミスが起こると、とたんに相手チームに移動してしまいます。

つまりLDTレフト?ディフェンスタックルやRDEライト?ディフェンスエンドという考え方でなく、ストロングサイドのDTディフェンスタックルやウイークサイドのDEディフェンスエンドという風に固定するシステムのことです。QBクォーターバックはパスを投げるために下がったドロップ?バックしたところで、タックルされるため 1st ダウン獲得までの距離が遠のくのが痛いもちろんタックルされると体も痛い。また、インターセプトされやすいボールでもあり注意が必要。?ボール?キャリアー:ボールを持っている選手のこと。?キー?プレー:試合の結果に重大な影響を与えたプレー、という意。

?ディフェンス?バック:CBコーナーバック、SSストロングセイフティ、FSフリーセイフティ、Rローバー、Mモンスター等の人を指し、主にパスに対して責任を持っています。?パシュート/パシュート?コース:ディフェンス選手が自分のいた位置と反対側に展開されたプレーに対応するために、ディフェンスの選手全体がボール?キャリアを追い込むためにプレー?サイドに移動します。TEタイトエンドやSEスプリットエンドはインテリア?ラインではありません。基本的には 4th ダウンインチのシチュエーションで見ることが多い。記者席、放送席、貴賓室があるサイドの方です。

近年ではゴール前での攻撃時に見ることがあります。?イン?バウンズ:アウト?オブ?バウンズに対になる言葉として用いられる。?エクスチェンジ?ミス:CセンターからQBクォーターバックへのボールの受け渡しがうまくいかずに失敗すること。臨機応変に戦術を対応させることが勝利のためには重要になってきます。このラインよりも外側を越えればアウト?オブ?バウンズとなる。このゾーンではファンブルが命取りになり、パスを投げる時間を稼ぐことが難しくインターセプトの可能性が高まるため、RBランニングバックやQBクォーターバックが素早いタイミングでのラン?プレーを選択することが多いです。

?グランド?ジャンバー:グランドでスポーツ選手や監督が着る防寒用のショート?ジャンパーのこと。パワータイプ、カットバックタイプ、スピードタイプなど様々な個性をもった選手がチームにいる方が戦術面で有利だそうです。?クロック:試合時間を管理しているゲームクロックのことを指す。?キック?エンド:スクリメージ?キックパント等したときのボールが、確保またはボール?デットとなった地点のこと。7ラウンドまで行われます。TEタイトエンドはショート?ヤーデージのパス捕球及びアウト?サイドへのランプレーで重要なキーブロッカーとなる選手。?フック/フック?パス:レシーバーが直線的に走ってから、突然振り返ってキャッチするパス?パターンの一つ。

キー?プレーの意味は、ディフェンス側がオフェンスの特定の攻撃に対して使うことが多く、オフェンスの得意な攻撃をキーとして集中して阻止することで、オフェンスの攻撃のペースを乱し、ディフェンス側からモメンタム勢いをつかもうとすることです。ライスは休息、冷却、圧迫、持ち上げるという4つの処置の頭文字である。?ドラフト:プロになるための一つの方法で新人選手選択会議のことです。?チョップ?ブロック:味方がブロックしている相手に、1秒以上遅れて、膝またはその下にブロックを行った場合の反則。フィールドを自由に動き回り、ディフェンス側の最後の要としてボールキャリアに対してタックルを決めます。

?エクスキューション:実行のこと。負けているチームが試合時間を節約するためにハドルを行わないで攻撃することをノー?ハドル?オフェンスといいます。?スタンス:プレーヤーがスクリメージを組んだときライン?アップしたときに取る姿勢。ただし、私自身は、試合会場で、ルールの詳細を解説してくれるオッチャンたちを、歓迎し、感謝しています公的な啓蒙活動なのかも、知れません。ブラスト?プレーの時のリード?ブロッカーはFBフルバックで、その後にTBテールバックが続く。日本のものなら『万葉集』や『古今和歌集』などの歌集が基本でしょうし、漢籍なら『論語』や『史記』、もちろん西洋のものでもいいと思います。

?カール:WRワイドレシーバーのパス?パターンの1つ。2本のラインの間でプレーが終われば、次のプレーは終わった地点から開始される。ちなみに線の上はアウト?オブ?バウンズです。?パント?ブロック:レシーブ?チームの選手がパントを蹴るときにボールに対してブロックすること。スタッツを見ると「Att」と略されてます。このためラグビーのように地面にボールを接触させることなくても、つまり空中でもTDタッチ?ダウンになるのです。レシーバーが突然振り返るQBクォーターバックに近づく動作をしますことで、その瞬間だけフリーになることができるパス?パターンといえます。

攻撃側は11人のアサインメント決められた動きが確実に実行されて、はじめて前進することができます。反則が発生した場合には、反則を取る/取らないといったことを判断します。一方、守備側は攻撃側が動いたことに反応して動作を開始するしかありません。?ハンド?シバー:ブロッキング?チャージの一種。すなわちプレーをするところ。?ストロング?サイド:マンパワーの総量が多いサイド。それぞれのフォーメーションには一長一短があるため、チームはその時々の事情ボール?オンの地点やフィールド?ポジションによりアラインメント選択する。しかしながら後方へのパスがファンブルしたりすると大変まずい状況になるため、アメフトでは1つのプレーの中で何度も後方へのパスを行うことはありません。

短いパスを多投することでパスの成功率を高め、ボール?コントロールボールを長く保持して相手側の攻撃時間を減らすことが主眼である。?ストリッピング:ディフェンス技術の一つで、ボール?キャリアを一人ぼっちにする=ストリップのように丸裸にすること。つまり地面を掘るシャベルを使うときのように下側からすくい上げるようにパスを投げる。?エヌ?シー?エー?エーNCAA:ナショナル?カレッジエイト?アスレチック?アソシエーションの略語で全米大学体育協会のことを指しています。ディフェンス側の選手はスナップの瞬間にニュートラル?ゾーンに侵入していなければよいことになっています。

パスはQBクォーターバックから投げられることが多いが、時にはスペシャル?プレーとしてバックスが投げることがある。基本的なものに4-3フォー?スリー?フォーメーション、4-4フォー?フォー?フォーメーション、5-2ファイブ?ツー?フォーメーションなどがある。?スペシャル?チーム:キッキング?シチュエーション専門のチーム。門外不出の忍者でいう巻物のようなものです。?リリース:ボールを投げる際に手からボールが離れること。?カウンター/カウンター?プレー:QBクォーターバックとバックスランニングバックが狙ったランコースと逆のコースを走りもしくは走るそぶりを見せ、ディフェンスを本来の攻撃目標とは逆側に引きつけ、ボール?キャリアーが本来のデザインされたランコースを走るプレー。

また遅いタイミングのプレーを指す。俗称はTE、Y。交通事故のときにも使われますね。?両面:選手交代が自由なアメフトではオフェンス、ディフェンスの各チームに所属して専門のポジションを担当するが、チームの状況人数不足等の影響で両方のプレーに参加すること。元々は選挙権を表す用語だそうです。?スロットバック:OTオフェンタックルとSEスプリットエンドの間をスロット溝といい、ここに位置するバックスWR:ワイドレシーバーのこと。?イエロー/イエロー?フラッグ:審判が反則を発見した場合に投げる黄色い布のこと。7メンフロントという種類に分類されています。

モーション?マンモーションする人に守備選手がぴったり付いてきたら、マンカバー。アイシングはRICEライスの2番めの文字である。解説で「ディレイ」と言っていれば反則のことを指していることが多いです。?スキャット?バック:猫のようにすばしっこく駆け抜けるタイプのRBランニングバックのこと。各指は分かれている必要があり、河童のような水かきは装具の不備違反です。あんな面白い球技がタダor 非常に激安なチケット代で見れるなんて、東京人/関西人は、幸せもんだ、と思います。ブロッカーを増やしショートヤードをゲインしたいときによく使われます。

?パス?コース:レシーバーの走るコースのことです。この場合イネリジブル?パス?レシーバー?ダウン?フィールド、つまり無資格レシーバーのダウン?フィールドへの侵入、という反則になります。?ゲイン:攻撃やキックのリターンにより前進できた距離を指す。最近では見かけない攻撃体型ですが、ゴール前では見かけることがあるかもしれません。 2?ディレイ?オブ?ゲームを指すこともある。つまりボール?キャリアが走る道を作るためにディフェンスの選手をブロックする役割を持つ。ちなみに通常のフォーメーションのため、ラフィン?ザ?キッカーの反則やキック?シチュエーション時のCセンターに対する保護はありません。

つまり4人のDLディフェンス?ラインと4人のLBライン?バッカーがQBクォータバックに対して常にプレッシャーを与え続け、3人のDBディフェンス?バックでパスをケアします。現在ではインスタント?リプレーに似たルールとしてチャレンジ?システムがあります。また、依然と変わらずリターナーのキャッチする機会を妨害することはできません。?プロ?ボウル:NFLでシーズン中に活躍した選手を選出して、開催される試合オールスター戦のような感じのこと。QBクォーターバックの投げたボールをDLディフェンスラインもしくはLBラインバッカーがカットする目的で手をのばすが、その際に手がボールにかすることをいう。

?キル?ザ?クロック:QBクォーターバックが試合時間を節約するために、スナップ直後にボールを地面にたたきつけるスパイクすること。リターナーは少しでも良いポジションから攻撃を開始するために、必死の想いでボールを抱えて前進します。 「アメフトのルール」の続きです。QBクォーターバックが投げ間違うこととレシーバーのコース間違いによって起こる。?デザイン:フットボールでいうデザインは、プレーを設計することを指します。審判が腕を上から下に振り下ろす動作をします。一般的に守り方は、ゾーン?カバーと、1対1でレシーバーをカバーするマン?カバーの2種類があります。

攻撃方向である前方にモーションすると、勢いがついた状態でプレーすることになるのでイリーガル?モーションという反則になります。?アウト?サイド:攻撃ラインが位置する最も外側からサイド?ラインまでのエリアのこと。DEディフェンスエンドがTEタイトエンドの外側にアラインしてこのギャップを守る人は、コンテインボールキャリアーを囲い込むことの役割も与えられます。このショート?ゾーンへのパスが確実に取れる or 取れないかでチームの攻撃力は大きく変わってきます。?オフィシャル:審判のこと。基本的にはアンバランス隊形を利用したランプレー中心ですが、パスの可能性も捨てきれないため、ディフェンスとしては守りにくいといった特徴があります。

4th ダウン以前でも、ショットガン?フォーメーションからパントを蹴ることもありますが、これはショート?パントといいます。?テール?バック:Iフォーメーションで最も後ろに位置するRBランニングバック。この行為によりチームの意気が盛り上がることはもちろんのこと、1st ダウンの更新確率が上がることは間違いない。キック?キャッチを行おうとしているリターナーを保護する目的で、設けられていた範囲です。カップの形は丸型サラダを混ぜるときに使うボールのような半円型、トライアングル型三角型などがあります。?トリプル?チーム:1人の素晴らしい攻撃バックを3人でカバーする戦術のこと。

プレーヤーの装具と行動を見る役割を持つ審判です。?オフ?ガード:OTオフェンスタックルとOGオフェンスガードの間に対して行うラン攻撃のこと。フィールド上では「G」と書いた目印が置いてある。エンド?ゾーンの中央部の奥の方に設置されている。キック?オフのときに風が強く、ボールが倒れてしまう場合には、審判からホルダーがボールを抑えるようにと指示されます。つかんだり、抱きついたりすることはフレームに対してブロックすることにならないため反則となります。部位によってはテーピングの下にスポンジを巻くこともあります。またそのための攻撃戦術のこと。

当然、OLオフェンスラインのブロックをも弾き飛ばすほどの当たりの強さも必要です。守備の選手を1カ所に集中させないために、縦や横に広がりを持った攻撃を行う。?トゥルー?アイ:メーリランド?アイ?フォーメーションの別名。守備側がマンツーマンで守っている場合に、レシーバーがクロス交差すると、パスが通りやすい。?ワイド:WRワイド?レシーバーのことを指す場合、WRワイド?レシーバーのセットする位置がOLオフェンスラインから遠く離れてセットすることを指す場合、があります。ゾーンとマンカバーの組み合わせで守る。?ワイルド?キャット?フォーメーション:QBの位置にRBランニングバックがセットし、攻撃を行う隊形のこと。

1試合は1時間です。?バック?フィールド:オフェンス側LOSライン?オブ?スクリメージより後方のフィールドをバック?フィールドという。リターナーの周囲2ヤード以内に侵入するだけで、キック?キャッチ?インターフェアランスの反則となっていたそうです。WRワイドレシーバーは、前を向いて、フル?スピードで走っています。?ボール?コントロール:攻撃側がラン?プレーやショート?パスを組み合わせ、時間を消費しながらゲインを重ねていくこと。?ヘルメット:選手の頭部を保護するための防具。?ワイY:タイトエンドTEの俗称。俗称S。つまり守備選手からすれば身体の横側をブロックされることになり、容易に押し負けてしまう。

?アジャスト:ディフェンスがオフェンスの攻撃に対して対応すること。ニーダウンは便宜上のラン失敗とみなされるので、試合時計が進みます。?シーム:縫い目とか、傷ロの意。?ホルダー:FGフィールド?ゴール、PATポイント?アフター?タッチダウンのときにスナップされたボールをキッカーが蹴りやすいようにキッキング?ティーにボールをセットするプレーヤーのこと。?ディフェンスレス?プレーヤー:無防備な選手を表す言葉で、パスを投げ終わったQB、パスキャッチに失敗したレシーバー、プレーサイドの反対側でブロックをやめた選手、サイドラインの外に出た選手などが、力を抜くことを指すそうです。

一般的にはプレー?アクション?パスといわれています。?クォーターバック?スニーク:QBクォーターバックがCセンターからスナップを受け取った直後に前に倒れ込むようにダイブするプレー。リターナーはボールをキャッチするため上空を見ているため、キックチームからのタックルを避けることが困難であり、怪我等の危険性が高いため、このようなルールが導入されているそうです。ハーフ?タイム時に前半の分析からゲーム?プランが変更されることもあります。中級以上ともなれば、下書きは必要ないでしょうが、書くべきポイントを柱立てした走り書き程度のものは準備すべきでしょう。

また、反則を行った選手も突き指や脱臼、最悪の場合は指を切断することもありますので絶対に行ってはならない反則行為です。TBテールバックがLOSライン?オブ?スクリメージから離れているため、プレーの展開が遅いという特徴がある。また指の第一関節が出ているようなグローブも装具の不備違反です。このときのRBランニングバックをA-Backといいます。?クイック?パス:QBクォーターバックが素早くレシーバーにパスを投げること。?アクション?パス:ラン?プレーと見せかけてパス?プレーを行うこと。?ハング?タイム/ハンギング?タイム:パントやキックが蹴られてからリターナーがキャッチするまでの時間のことを指す。

?ラフィング?ザ?パサー:明らかにボールを投げた直後のパサーにタックルした場合のこと、で反則。普通のラン?プレーでQBクォーターバックからRBランニングバックにボールを手渡すことは、ハンド?オフといいます。?セカンド?エフォート:ボール?キャリアーがタックルをされた後、スピン回転や体を伸ばして1mmでもゲインしようと努力する行為を指す。ディフェンス側の作戦勝ちの瞬間である。?ナショナル?フットボール?リーグ:NFLのこと。OLオフェンスラインのパス?プロテクションを見てLBラインバッカーがパスをケアしに下がったところをランで走るという、裏をかいたプレー。

ブロックしてよい場所はフレームといわれる場所のみで、手?肩?体を使って相手を押します。特にインサイドのラン?プレーにおいてOLオフェンス?ラインの選手がRBランニング?バックの走るコースを空けた穴のことをホールといいます。?ハインズマン/ハインズマン?トロフィー:NCAAのアメリカの大学フットボール?リーグでの年間最優秀選手に贈られる賞をハインズマンといい。DBディフェンスバックが5人のフォーメーションをニッケルといいます。NCAAでは自陣35ヤードから、NFLでは自陣30ヤードからキック?オフを行ないます。またリバース?プレーの時にはボール?キャリアーになって走ることもあります。

?グラッピング?フェイスマスク/グラッピング?ザ?フェイスマスク:フェイス?マスクフェイス?ガードをつかむことで反則。?キック?オフ:前?後半の開始時/得点の入った後に行われるフリー?キックのこと。?エンド:ラインの両端に位置する選手のこと。?タッチ?バック:パントもしくはキック?オフの時、エンド?ラインを越えるか、エンド?ゾーン内でボール?デットニー?ダウンでもよいになった場合、自陣20ヤードからの攻撃になることをいう。サッカーのようにハーフ?ラインとはいいません。?トラップ?ブロック:例えばOGオフェンスガードがプル?アウトして、LOSライン?オブ?スクリメージに進入してきた守備側の選手を外側に押し出し、そこで空いたホール穴にボール?キャリアとなったRBランニングバックが走り込むというプレーでの、OGオフェンスガードが行ったブロックのテクニックのこと。

ヘルメットは防具であり、相手を怪我させるために使用することはできません。ディフェンス陣はランを重視することが多いですが、ショート?パスからの独走TDタッチダウンやロング?パスを防ぐ必要がありDBディフェンスバックにとっては気の抜けないゾーンといえます。レシーバーをエンド?ゾーンの1つのポイントに集中させ攻守の選手が入り乱れてボールを奪い合う一か八かのギャンブル?プレー。ダブル?ウイング隊形からモーションによって、シングル?ウイング隊形に類似したところでプレーが始まることが多い。?グローブ:手をぴったりと覆われている手袋のことを指す。

セーフティ自殺点の場合は、相手チームに得点2点が入ります。パスが成功しているときほど効果的=守備の裏をかくプレーであり、守備がパスに過剰反応を示しているときが最も効果のあるラン?プレーとなる。?フォルス?スタート:攻撃側選手がスナップされる前に動いてしまうことで反則となります。3rd ダウンに突然行われることが多い。?スリー?アンド?アウト:3回の攻撃で 1st ダウンが奪えずパントを行わざるを得ない状態になること。?サード?ダウン?コンバージョン:3rd ダウンの攻撃の時によく使われる言葉。フレアは、アサガオの花のように広がる、という意味があります。

?カット?オフ?ブロック:OLオフェンスラインがDLディフェンスラインに対して行うブロックの一つ。ディフェンス側は、当初のボール?キャリアをしっかりとチェイス追いかけるすることで、結果的にボール?キャリアが自分の所に向かってくるという状況を作ることができる。?パス:ボールを投げること。マン?カバーとは別にゾーン?カバーというものもあり、現代フットボールでは単純にマン?ツー?マンやゾーンといった風に守るのではなく、両者を組み合わせてディフェンスすることが主流。TDタッチ?ダウンした後、QBサックを決めた後やインターセプトした後にに極端な大喜びをするとこの反則をとられる。

通常ブリッツといえばLBラインバッカーがする行為を指し、CBコーナーバックがブリッツした場合にはCBコーナーバックブリッツ、SFセイフティの場合はSFセイフティブリッツという。DBディフェンスバックの仲間。DBディフェンスバックの一員で、第1の仕事はパス?カバーです。ドロップ?バック以外にはスプリント?アウトやロール?アウトといった下がり方がありますが、これらは真後ろではなくサイドラインの方向に下がります。走るコースが、木の枝のように張り巡らされていることから、このようにいいます。?カット?バック:ボール?キャリアが急激に進路を変えること。

Tags:

コメントを残す